mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

音登夢とイツコさん

3213d43c.jpg
八ヶ岳の友人吉田イツコさんと木村夫妻のコンサートが
大阪のエフ・エーサロンでありました。
イツコさんは人を癒す音を奏でるピアニストです。
木村政雄さんと直子さんは彼女の大学の同窓で、
ウィーンでも一緒だったそうです。

政雄さんはチェロ、直子さんはバイオリン。 
お二人で音登夢というデュオです。
音登夢という名前はお二人の息子さん
音登くんと登夢くんからきているそうです。
音登くんは大阪音大でジャズを専攻していてこの日もコンサートの後
即興ですてきな演奏をしてくれました。

直子さんはとっても迫力のあるバイオリンを
政雄さんはやさしく豊かなチェロを奏でます。
お二人のレパートリーはクラシックだけでなく 
ポピュラーから歌謡曲まで!!
特に直子さんは山口百恵ファンだそうで 
今度 山口百恵の曲ばっかりのCDを作るとか。。
同じ年代の私としてはとってもうれしい!!

最後にこの日のリクエストメニューから いい日旅立ちとなこり雪を演奏。
どちらも大好きな曲なので大喜びしました!

浅井順子さんも吉田イツコさんも木村直子さんも
それぞれ独自の世界を持っています。
みんなに共通することは、好奇心と探求心だと思いますね。

蝶々夫人

9c1d4076.jpg
同級生の浅井順子さんがオペラ「蝶々夫人」の主役をしたので観に行きました。
悲劇的なストーリーに思わずホロリ。
浅井さんはほとんど出ずっぱりで歌いましたが
その声と演技の素晴らしさと体力に脱帽。
今まで彼女の舞台をたくさん観てきましたが 昨日の舞台が最高だと思います。
修練してきた歌と演技の集大成といえますね。
年齢を経て深みが出るけど残念ながら声が衰えるってケースもあるけど
彼女の場合は声がまったく衰えない!
それはすごいです!
歌や声だけでなく幅広い身体の研究をしてきた賜物でしょうね。
今回たくさんの人に声をかけてよかったです。

ジャンベ

64ede114.jpg
奈良のアフリカンドラムの会に行ってきました。
写真はその時にお借りしたアフリカのドラムジャンベです。
半年ぐらい前に参加者募集のチラシを
マルマルという民族雑貨屋さんで見た時から習いたいなあと思っていました。
とうとう先週、突然思い立って飛び込みで見学 
太鼓の音にすっかり血が騒ぎました

以前に和太鼓を習っていましたが残念ながらグループが解散
2年ほど前にインド音楽のライブに行ったとき 
タブラー(太鼓)の音にすっかり魅了されました。
去年アキーラサンライズ君の打楽器演奏をきいて 
またまたジャンベ熱がふつふつと。。
いろんな人にジャンベ習いたーいって言っているうちに現実化しました。

最近 現実化が早い早い

ホーリちゃんのヨーガも去年から習いたいなぁと思っていたら
ちょうど彼女が引っ越しをして教えるスペースができたっていうし。

シャスタ山に行きたいって言っているうちにこの夏行けることになりそうだし。。

話は戻って
昨日はジャンベをレンタルさせてもらって 見よう見まねで叩きました。
先週は叩き方が悪くて親指が紫になっていましたが
昨日は大丈夫でした。
すべて三拍子のリズムなので それが日本人にはむずかしいそうです。
幸いゴスペルをやっているおかげで 
三連のリズムもなんとかついていけます。
手取足取りでは教えてもらえないので ちょっとがんばらないとね
一番新しい人でジャンベ歴一年、他はみなさん何年もされているようです。

ジャンベが主で筒太鼓と鐘を打つ人が3人。
それはとってもむずかしそうです。
なにしろ 左手で鐘を鳴らしながら 右手で筒太鼓を打つのだから
しかも太鼓と鐘と別々のリズムだから大変!

教室が車で5分のところにあるのでとっても便利です。
ゴスペルに往復2時間以上かけて習いに行くのに比べたら
楽ちんです

 

 

 

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ