mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHTセッション(切られるつる)

今年の1月にOさんはQHHTに来られ、そこでつるにからみつかれている
というたとえ話を潜在意識がしました。
「からみつくつる」というタイトルでブログに書きました。
Oさんにからみついているつるは人間関係を表し、
Oさんがつるに栄養を与えているけど、つるに問題があって花が咲かない。
潜在意識につるを切ってくださいと頼みましたが、
つるをなくすのは神の領域なのでできないと言われました。
でももう少ししたら、神がつるを出している人たちに
決断を迫るでしょうということでした。
そして、Oさんはいつか花のあるところに行けますと言われました。


その後、ありえない不祥事がおこり、Oさんのいる部門の会社が
倒産しそうということで、今後のことを聞きに、セッションにいらっしゃいました。

過去世は少年で命令されて砂漠で穴を掘って
宝物を見つけようとするが出てこない。
その後、色々あって、海岸で砂を掘っていると貝殻や真珠が出てきた。
という人生を見ました。
この人生は海に戻れ、海は命の源、冒険はしなくてもいい、
もともと知っている簡単なことをしたらいいということでした。

神様が8本のつるの根元を斧で切ったので、つるはとれたけど、
Oさんにまだ傷が残っているのでしばらく調整するそうです。
神様はつるの八人の守護霊をまとめている存在だそうです。
このつるには花が咲かなかったけど、
Oさんが知らない所で花が咲いたところもある。
実もついたけど、つるたちが取ってしまった。
これからは花(愛)を咲かせないといけない。
今の仕事は移動となる。寒くなるまでにはわかっているので、
それまではゆっくりする。
感情を感じるのが人間。それを実感していくのが人生。
自分の人生の傍観者になっている人が増えている。
今はブループリントの予定通りにしない人が多い。
地球がおかしくなっていく。
本来の自分を生きようとする人が少なくなっている。
中から輝くことが大事。
自分の人生をやり切る。
感情を味わいつくすし、苦しさも味わい尽くして、消化しないと
三次元から出られない。

秋からサポートが入るのでこれからはもっと好きなことをしてもいい。
Oさんの今世の目的--> 今のままでいい。
今までつるが邪魔をしていてノイズがあったけど、
これからは潜在意識とつながりやすくなる。


セッションが終わって一週間後にOさんからメールで、Oさんの部門の会社が倒産して、つるの代表はすっかり愛想を尽かされた状態ですが、
Oさんは契約社員で残っているそうです。







QHHTセッション (Yes No で答える潜在意識)

Tさんはさまざまな過去世を断片的に見ました。

1 ギリシャ風のトーガを着たおじさんで、
町の木でできた小さい家に一人で暮らし、
図書館で働いている。 (ここで急に息が荒くなり、号泣。しばらく続く。
後でTさんがおっしゃるには、非常に緊張しやすいたちなので、
呼吸が荒くなり、号泣することで力が抜け、過度な緊張が取れて、
より催眠に入りやすい状態になったそうです。)
その後図書館はなくなってしまう。 別の時に行ってもらうと、
やや田舎の石造りの家に奥さんと息子と住んでいて、大工のようでした。
それからあまり時が経たずに死んでしまう。
その人生を振り返ると、満足はしている人生でした。

2 大きな宇宙船に乗っているきりっとした若くて好奇心旺盛な
男性の宇宙人。 乗組員もたくさんいて、大きな窓から宇宙を見ている。
意気込んでどこかへ行こうとしている。

3  地球を上から見ている。 火山の噴火のようなものを
好奇心で観察している。 隕石が衝突した感じ。
地球の調査に行く。
次の場面では仲間たちと地球を探索している。
恐竜のいた時代、ジャングルの中で楽しそうにしている。
次の場面では大きな滝を見下ろしている。
仲間は1mぐらいの緑色の宇宙人。
飛行機のようなものに乗って砂漠を探索したりもする。
次の場面は氷の洞窟のような所へ行ったり。
最後の日は一人で卵みたいなものに乗って地球に下りる。
 
4 地球に似ている星。でも植物とかの形は異なる。
空は紫色。 紫の空の真ん中にゲートのようなものがあって
宇宙が見える。
体はタコのような形。 球体があって、真ん中に目が一つあって、
足がいっぱいついている。
体は銀色で柔らかくなったり固くなったりする。
今は一人だけど、他にもたくさんいそう。
川の水辺で水を触っている。
巨大な木が生えていて、空のゲートから金色っぽい何かが木に下りてきて、
その木はピンク色のオーラに包まれる。
その木を育てているよう。
次に重要な場面に行ってもらうと、その木から外へ行ける。
木と一体になって、エネルギーとなって上に上がる。
そこから旅に出た。
数人乗りの小さな宇宙船に乗っている。
今は人型になっている。
必要に応じて形を変えられる。
星にいた時は静かな楽しさを感じながら木を育てていた。
宇宙船に乗るとイキイキとして好奇心が出て躍動感がある。
人型の時と、タコの形の時と性格が変わる。
タコの時は感情がフラットになる。
次の場面では母船に合流した。
母船にはボスのような女性がいて、その横に側近がいる。
ボスは人間の顔ではなく、顔は縦長で、目が大きく離れている。
そして胴体が長く、色はピンク。
同じ仲間で個体差がある。
側近は緑色の軍服のようなものを着ていて、一つ目。
その人生で最後の日に行ってもらうと、地球に卵型のものに乗って
下りた。
その人生と振り返っての印象
その星は平和だったので、ちょっと冒険したくなった。

潜在意識との対話

ボディチェックをすると左肩が痛くなり、胃のあたりに圧迫感が出る。
その二か所ヒーリングをしてもらう。
その後の質問に対しては、言葉ではなく、イエス ノーを首で答える。
仕方がないので質問をイエスノーにアレンジする。

2 破棄すべき契約、カルマ-->ない
3  オーラフィールドで漏れているところ?--> 首 塞いでもらうようお願いする。
4 食習慣で変えるといいもの。---> ある。
色々食べ物の名前を出して、果物と出る。(後で聞くとアレルギーが出る果物があるそうでした。)
5 前進を阻んでいるものはある?---> ある
自分でわかっている。 取り除くサポートをSCにお願いする。
6 取り除くべきコードはあるか? --> ある。 そのコードを切ってもらうようお願いする。
7 取り除くべき記憶はあるか? ---> ある。 このセッション中か眠っている時に取り除いてもらうようお願いする。
8 スターピープルですか? --> Yes
9 人間としての地球での転生はある? --> NO
 図書館で仕事をしていた人生は地球ではないのですか?-->Yes
10 卵のようなものに乗って地球に下りてきたのが初めてですか? -->Yes
11  何か役目があって地球に来たのですか? ---> No
12  地球に来たかったから来たのですか? --> Yes
13 地球に来てよかったですか? ---> Yes
14  Tさんの出身の星はこの宇宙ですか? --> Yes
15  プレアデスですか? ---> Yes
16  思考的影響の恒星は --> 色々星の名前を上げてオリオンの時にYesがでる。
17  感情的影響の恒星は---> 私の知っている星の中ではなかった。
18 彼がこれだと思っている星ですか?  --> Yes
彼がセッションで見た星はこの宇宙ですが、私たちの知らない星でした。
地球での役目は特にはなく、楽しんだら良いということでした。
19 基本的には彼の今の道筋で大丈夫ですか?-->Yes
20 若い時に色々と大変だったのですが必要だったのですか?--> Yes

他にもプライベートなことをいくつか聞きました。
Tさんが聞きたかったことは大体答えをもらったようでした。

イギリス旅行その3


49
トーアへは近くの宿に泊まっている時は毎朝登っていました。
グラストンベリーに着いた翌日行った時、
「帰って来た」って感じがしました。
トーアの岡の次に有名なのがチャリスの井戸かな
チャリスの井戸
イエスの死後その死体を引き取ったアリマタヤのヨセフ(イエスのおじさん)が
イエスの死後聖母マリアやマグダラのマリアたちと船でイギリスへ来て
グラストンベリーで教会を建てたと言われています。
ヨセフがイエスの血を受けた聖杯をここに埋めるとそこから
赤い水のチャリスの井戸が出来たそうです。
ここの水は鉄分を含んだ水の味はちょっと。。。(>_<)
上の写真がその井戸。
12
チャリスの木
このガーデンは静かでとっても気持ちのいい場所です。
対になっている木があって、とっても気持ちいいエネルギーを
出していました。
7
これはホーリーソーンという聖なる木でアリマタヤのヨセフが
杖を突きさしたところから生えたと言われています。
素敵な形の木だったのに、心無い人がこの木を切り倒し、
こんなにかわいそうな状態なっていました。
でもまだ手を当てるとエネルギーを感じました。
ここからトーアが見えます。
グラストンベリーの町は女神が横たわっている姿になっていて、
ここは足にあたります。
コグマゴグ
ゴグとマゴグという古代のオークの木があります。
以前に来た時ここでワークをしてもらいました。
左に見えるゴグ(かな?)がキャンパーの蝋燭かなんかの火が
燃え移り焼けてしまいました。
でもよく見るとその木から新しい枝も出ていましたし、
エネルギーもしっかいり出ていました。
悲しい出来事が続いているグラストンベリーです。
19
近くのWELLのカセドラルにもバスで行きました。
イギリスで一番古いカセドラルだそうです。
18
友人のテディベア作家古川希世さん作のきよくまちゃんを
今回の旅に連れてきました。
ちなみさんが上手なぬいどり(ぬいぐるみの写真を撮ること)を
してくれました。
このモダン建築のような設計は塔が落ちてきそうになったために
付けたものだそうです。
4
最後の日は午前中時間があったので、ゴッディスハウスの
アーサーのお部屋でマッサージを受けました。
オイルマッサージとショートレイキにシンギングボールと
私がしているメニューに似ているので受けてみました。
お部屋やプリーステストさんのエネルギーがとてもいいので
気持ちよく施術してもらいました。
最後に私が大好きな曲のCDもかかって完璧!
2
女神クローンのお部屋。
1
女神リアノンのお部屋
そしてこの日ヒースロー空港へバスで行き、
近くのホテルに一泊して翌朝日本に帰る予定だったのですが、
ショルダーバッグ置き引き事件が起こり、
パスポート、携帯、お財布、手帳など貴重なものを
全て失うという最悪なことが起こりました。
まず大使館に電話して必要な手続きを教えてもらいました。
戸籍の記述がある住民票が必要とか。
運の悪いことに、戻ったホテルのゲスト用のPCが故障。
ホテルの電話から家の留守電に概要を伝えロンドンの大使館へ
幸いお金は少し別に持っていたので
しばらくの滞在費はあったし、ホテルはカードの番号が
わかっているのでそれで泊まれました。
パスポートのコピーを持っていたのでセキュリティーも問題なく通れて、
必要な手続きの説明を受け、パスポート用写真を撮りに町へ。
戻って実家に電話したり、色々してようやく夫と連絡が取れ、
住民票を取って写メで大使館に送ってもらって、
問題がなければ翌日の15時にパスポートが出来上がるとのこと。
夜の飛行機で帰れそうなので、大使館の方がロンドンのHIS支店に
問い合わせてくださいました。
翌日のアシアナ航空が4席空いているというので
夫にロンドンへ電話してもらい、カードで購入してもらいました。
翌日めでたくパスポートをもらい、夜の便に乗れました。
出発が1時間半遅れたので、インチョンでの乗り継ぎがぎりぎりで
人間が帰れましたが、荷物は間に合わず(>_<)
幸い1時間後にインチョンからの飛行機があったので
それでトランク手元に届きました。
ぎりぎり奈良行きのバスにも乗れたので、
無事一日遅れで帰って来ました。
多々失敗は重ねているので、とうとうやってしまったって感じです。
パスポートは必ず肌身離さず、ショルダーはたすき掛け、
住民票とパスポート用写真を持っていこうかな。
それにしても大使館の方がとっても親身になってくれて、
テキパキと対応してくれてホントにありがたかったです。

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ