mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHT(家族を大事に)

Oさんは特に困っていることもないのに、最近生きる意欲が低下していて
なぜなのか知りたくていらしゃいました。

一つ目の過去世
宇宙と光が出てきて、星がたくさん見える。
どこへ行くのかなと思っていると、渦に入り、進んでいくと
中世のお城が出てきて、Oさんは甲冑を着た男性で
同僚とお城の門を守っていました。
次の場面ではOさんは勤務中で、知っている男の子が
一人で遊んでいるのを見ている。
その男の子との関係がわかる場面に行ってもらうと、
その男の子がお母さんから引き離されて目の前で殺されるのを見ている。
国のどうしようもない事情で、それは行われ、自分は見ている役目。
子供ばかりが殺される。みんな母親と引き離されている。
それを見ていて辛い。自分にも子供がいるが、自分の子供は大丈夫。
みんな白人だけど、民族が違うよう。なんでという気持ちで見ている。
次の場面では奥さんの棺桶の前にいて、花を入れている。
奥さんは疫病で亡くなったよう。
残された息子と二人で生きていく。
息子は今世の息子さん。
次の場面では息子は40歳ぐらいで靴職人をしている。
ずっと息子と一緒に暮らしてきたOさんは老人になっている。
最後の場面では息子が泣いていて、Oさんは息子に感謝している。

その人生の印象
助ければよかった。見て見ぬふりをして止めなかった。
たくさんの子供を殺してしまった。
たくさんの親子を不幸にしたので妻が早くに死んだと思っている。
仕事でも間違っていることはしたくない。

潜在意識が見せた理由
家族が一緒にいることの大切さ。
やりたくないことはやらない。

二つ目の過去世
Oさん自身のおじいさんが出てきて、Oさんは3歳ぐらい。
自分の家で家族がお誕生会をしてくれている。
Oさんはとてもうれしいし、幸せ。
次の場面ではおじいさんと動物園に行っている。
おじいさんから愛されているのを感じる。
お母さんが仕事をしているので毎日おじいさんと動物園に来ている。
次の場面ではおじいさんが亡くなったところ。
Oさんは小学生。回りには家族がいる。
おじいさんは急に亡くなった。
体から魂が出ているのがOさんは見ている。
次の場面ではOさんは10代になっている。
上からおじいさんがOさんをずっと見ていて、
応援してくれている。
おじいさんは見ていることを伝えたい。

これを見せた理由
愛されてきた。今も愛されているし、応援されている。
今も見ている。全部知っている。

三つ目の過去世
1800年代の洋服の工場。
Oさんは20代の女性でスカーフを被り、エプロンをして
何かを縫っている。
その工場には30人以上いる。
仲のいい同僚は今世のお母さん。
家族は夫と息子と娘。
息子は今世の旦那様で、娘さんは今世の息子。
夫が働かないのでOさんが働いている。
次の場面では夫と喧嘩して子供を連れて家を出る。
同僚に居酒屋での仕事を紹介してもらう。
居酒屋はOさんが一人で切り盛りし、2階に住んでいる。
次の場面では50代になっていて、子供は10代。
子供に時間を取れなくて後悔している。
最後の場面では50代で悲観して自死。
その人生の印象
もっと子供と一緒にいたかった。
離れてしまった。誰も来てくれない。

潜在意識が見せた理由
離婚してはいけない。

潜在意識との質疑応答

Q :ボディースキャンをしてください。
  どこか気になるところがあれば教えてください。
SC:ない。
Q:ここ数か月ふと生きることをやめたくなってしまう。
  もう十分生きた。やり遂げた感覚からくる感じ。
  なぜ最近そう思うのか?
SC:愛されていないって、いなくなっても誰も悲しまないって思っている。
Q:幼い子供もいるので、生きないといけない。
  もっと楽しみながら長く生きる方法はあるか? 
SC:もっと子供と長くいた方がいい。時間をとった方がいい。
Q:生きていたくないという感じを変えるにはどうしたらいいですか? 
SC:ちょっと欲が深い。恵まれている。

Q:ビジネスを始めたが思うように稼げない。
  稼ぐためには具体的に何をしたらよいか?
  不妊治療にもお金がかかるし、子供にもお金がかかる。
SC:いいところまでいっている。そのまま続けること。すぐやめる。
  すぐ他の新しいことに興味が出て、やめてしまう。
  せっかくある程度までいってもいつも辞めちゃう。続ければ大成する。
  でもすぐ他に。いつもそう。ころころ変わる。
Q:今回はこれを続けていったらいいということですね?
SC:そう。
Q:マーケティングのコンサルやビジネスの教材に投資しているが、
  今後も購入し続ける必要がある?
SC :やらなくていい。自分でやる。自分で考える。
Q:普通の企業に勤める方が良い?
SC:向いていない。
Q:専業主婦の方が良い?
SC:主婦もいい。
Q:今のビジネス(ネットでカードリーディングなど)は自分に合っている?
SC:合っている。
Q:そのまま続けた方がいいのですね?
SC:うん。バランスを。ちょっと欲深い。

Q:子供を産んで育てたいがあと何人と縁がありますか?
SC:子供は来ている。二人。
Q:最近不妊治療を始めたが、今の病院はベストな選択ですか?
SC:はい。
Q:来ているっていうことはもうすぐ妊娠しそうなのですか?
SC:今年中。
Q:息子さんを朝から夕方まで保育園に預けているが、よく泣いている。
  かわいそうなことをしている? なぜ泣いている?
SC:最近一緒にいない。一緒にいる時も携帯を見ている。仕事をやっている。
  保育園から帰って来たら。やめた方がいい。ちゃんと向き合うこと。
  一緒に遊ぶこと。いつも一人で遊んでいる。せっかく、出会ったのに。
Q:息子さんにしてあげた方がいいこと? 一緒に遊ぶこと以外にありますか?
SC:もっと笑顔で。笑っていない。笑顔を見せる。けんかしない。
Q:他にありますか?
SC:あまり期待しすぎない。
Q:息子さんはどんな大人になっていくのでしょうか?
SC:人から好かれる。好かれやすい。家族が好き。
Q:息子さんが持っている才能は他にありますか?
SC:ピアノ。音楽。

Q:潜在意識さんと繋がる方法は?悩んだ時に答えをもらいたい。
SC:お風呂で。
Q:お風呂でどうやったらいいのですか?
SC:お風呂でよく考えている。意識がよく飛んでいる。
Q:意識が飛んでいる時に繋がっている?
SC:そう。お風呂でよく考えている時にヒントを知らせているけど、
  気付いていない。カードにも出している。
Q:これからも更にサポートをお願いします。
SC:はい。

Q:妹さんと疎遠になっているのですが、このままでいいのでしょうか?
SC:もうすぐ向こうから連絡がくる。寄ってくる。もう連絡したがっている。
  気にしている。何やっているのか、どうしているのか、よく気にしている。
  もうすぐ普通に会話できるようになる。
Q:Oさんの良い所はどこでしょうか?
SC:色々経験する。いろんなところに興味が沸く。色々なことができる。
  正義感が強い。感受性が強い。
Q:Oさんが直した方がいいところはどこでしょうか?
SC:続ける前に違うことに行ってしまう。もうすぐって時に、全部崩してしまう。
  人生もそう。もう興味がなくなって、やめたいと思っているけど、
  継続することが大事。興味が色々いきすぎる。

Q:一歳の息子さんが神棚に向かってじいじいと言ったり、
  柏手を打ってお辞儀したりするのですが、何か見えているのでしょうか? 
  おじいさんを見ているのですか?
SC:違う。何かとても能力がある。まだ地球に慣れていない感じ。
  まだ、ちょっと浮いている。少し。不思議な子。
Q:それで神棚に向かってそういうことをしているのかな?
SC:そう。
Q:それはそのままほっておいていいのですか?
SC:もう少し地球に慣れさせた方がいいかも。
Q:地球に慣れさせるためにはどうすればいいでしょうか?
SC:むずかしい。
Q:もっと一緒に遊んであげる?
SC:うん。それもあるし。
Q:もっとお母さんができることはないのでしょうか?
SC:文字を教えてあげて。何か言葉を。もっと話しかけてあげる。
  文字を書いてあげる。話す、書く。ちょっと浮いている。
Q:左脳的なことをもっとするってこと?
SC:決まっていること。ルール。本を読んでいない。
  絵本を読んであげる。一人で遊んでいる。
Q:一人で遊ぶともともとの方へ引っ張られるよね。
SC:保育園でも一人で遊んでいる。もっと一緒に。一番いいのは話すこと。
  言葉を教える。少し違うところを見ている。見えていないものが見えている。
  次元が今違う。少し意識の階層が違う。合っていない。だから泣く。

Q:妊娠してから、たまたま買った宝くじが当たったり、
  急にスピリチュアルなことに興味を持ったり、カードの仕事をしたり。
  それまでは仕事仕事でもっと現実的なことに興味があった。
  その変化はどうしてなのか?
SC:その子を受ける器のため。
Q:最後にOさんにメッセージはありますか?
SC:いい家族。これから増える。もっと楽しく。家族を優先して。
  家族のサポート。あまり、自分が一番になろうとせずに。
  柱にならなくていい。柱はお父さんがやる。
  サポートの人生。目立たなくていい。
Q:そういうサポートの人生を今回は選んできたのね?
SC:そう。

幼児と十分遊んであげることは幼児がこの地球に慣れるのに
必要なことだという視点は納得です。
ちょっと辛口の潜在意識さんでしたが、Oさんは色々な疑問に
解答をもらい、明るくなって帰られたのでほっとしました。
潜在意識さんはメッセージを色々な形で出しでいます。
自分が思いついたと思ったことも
実は潜在意識さんからのものだったりします。

QHHTのお申込み、詳細はMahaviaまで→http://www.mahavia.jp


QHHT(初めてヒューマノイドになった存在 その2)

Nさんの潜在意識との質疑応答つづき

Q:これから仕事がどのような目的でどのように展開していきますか?
SC:無言
Q:これからも今の会社の仕事を続けて行った方がいいのでしょうか?
SC:なぜ仕事という言葉を使うのか?必要がない。
Q:今の会社の仕事が必要ではないということですか?
SC:仕事ではない。なぜ目的を求めるのか? 何かをしようとするのか?
  彼女には何もするべきものも、することもない。何もない。
Q:それはどうしてですか? Nさんはいるだけでいいということですか?
SC:いるだけでいい。
Q:いるだけが今回の目的なんですか?
SC:目的は。目的とはなんだ?
Q:Nさんが今回肉体をもって転生してきた理由が目的なんではないですか?
SC:肉体を持つことになったという意味?
Q:そう。意味。
SC:意味はない。
Q:ではなんで肉体を持ったのですか? たまたま?
SC:そう望んだから。
Q:Nさんが肉体を持ってみたいと望んだ?
SC:そうだ。ただそれだけ。そこに意味はない。
Q:肉体を持ったことに意味があるんですかね?
  望んだんだから。
SC:そうだ。 もう目的は完了した。
  いつ手放しても彼女が望めばいつでも手放せる。
  それを手放せないと思っている。肉体というのはそういうものだ。
Q:肉体の経験をしたかったのかな?
  肉体を持つことがどいうことが知りたかったの?
SC:知的好奇心とは思えない。
Q:今回肉体を持ったのは初めてですか?過去世とかではなかったの?
SC:この次元の肉体は初めて。
Q:この次元では土の精だったり、エネルギーだったのですか?
SC:いつでも出入り自由なものに入る。それが彼女の遊び。
 たまたまその遊びが人という肉体に向いてしまったがゆえに、
 出れないというものにつかまってしまっただけ。彼女はそいういうもの。
Q:肉体を持ったからといって今後カルマを作ったりはないのですか?
SC:それは肉体のカルマであって、彼女自身にカルマはない。
  肉体自体にカルマはある。
  彼女はカルマとは無縁の存在。
Q:彼女はこの世でもっと学んで外へ出していきたいと思っているのですが。。
SC:なぜこの世にそれほど答えを求めようとするのか?
  答えを求めようとすることに意義はあるのか? ただ、動く。
  動きの止まったところに彼女は今いる。
  動きが止まっていても彼女自体は動いていることを思い出す。
  その動きがあればいつでも動かせるし。離れることができる。
  いつまでそこにいているのか?
Q:早く離れてほしいって潜在意識さんは思っているのですか?
SC:離れられないと思っている。
Q:肉体を持たないと経験できないことがあります。
  それを彼女はもっと楽しみたいのではないですか? 
SC:彼女にそれが必要のあることなのか?
Q:人間としてここに生まれた以上、やってみたいのではないですか?
SC:そうか。

Q:今まで孤独感があったのですが、今、ネットを通じていろんな人と
  つながってきていて、いい感じなのですがそれも必要ないのですか?
SC:必要ない。肉体を離れることがなぜ?
Q:肉体を離れることは悪いことではないと思いますけどね。
SC:何もできないと思うのか?
Q:肉体がないと出来ないことがあるので。
SC:なぜそう思う? 肉体がなければなぜ何もできないと思うのか?
Q:そうではなくて、肉体がないとできないことがあるでしょ?
 食べることとか。肉体の経験をしたいと思って、肉体でいるのでしょ?
SC:彼女にとってそれは目的ではない。肉体を持ったのはたまたま。
  ただ一つ、彼女の一つのサイクルなだけであって、特別な理由はない。
  もっと彼女には大きな、存在の意図があるので。
  肉体を持っても持たなくても存在の意図には変わりはない。
  そこをなぜ見ようとしない。
  肉体があろうがなかろうが、彼女はその意図のもとに
  存在しているのだから。
Q:その意図というのは、彼女の意図ですか?それとも何か他の意図?
SC:それは彼女の意図であり、別のものの意図であり、それは一つである。
  一つの意図の流れの中にいる。肉体はそれを分断させる。
Q:意図を?
SC:それが肉体のカルマ。彼女にとって目的があるとすれば、
  意図の中で本来のままに存在するということが彼女の目的。
  本来あるべき姿に戻るということが目的。
  肉体を持った球はその意図のもとに存在するということが
  全体の流れでの目的と位置づけされるが、
  決して肉体を持たなければそれができないということではない。
Q:その意図はね。
  今、本来あるべき姿に戻るということが目的といことですが、
  その方向に彼女は行っているのでしょうか?
SC:行っている。ただ、まだ肉体にしがみついている。
  肉体がないとできないと思って動いている。
  その考えがエゴ。それこそがカルマ。
Q:彼女は今後どうしていったらいいのでしょうか?
SC:光の存在に戻る。
Q:戻るためには彼女はどうすればいいのでしょうか?
SC:彼女の中の光の存在を彼女本来の姿を見つけること。
  感じること。肉体に気をとられないこと。
Q:そのために日常生活で彼女ができることがありますか?瞑想とか?
SC:肉体とは何かを知るということ。
Q:どうやって?
SC:造りを知る。生物的な造りを知る。
  そして、それに蓄積されている遺伝的なカルマを知る。
  彼女はそれとは別のものだということをはっきりと認識すべき。
  いつでも肉体を手放すことができる。
Q:今後人と繋がっていくことは彼女にとって必要ないのですか?
SC:常に繋がっている。彼女が肉体にしがみついている限り、
  つながりを思い出すことはできない。
Q:人とのつながりはどうなのですか?
SC:人ももうすでに繋がっている。人は2番目に見せた過去世の星。
  人とは星の存在。彼女はアメーバーのようなもの。
Q:アメーバーにくっついた光の粒粒が人?
SC::そうその粒粒が人。繋がりがある。

Q:前にセッションで潜在意識さんからメッセージなどはっきりわかる
  徴がほしいと言ったのですが、そのうちわかると答えていただきました。
  ゾロ目とかよく見たりはするのですが、もう少しはっきりわかるサインが
  ほしいのですがもらえませんか?
SC:山に行く。赤い山。山が赤くなればはっきりとわかる。

Q:どういうことをやっていくとより潜在意識さんと繋がって
  メッセージをもらえますか?
SC:声を聞く。
Q:潜在意識さんの声を聞くということですか?
SC:空の声。山の声。風。 音を聴く。
  そこに流れている声を聞きとることができる。そこに意識を向ける。

Q: 彼女の中で何かふたをしているもの、外すべきコード、
  ブロックはありますか?
SC:彼女の中にはまだかけらが残っている。
Q:なんのかけら?
SC:はずした時に割れたかけらがまだ残っている。
Q:その割れたかけらを取り除いてもらえますか?
SC:刺さっていてまだ抜くと溢れてしまう。
  かなめになっているので。まだそれは抜くと彼女は耐えられない。
  最小の小さな単位まで小さくしておくことはできるので、
  不要な部分は小さくしておこう。
Q:お願いします。将来、大丈夫になった時にそれを取り除いてください。
SC:角のない線にしておいた。痛みは出ないであろう。
  これは時と共に零れ落ちる。自然と外れる。抜く必要はない。
Q:ありがとうございます。
Q:最後に彼女に何かメッセージをお願いします。

先ほどと別の子供のようなしゃべり方の存在が出てきました。
SC:もっと遊んで。もっと遊ぼう。
Q::誰と? 潜在意識さんと?
SC:かまって。もっと遊ぼう。
Q:今出てきていらっしゃる方はさっきの方と違いますよね?
SC:違うよ。中にいてる。
Q:あなたはインナーチャイルド的な存在ですか?
SC:そう。
Q:そうだよね。だからもっと遊んでってことですね? 
  もっとどいうことをしたらいいのかな?
SC:踊ろう!
Q:踊ったり歌ったり?
SC:踊るだけでいい。風に乗ろう。一緒に飛ぼう!
Q:風に乗って。外で踊ったらいいかもね。
  そういう気持ちよく楽しいことをもっとしてってことかしら?
SC:そう。飛んでいこう。
Q:他にはないかな?それぐらいでいい?
SC:蝶々。白い蝶々を見たら思い出せるよ。
  蝶々になっているから。見たら遊ぼう。

Nさんは肉体を持ったことが初めてだったので、
潜在意識さんも肉体経験のない存在だと思います。
なので、人間の感覚、考えを理解してもらうのが困難でした。
でも最後にインナーチャイルドが出てきてくれて、
一緒に遊ぼうって言ってくれてよかったです。





QHHT(初めてヒューマノイドになった存在 その1)

Nさんは今回で3回目のセッションで、2年ぶりにいらっしゃいました。
毎回ちょっと不思議な過去世が出てきます。
ある人に地球でも宇宙でもNさんはヒューマノイドであったことはないと
言われたそうです。
今回初めてヒューマノイドになったそうです。
同じように初めてヒューマノイドになった魂が
結構生まれていて、人間として生きていくのにやや困難を
感じているそうです。

Nさんの承諾のもと、プライベートな質問を除いて
以下に掲載しました。

一つ目の過去世
誘導の途中で過去世に入る。
全面が黄金色の稲穂が広がり、遠くに山が見える。
Nさんは人間ではなく、稲穂の中にいて、手足とかはない。
小さな生き物か、視点だけある感じ。
同じような光る丸いボールのような存在が点々と稲穂にいる。
次の場面では暗くて視界がはっきりしていない。
四角いふたをされて、自由が効かなくなっている。
他の存在たちも同じようになっているよう。
下は空いているが、上か横にしか動けないので、動けない。
窮屈で居心地が悪い。
次の場面ではピンクか赤の丸いお皿のようなものがフタの外にある。
自分よりも大きなサイズで、プラスチックみたいけど、柔らかい。
今の自分はもう光ってはいない。
次の場面ではお皿は稲穂を刈り取る刃のよう。
それが動いて視界が広がる。フタはそのままある。
刈り取られて悲しい感じがする。
刈り取られてしまって収まる場所がなくなったので
フワフワして落ち着かなくなった。
丸裸にされたようで安定がなくなった。
その存在としての最後の日は周辺に同じような存在がいて、
空中で一つになって膨らんで破裂して散って下に落ちた。
さっきよりもっと小さなものになって土の上に落ちた。
土の感触はいい感じで落ち着いて安定している。

潜在意識が見せた理由
Nさんは土の精であり、土のエネルギー。
土からは離れられない。土に戻る。土は宿る場所。

二つ目の過去世
全体に暗い紺色。体はない。
自分はアメーバーのようにぐにょぐにょした感覚。
視界が内側に向いている。
エネルギー体より固形っぽいが、物体ではない。
細かい光の粒のようなものが無数に出てきて、
さっきのぐにょぐにょしたものの外側にそれらが張り付いている。
次の場面では自分が引っ張られ、引きちぎられた。
細かく引きちぎられたものも自分。
元の自分は悲しみ、苦しみを感じている。
最後の日
弾力がなくなって、水のように溶けて形はなくなっていった。
意識はそれと分離して、宙に浮いており、悲しみも苦しみもない。
解き放たれ、楽になった。意識だけ漂って風になって散っていった。

潜在意識が見せた理由
まだ知られていない存在。名付けられてもいない。
物質ではない存在。地球の外の存在。
この3次元ではない場所。
Nさんにもその記憶がある。その記憶を持っている体である。

三つ目の過去世
雷、電気が走っているような感覚がある。
Nさんは大きな空間でその中を電気のようなエネルギーが
上下に動いている。
次の場面では地球が見えている。
地球の外側をエネルギーが高速で動き、光のグリッドのよう。
Nさんはその空間であり、その電気のようなエネルギーでもある。
最後の日は紺色の空間に地球があり、Nさんの意識の動きは止まっている。
エネルギーは動いているが、それはNさんとしては感じられない。
今は何も感じない。どこかへゆっくりと落ちていく。
空間に溶けこみ消滅。意識はある。

潜在意識が見せた理由
磁場の動き。磁場のエネルギー。
その同じ動きが体の中にあること。その感じを覚えるため。
中に流れているものを感じなさい。

潜在意識との質疑応答

Q:ボディスキャンをして、どこか気になるところがあれば教えてください。
SC:右の足の親指の付け根。右手の中指。その二つが繋がっている。
Q:繋がっているのは良くないこと?
SC:繋がっているのは良くない。
Q:ではそれを離してください。
SC:はい。
Q:それはなぜ繋がっているのですか?
SC:近すぎる。
Q:それがくっつかないようにNさんが出来ることがありますか?
SC:のびをする。
Q:他に気になるところはありますか?
SC:左の手首。
Q:これはどういう問題ですか?
SC:これは右手の中指と繋がっている。
Q:それも離してください。
SC:はい。切るだけではまたくっつく。
Q:くっつかないようにするにはどうすればいいですか?
SC:紐をはずす。
Q:紐は誰がつけたの?自然についたの?
SC:いやつけられた。
Q:ではその紐をはずしてもらえますか?
SC:はい。はずしたけど、中指には残っている。
Q:中指に残っているとまた、どこかにくっつくかもしれないので
  紐自体を撤去できませんか?
SC:彼女が握っている。放せば外れる
Q:彼女がそれを放すようにサポートしてもらえますか?
SC:紐をひっぱれば放せる。
Q:ではその紐をもう必要がないので引っ張ってはずしてもらえますか?
SC:うん。大丈夫。指の間から抜けた。もうない。

Q:Nさんは今まで精霊やエネルギーといった
 ヒューマノイドではない存在だったんですか?
SC:それは彼女が決める。ただ中に流れているものを感じなさい。
Q:その記憶や感覚があるんですものね?
SC:感覚を大事に。同じものが中にあるということを気付く。

その2に続く

QHHTのお申込み、詳細はMahaviaまで→http://www.mahavia.jp
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ