mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHT (ジョセフィーヌとしての過去世)

Eさんの3つ目の過去世はナポレオンの妻
ジョセフィーヌとしての過去世でした。
今までかなりたくさんのQHHTをしてきましたが、
歴史上の人物が出てきたのは初めてです。

最初の場面は木靴を履いて黒いスカートの30歳ぐらいの女性で
豪華で大きな修道院にいる。
この修道院は政治的な力も持っていたようで、修道士や修道女たちも
高度な教養と繋がりをもっている。
修道院自体が諜報活動などもしており、ローマかバチカンという感じで、
普通の人達という感じではない。
フランス革命の後ぐらい。

次の場面では時代が戻って、彼女は20歳ぐらいで華やかな
ドレスを着ている。
豪華なドレスを着た女性たちやモーツアルトみたいなかつらを
かぶった男性たちと話をしている。
ヨーロッパのサロンでロココ調。
結婚はしていますが、刺激的で、享楽的な生活をしている。

そこからどうして修道院に入ったのかわかる場面に行ってください
というと、ナポレオンの戴冠式の場面になる。
Eさん: (笑いながら) 正直微妙なんですが、目線が
     受けているんですね。
私:   あなた ナポレオン?
Eさん: (爆笑しながら)違うんです。あの。。
私:   もしかしたら 奥さん? ジョセフィーヌ?
Eさん: そういう目線なんですね。

冠を受けているジョセフィーヌでした。
彼女の感情は誇らしげでもあり、よかったな。
ほっとしたって感じです。

次の場面では人のいない所でナポレオンの話をがちで
聞いてあげている感じ。
ナポレオンは暗い顔。
彼女はここの金をどこへ移せとか具体的にアドバイスをしている。
きれいどころの女性にだれそれを誘惑してもらったり、
色々権謀術を使っていた。
でも不安はあったけど、肝が据わっており、器は大きく、
少々のことでは動じない。
ナポレオンの絶対的な味方。

次の場面はナポレオンが出陣していくところ。
運勢的にはこれが最後だった。
ここが分かれ目で不吉な予感がしている。
多分ロシア遠征の前?

次の場面ではナポレオンが別の女性に産ませた子供を見ている。
あまり、嫌な感情はなくて、ちょっと疲れている。
立場としてこの子供がうまくいくようにと思っている。
うまくいくなら自分の感情がどうとかは二の次。
ナポレオンの方は回りが墨染みたいな感じに見えている。

次の場面では50歳ぐらいで重要な客を迎えて話をしている。
毒をもられた感じ。 おかしいって思っている。
それで死んだわけではない。

最後の場面ではずっと仕えてくれた女官を呼んで遺言を伝えている。
内容は隠し財産や隠し金庫やいくつかの人間関係の処理。
子供たちはしっかりしているし、前もって用意はしていた。
最後はあまり気力はなかった。
もういいかって感じ。

私:その人生を振り返ってどう思いますか?
Eさん:死んでからあの時こうだったんだとか、自分に繋がる人が
こうなったんだ、ああなったんだと理解して、はーみたいな。
ナポレオンが死ぬまで3次元に近い所で見守っていた。
死んでからもしばらくこの世に留まった。
成仏していなとかではなく、サポートまではできないけど、
ナポレオンとかが気になって。
このことがこうだったんだって
死んでからわかったこともあるので、
子孫が運が開くようにちょこちょこサポートはしていたよう。
実際子孫は平和に暮らしたようです。
死因は毒殺だったが最後防ぐ努力もしなくて、もういいわって感じだった。

潜在意識になぜ見せたか聞く
SC:有名人になるということがどういうことが
   もう一度思い出してほしかった。
Q: 最後は毒殺されたんですね?
SC: うん。毒殺の相手はよくお茶に招いていたロシアの皇帝
    だったみたいですけどね。
    あらゆる人生のエッセンスがジョセフィーヌの時に流れ込んでいた。
Q:  だから波乱万丈の人生を送ったのかな?
SC: お妃としての彼女は全然波乱万丈でなないので。
   そうなるべくしてなったというか。
   中国での人生なんかもジョセフィーヌの人生に役立っているし、
   役回りというか。
Q: 色んな人生を送ることによって魂としては
   学んでいるっていうことなんですかね?
SC: もうちょっと人に与えた影響というのをしっかり自覚しなさい。
   自分がどう感じたかではなく。

歴史上の話というより、その人物の心情とかがよくわかるので
とても興味深いです。
遠い有名人というより、一個の人間として身近に感じられます。

Eさんは潜在意識の時でも、潜在意識のことばを
そのまま話すこともあるし、自分の言葉で解説したりも
してくれるので非常にわかりやすいです。

次の記事では潜在意識とEさんの質疑応答を書きます。

6月のスケジュール

*6月のムナイキ練習会&交流会

【日程】 6月30日(日曜) 
【時間】 14:00~18:00 ◆開場13時50分
       ※途中参加&途中退出自由 
【会費】 1,000円 (お茶&お菓子代)    
【定員】 6名 
【場所】 ヒーリングサロンMahavia (奈良/近鉄奈良駅から徒歩5分)
       
Munay-Ki未経験者・他スクール生も歓迎します^^ 
お申込みはMahaviaまで→http://www.mahavia.

*6月の音楽の翼

 【日程】 6月22日(土曜) 
 【場所】 奈良 ヒーリングサロンMAHAVIA
 【時間】 14:00~19:00  (満席御礼) 

 【日程】 6月23日(日曜) 
 【場所】 大阪 森さんのサロン
 【時間】 10:00~19:00  

 【日程】 6月24日(月曜) 
 【場所】 大阪 森さんのサロン
 【時間】 10:00~16:00 (満席御礼)

お申込、詳細info@mahavia.jp まで。

見学も受け付けています。

音楽の翼のホームページ
http://www.ongaku-tsubasa.com/lesson01.html

*玉置先生の骨ナビ体操

 【日程】 6月25日(火曜) 
 【時間】 10:00~11:30 ◆開場10時20分
 【会費】 3000円     
 【定員】 4名 
 【場所】 ヒーリングサロンMahavia (奈良/近鉄奈良駅から徒歩5分)
       
お申込み、詳細はMahaviaまで→http://www.mahavia.jp


以下は予約にてお受けしています。
(マッサージ以外は男性もOKです。)

*QHHTヒプノセッション 
*枇杷温灸+シンギングボール+クリスタルボールセッション
*ムナイキ伝授およびトレーニングコース
ムナイキ伝授はお二人より受け付けています。
お一人の場合は交流会で受けてください。
トレーニングコースはお一人でも受け付けています。
*臼井レイキセミナー
*ライタリアンレイキセミナー

*伝承枇杷温灸、レイキ、スウェーディッシュマッサージ、
クリスタルボールヒーリング、シンギングボールヒーリングなど
単独、または独自の組み合わせによるメニューもお作りします。

お申込み、詳細は Mahaviaまで→http://www.mahavia.jp

QHHT (中国王朝に仕える過去世)

Eさんの2つ目の過去世は中国。

回りに纏足の人がいる。 茶色の服を着た宮殿に仕える辮髪の美青年。
宦官のようだけど、男性機能はある。
色々なことを警戒しないといけない立場の人。
エネルギー的には全方位に意識を配り、
仮面的なバリアを張らないといけない感じ。
宮殿の一部の官舎のような所に住んでいる。

次の場面では馬がたくさんいて、
華やかな姿の女性たちが回りにいっぱいいる。
宦官のような男性もいるが、刑罰的に男性機能を失った人はいるが
多くは形だけで、実際に機能は失っていない。
納品された馬のチェックをしている。
事務の仕事をよくしていた。

次の場面では華やかな妃のような人が見える。
全体的にゆるい感じ。
間違いが起こってもそれほどひどく処罰されない。
同じことが起こっても場合によっては処罰される。
表の規則と裏の規則があるよう。
Eさんは引き気味の処世術を身に着けている。
お妃さんから可愛がられているようです。

次の場面ではそのお妃さんが一段と華やかになり、
更に地位が上がった。
仕えているEさんも同じく地位が上がった感じ。
Eさんは本当はしたかったことがあったんだけど、
それはできなかったので人生的にはやや不満足。
もっと表に立って政治的なことに関わりたかったようです。

次の場面ではお妃さんが赤ちゃんを抱っこしている。
Eさんはその赤ちゃんをあらゆるものから守るのに能力を総動員した。
Eさんは高い身分の家の人だったようで、お妃さんの親戚。
若い時は下っ端の仕事もしていたが、それは修行だった。
色々なことの後始末をしたり、お妃さんや女官とも万全の態勢で
関係をもったりもしていた。
だんだん一族の方を重きに置くようになり、影響力を持てる立場にもなった。
でもやらなければならない雑多なことが色々あって楽ではない。

最後の場面は天寿は全うできた。隠居して次の代に仕事は譲った。

その人生を振り返ってどう?

私 キャリア的には成功した人なのね?
Eさん でもある意味息をひそめて回りをくまなく観察してやってきた。
私   その見返りはあったのかな?
Eさん でもこの人も個人の人生というものがあまりなかった人みたい。
     なかったわけではないけど、薄い。
     役割としての人生。
Eさん あまりこういう人生は好きじゃなかった。
     この人生で良縁はつないだよう。
私    人からみたらいい人生だったでしょうが、
     自分のしたいことができなかったから良いとはいえないかな。
Eさん  これも閉塞感ですね。 でもまあこの時は一応妻と子供もいたし、
     若い時は女官やお妃さんとも関係があったようだけど、
     基本的には妻を泣かすようなこともなかった。
     回りの人は幸せだったのかも。 結構な文化人でもあったし、
     人に好かれる人だった。
     身は持ち崩さなかったし、家を栄えさせた人。
     ただ、閉塞感はあった。

潜在意識になぜ見せたか聞く
Q  どうしてこの中国での過去世を見せた?
SC 家を守ることの重要性を知ってほしかった。
Q  それは今のEさんの家と関係しているのですか?
SC 自分が回りの人にどのように影響を与えるかということ。
   一つの人生が次の人生に繋がっている。
   中間世で幸せなことが最初からというか、途中から決まっていた人生。
   現世でできなかった分、中間世でこの中国の時はしばらく色々できて。
   そこでの生き方を学んで、楽しかったはず。

中間世のことを後日Eさんに質問しましたところ、
以下のメールをいただきました。

中国の過去世ですが、ここでの中間生は、魂の転生と転生の間に、
どうやら結構長めに時間を過ごしたようなのです。
そこで、霊として、肉体を持たない存在として、
主に家系の人とか国の人とかに色々自由に影響を及ぼしたようです
そういう存在としての楽しさと生き方を学んだ時間だったようです

この世だけでなく、中間世でも学んだり、仕事をしたりするのですね。
今の人生も過去からの影響があり、次の人生へと繋がっていくので
大事に生きる必要がありますね。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ