mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHT(様々な霊的な仕事をする過去世 その1)

Eさんの一つ目の過去世

岩に囲まれた泉の回りにいる4人の人を見ている。 
Eさんは黒づくめの服装で140cmぐらいの身長の男性でおじいさん。
4人のうちの一人の女性はEさんの今世での友人。
みんなで泉の中をのぞいている。そこに何らかの光があたると光る。
何かを取りにきた。

何を取りにきたかわかる場面に行ってもらうと
ドラゴンが出てきて、みんなで一緒に草原を歩いている。
ドラゴンとの関係は神さまと主のような関係。

次の場面では大きな岩に囲まれた黒い石が見える。
そこがドラゴンの目的地。
そこはドラゴンの巣のような感じで卵がある。
ここのドラゴンは黒っぽいドラゴンや、恐竜っぽいものなど
色々なドラゴンがたくさんいる。
みんなは巣の入り口にいる。

次の場面ではEさんはベッドでねていて、
先ほどの女性が手をもってくれている。
この5人はある一定の目的のための仲間。
Eさんは寿命がきている感じ。

最後の日に来たみたいなので見る必要のある若い時に行ってもらう。
そこではEさんはまだ若者で何人かのグレーみたいな宇宙人に会っている。
宇宙人からドラゴンを卵をもらっている。
その卵を泉に沈めた。そこに星のエネルギーが入って、
そこが羊水のようになって卵が成長する。
泉に卵を入れて10年以上を経て卵がかえる。、
Eさんがとても長寿なのはドラゴンのエキスを使っているから。
一部の龍とは会話したり、交流がある。一緒に生きている感覚。
牧羊犬と羊のような関係。
お互いがお互いの生殖に協力して、必要なところだけ関係して、
独立した関係。
今の地球にはないような知性とかエネルギーが入っているから
説明しずらい。
これは地球で、レムリアの栄えた時代よい前のムーの時代。

この人生の印象はある種の使命感のあるものを伝えて、
ピースフルの人生。

この過去世を潜在意識(SC)が見せた理由
古生代といわれる恐竜の時代に実際に知的生命体はいて、
地球をどういう風に育んでいたのかを見る必要があると思ったから。
この時の人は今の人類より、あなたたちが宇宙人と呼んでいる
存在に近かった。
その記憶を今の文明は引き継がないという集合意識を持って
生きているけれども、長い地球の歴史からすれば
そんなことは全然ない。
ドラゴンと縁が現実的にある人生を送っていて、
自分のドラゴンとの役割とかドラゴンの存在がわかり始めてきているが、
そのルーツがどこにあるのかを見せた。
今後、ドラゴンとの縁はもっと深まる。

二つ目の過去世はミイラが一体出てきた。
Eさんは50歳ぐらいの女性でエジプトのピラミッドの中にいる。
ここは儀式用の部屋。
ミイラの足元と頭に男性っぽい人が二人いる。
この二人と、ミイラはEさんの今世の友人たち。
トート神みたいな被り物をした人がいて、儀式を仕切っている。
Eさんはミイラに特別なオイルのようなものを塗っている。
そこは中間世のようなエネルギーで満ちている。
Eさんは命を吹き込むような霊的なことをしている。

どういうことでこの儀式が行われるようになったかわかる場面に行ってもらう。
ミイラは王様でエジプトかマヤのよう。
Eさんは白い頭巾をかぶり、緑色の服を着て
王様の元にひざまずいている。
Eさんは王様の妻の一人。
特殊な役割で存在であることをまわりも知っている。
その役割は霊的な感じで、隠された存在で不思議なオーラを持っている。
パワー温存のために生きながらにして生きていないような感じ。

次の場面では10代で顔を出して、岩に登って、下界を見ている。
肉眼で見ながら、透視もしている。三輪山(大神神社)や
六甲比命姫神社のような東洋的エネルギー

次の場面ではピラミッドの中の以前とは別の場所にいる。
40歳ぐらいでそこにはスフィンクスのようなものがあり、
暗い道を歩いている。
道の先に男性がいて、Eさんは彼に会いに来た。 恋人のよう。
タブーのような感じ。ここの空間にブロックがある。
石棺のようなものがあって、ここでずっと生きている人がいる。
人工的に不老不死のようになっている東洋風の人。
ここはミイラを作っていた所より更に人には知られていない場所で
清らかなエネルギーがある。

最後の場面はEさんのような人達が最後を迎える場所。
その高い所からEさんは飛び降りて死ぬ。
それも儀式。 口封じ的な自死。
60歳を過ぎている。すがすがしさを感じている。
飛ぶことが何かになることが分かっている。
魂もダークになっていない。
多分代替わりや天災があった時にそれが行われる。
死に彩られた人生。異界とつなげる人。

この人生を振り返っての印象は王様のことが好きだった。
もっと一緒にいたかった。
人生自体は長かったなぁって感じる。
この人にしかできなかったことをした。
鋼鉄の意志を持っている。

この過去世を潜在意識(SC)が見せた理由
あなたは現実世界であえて隠そうとしているものを
大きくあばきたてる役割ではないけれども、
色々聖地と呼ばれているところと空間はつながっていたし、
そこを移動する力を持っていた人はたくさんいて、
あなたもその一人だったということを思い出してほしかった。
実際見てきた三輪山とか六甲比命神社とか、ここはと思って
今の体に強烈に浸み込んでいる場所があると思う。
宇宙との繋がりも感じ取ったと思うけれども、
実際にそこはポータルとして使われていた所です。
ただ、時が来るときまで、そんなにそこを触る必要はない。
今感じているように、導かれるようにしていればいいだけ。
そこについてはね。

Q:それ以上は別に何もしなくてもいいのね?
A:回りの意識レベルと協調して上がっていくことを念頭に入れて
来ている人生なので、なのでメッセージをいわゆる観音さまや
仏さまといった存在を通じてありかたとか、やりたかったこととか
そういうのをメッセージとして送っているつもりだ。
つまり、観音であれば相手の人にどういう風に伝わるかということを
6本とか千本とかの手を使って考えるというステージにいる。
在り方ややり方はそれに近いはずだ。
知っているものなのでそれをああだこうだしようとしなくてもいい。
時が来ればそれはまた別。
今あなたたちが人類といっている意識レベルがそこまでは至っていないので、
そういう所を開いていく人もいるけれども、
あなたはそれを知っているだけでいい。

QHHT (幸福感の欠如 その2)

Hさんの潜在意識とのQ&Aです。

最初にボディスキャンをしてもらうと、すい臓が弱っており、
他に腰痛や肩こり。
どれもリラックスできていないことかくるそうです。
ヒーリングしてもらいながら、質問を続けました。

Q:  もっとバランスが取れるようになるにはどうすればいいでしょうか?
A:  欲を捨てること。
Q: もっと健康になるにはどうすればいいでしょうか?
A: 単純にやるべきことをやればいいと思います。
Q: もっと幸せになるにはどうすればいいでしょうか?
A: 単純にものを考える。人の温かみを感じてそれを受け入れる。 
  疑わないことが大事かな。
Q: もっと豊かになるにはどうすればいいでしょうか?
A: 自信を持ってエンジョイできる方向に歩いていけばいいと思います。
Q: Hさんにとって破棄すべき契約はありますか?
A: 欲しいものをあまり努力して得ようとしないようにした方が
  いいと思います。
   だから、できなかったことをくやまない。
   もっと安心して心の平和を。
Q: 今Hさんが手放すべきカルマはありますか?
A: えらくなろうとか、コントロールしようとか、
  大きく世界を変えようとか考えない方がいいと思う。
Q: オーラフィールドで漏れているところはありますか?
A:  南西のところに穴が開いている。
Q: ではその穴を潜在意識さんに塞いでもらえますか?
A: はい。
Q: 穴が開かないようにするにはどうすればいいのでしょうか?
A: うーん。神を信じること。
Q: もっとHさんが自分自身に気付くためにはどうすればいいでしょうか?
A: (しばらく沈黙してから)わからない。
Q: 今、自分自身にもっと何をすればいいでしょうか?
A: 家族を大事にする。家族の愛をもっと自然に受け入れる。
Q: 現在の食習慣で何か変えるといいものがありますか?
A: 腹八分目にすべき。
Q: 今取り除くべきコードはありますか?
A:  特にないと思います。
Q: 潜在意識さんとつながる助けをするために何か勧められる
   瞑想などありますか?
A: 本当にそうなりたいと思うことをよくかいつめて信じること。
Q: 体のどこかに取り除くべき記憶がありますか?
A:  いやなことは忘れてもいいと思います。
Q:  Hさんのここでの目的は何でしょうか?
A: 本当はもっと人々に幸せを与える存在であるべきだった。
Q: その道を進んでいますか?
A:  いないです。
Q: その道を進むためにできることは何かありますか?
A: もっと心を開くべきです。限られた人間だけでなく。
   もっと身近な人を大事にしなければならない。
Q:  前進するのに阻んでいる障害はなんでしょうか?
A:  たぶん、恐怖心と孤独
Q: その恐怖心はどこからくるのでしょうか?
A:  受け入れてもらえない。自分が異質な存在である。
Q: その恐怖心と孤独を潜在意識さんが取り除くことは無理ですか?
A:  うーん。重力が重すぎる。

Q: なぜ常に問題が生じるのでしょうか?
A: 重いんですよ。すごく。
Q: 何がですか?
A: 地球の重力。重すぎる。 すごく動きにくい。
   なんか来たくなかった。
Q: 今回来たくなかったのですか?
A: なんかそんな気がする。
Q: でもエネルギーを与えるために来たんですよね。
A: ええそうなんですけど、来たくなかったようです。
Q: そのへんが問題が起こる原因なんですかね?
  そうそう重力が重いっていうのでしたよね。
  それはどうすればいいのでしょうか?
  今まで答えてくださったようなことですかね。
  身近なところに愛をとか
A: それしかできない。
  逆に助けてほしいです。
Q: え?潜在意識さんがですか?
A: ええ。
Q: なんで?どう助けていいかわからない感じ?
A:  ボックスの中に入っている感じがする。
Q: 彼が?
A:  ああ。
Q: Hさんもそういう感じですね。そこから抜け出したいわけですよね。
  同じようなパターンで仕事も変わってきているし。
  潜在意識さんはHさんと繋がっていらっしゃいますか?
A:  なかなか繋がれない。
Q: その繋がるのに瞑想とかですか?
  でも雑念がすごく出てくるらしいのですが。
A: なかなか難しいです。
Q: もう少し楽しめるような状態になると繋がりやすくなりますか?
A:  うーん。そうですね。行くところがあったんですが、もうないです。
Q: 行くところがあったんですか?
A:  幾度か過去にあったのですけど。
Q: そこはもう行けないのですか?
A: 彼しだいですね。
Q: もしかしたら行けるかもしれない?
A:  わからないです。
Q:  今転機になっている感じなんですけど何かがらっと
   生き方を変えることができるかもしれないのですがどうですか?
A:  何かに集中すべきだと思います。
Q:  子供の頃絵を描くのに集中している時は
     とてもいい感じだったそうですが。
    そんなのとか?
A: ええ。それと音楽をやっている時も。
    でも最近それが出来なくなっているんです。
    それをやることによって、時間がもったいないとか、
    他のことをやらないといけないとかで、そちらに集中できない
    状態になってしまっている。余裕がない。
Q:  今は仕事をやめたので時間ができますよね。
A: でも他のことをすぐにやらないといけないので。
Q:  そんなことをする時間はないのかしら?
A:  早く仕事を見つけるとかそんなことばかり考えているから
    まったく伝わってこない。
Q:  仕事はすぐに見つかりますか?
A:  その気になれば。 プライドと経済的な恐怖。
    そればかり頭にあるからそれば障害になっているんですよ。
    でも、(溜息) もっと人を助けれることをしないと。
    そのために来たんだけど。
Q: そういう方向にもしHさんが行ったら、もっとHさんにとって
   幸せになれるんですか?
A:  ええ。
Q:  じゃあやっぱりそのへんはHさん次第なんですね。
A: そうです。
Q:  質問は終わりなので最後にHさんにメッセージをお願いします。
A:  恐怖を取り除く。もっと自由にものを考えて自分を信じて、
   自分の潜在意識を信じて常に自分が幸せになれるという方向を
   選んでそちらの方へ行って行動を起こすことによって
   自分が信じれるようになると思います。
   早くそれをやるように。だから、それが出来れば多分
   道が開けて経済的な余裕も出来るので人に必要なエネルギー、
   愛を与える機会がもっともっと増える。
   いい車や家やそういうものよりも人との付き合いを大事にして
   人から徳を得れる、人に徳を与えられる自分になるべきです。
   だから、エネルギーをきれいなエネルギー、ハッピーなエネルギーを
   人に与えることに注目する。
   自分のことを考えるのももちろんだけど、そういうことをすることによって
   いいエネルギーをもっともっと倍増させていくようになる。
  
潜在意識の多くは断定的な言い方をしますが、Hさんの潜在意識は
「~と思います」 とかとても自信なさげです。
ご本人の自我が強い場合、潜在意識は消極的な感じになることがあります。
どこか、言っても聞いてくれないだろうから、サポートに自信がないとか、
ややあきらめの感じがします。
Hさんの場合も半ばあきらめながら見てきた感じです。
あくまでも自由意志が重要なので、
潜在意識が強く導くことはできないようです。
ただ、本人が気付くかもしれないという事は起こすのですが、
それで気付くかどうかは本人次第だし、その後の選択も本人次第です。
でも、もし 本人が気付き、方向転換をすると
潜在意識は喜んでサポートしてくれます。

この世的価値観と潜在意識の価値観とは異なっているなあと
いつもセッションしていて思います。
潜在意識にとって、お金を儲けるとか、地位が上がるとか、
有名になるとかはどうでもいいようです。
何をするかが問題ではなく、どういう気持ちでそれをするかが重要です。
まさに幸せであるかどうか。

今何が一番重要なのか世界中が問われているような気がします。
それをもう一度見直すために様々なことが起こっているのかもしれません。
個人レベルで、気付きのために一見不幸に見えること(病気や怪我など)を
潜在意識が起こしたりします。
今回は人類の潜在意識全体がそれを気付きのために
一見不幸に見えることを起こしているのかもしれません。

Hさんはセッションを受けて、とてもすっきりしたみたいでした。、
セッションの前はかなり絶望的な感じでしたが、
お帰りになる頃には元気になっておられました。
その後のメールでは仕事の方向転換も考え、
ご自分に合う瞑想的なことを探し、
とても前向きな感じになられているようで
とてもうれしく思いました。
やっぱり潜在意識(ハイヤーセルフ)の力はすごい。(^_-)-☆

今は自粛のためセッションを原則お休み」しています。

QHHT (幸福感の欠如 その1)

Hさんはもともとは金融関係のエリートサラリーマンでしたが、
その後、ヘッドハンティングでいくつかの会社でも仕事をされ、
現在は求職中です。
新しい会社で最初は仕事も、人間関係も良いのですが、
数年すると、モラル的に合わなくなったり、社長など上が変わり、
波長が合わなくなるといった状況でした。

また、趣味も豊富でプロ並みのものもあり、
努力して何かを手に入れた瞬間は幸せを感じますが、
長くは続きません。

なぜ、常に問題が生じるのか、悩んでいたところ、
ドロレスさんの動画を見てQHHTで問題の解決をしたい
と思って来られました。
Hさんの許可のいただいたのでブログに掲載します。

お話を聞いていて、仕事も趣味も家庭的にも金銭的にも
恵まれているのに幸福感が薄いのは不思議でした。

一つ目の過去世は山小屋に奥さんと住む若い男性。
次の場面ではやや年をとっていて、太陽が上がるのを
丘の上から見ていて、気持ちがいい。
山の仕事を生業にしている。
次の場面では崖の上にある家が見えて、家の外にランプがあって
暖かい感じがする。
彼は更に年を取っていて、崖の上に立っている。
最後は70歳ぐらいでベッドの上に横たわっている。

Hさんのその人生の印象は自然とずっと一緒にいた。
文明、文化は関係ない。

二つ目の過去世は白い光で真ん中に長細い影や
色んな形が見える。
体はない状態ですごいスピードで飛んでいて、緑や青の色が見える。
次に見えたのは巨大なドームに囲われた大都市。
地球ではないよう。 ビビットな色の面白い形の建物のある明るい広場。
次の場面では変な形の生き物がいる。
細くてカマキリのような足、顔はストローみたいな形の生き物が
ストローのついた飲み物を売っている。
回りにも騒がしく色々なものがいるのだけど、目には見えない。
いろんなものがうごめいていて、さみしくはない。
次の場面では爆発が起こってエネルギーになってしまった。
死んではいないが、爆発でバラバラになった。
回りにもエネルギー存在がいて宇宙に漂っている。
その人生の印象は痛みも喜びも何も感じない世界。
でも、あったかい。

三つ目の過去世は何かを待っている人達がいる。
Hさんは足も手もなく、白いものをまとっている。
待っている人達は存在感はあるけど、透明な感じで
色々な形をしている。 人間もいるが人間ではない存在もいる。
Hさんも並んでいる。
なぜ並んでいるのかわかる場面に行ってもらう。
どこかにいくみたい。
鉛筆を持っている人がいて、一人一人に質問している。
Hさんは怒られている感じ。
「何をしたいんだ?」って聞かれ、
Hさんがわからないっと答える。
ハンコみたいなのを押されて、
「わからないのなら、こっちで決める。次」
と言われる。
次は闇の中。
次の場面では真っ暗だけど、人の顔が見えてきてた。
何人かにのぞきこまれている。
おじさんと女性3人が笑っている。
Hさんは赤ちゃん。
次の場面では3歳ぐらいの男の子で犬と一緒にいて楽しい。
次の場面では石造りの学校でテストを受けている。
第二次大戦前のイタリア。
テストはまったく出来なかった。
学校は寒いし、厳しく、Hさんにとってはいずらい。
次の場面では戦車を見ている半ズボンの小学生で
兵隊たちをみてカッコいいと感じている。
次の場面では戦闘機に乗っている18歳ぐらい。
その後、空中戦で戦死。
その人生の印象はまったく何もできなかった感じがする。
何かいっぱいしたかったのにできなかった。

潜在意識とのQ&A

最初に他の質問があったのですが、長くなるので
それらはパート2に入れることにしました。

Q: 最初の過去世はなぜ見せたのですか?
A: 人が嫌いなんですよね。人と交わることがあまり得意でない。
   一人でいることがすごく幸せ。あまりにもわずらわしすぎる。
Q: それは地球でそれほど長くないからですか?
A: うーん。まったくわかろうとしてくれないんですよ。
Q: わかろうとしてくれないのは回りですか? 彼がですか?
A: あの。この世の人達は理解ができない。
Q: でも目的としては人々にもっと幸せを与える存在に
   なろうと思って今回来たのですよね?
A: エネルギーを与えるために来た。
Q: あー。なるほど。エネルギーを与えるために来たということは
   特に人と関わらなくても存在としていい状態ならエネルギーを
   与えられるのですよね?
A: でも、外にエネルギーをとろうとしない。すごく疲れるんです。
(これは外から(宇宙からとか)エネルギーを取らないので疲れる
という意味ではないかと思います。)

Q: 二番目の宇宙での過去世はどうして見せたのでしょうか?
A: 地球以外に色々な所があるということを知らせたかった。
   まあ、絶対になくならないエネルギーの一部であるということを
   知らせるため。
   でもそれがうまくハーモナイズできていない状態。
   すごくフラストレーションが溜まっている。
Q: この最初に見えた白い光はソース的なものですか・
A: でも暖かくなかったので。
Q :では違うのかな。
A: でも明らかに光の世界です。
Q: 最後に爆発が起こったのはその星ですか?
A: そこではないです。遠いところです。
   光の所からそこへ行ったのです。猛スピードで。
Q: 行ったその星が爆発してエネルギーになったのですね?
A: ええ。
Q: で宇宙に漂って、喜びも何も感じないのですね?
A: そうです。何も感じない。でも無ではない。
Q: 宇宙の存在はあまり感情を感じないと言われていますが?
A: ないです。

Q: 最後に見た過去世は?
A: 短い人生だったし、だから何をしたいかわからないんだったら
  これでいいんじゃないかってハンコを押されて、戻された感じです。

このQ&Aの前にいくつかの質問をしているのですが、全体に長いので
過去世に関する質問のみここに入れました。




記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ