mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2010年05月

クンダリーニの上昇

b3cf239c.jpg

八ヶ岳セミナーでの朝食です。
デッキでの朝食は鳥の声が聞こえてとっても気持ちいいでした。

MUNAY-KI を受けたことで クンダリーニの上昇があった人が
私を含めて二人ありました。
本来 MUNAY-KIは それを目的とはしていないそうですが
きっかけとなったようです。

私は前回トムのロータスファイヤーを受けた後 起こりました。
その時はあまり詳しく彼と話さなかったので確信を持てなかったのですが
今回セミナー中になった人の様子を見て 
やはりそうだったのかとわかりました。
そして セミナーが終わった翌日の夜 私にも起こりました。。

トムの話によると通常クンダリーニは毛髪ぐらいの細さで
そこを急激に背骨の下から上へとエネルギーが上がるので
かなり激しく身体の症状として出ます。
彼はクンダリーニをエネルギーで太くし、
チャクラの奥の結び目もほどくことができるので
彼女の激しい症状を緩和することができました。

目の前でそれを見ていたので 驚きでした。

ロータスファイヤーのワークではクンダリーニの太さも太くなり、
上昇もややゆるやかになるので 
結果的今回友人がなったほどの激しさではなかったです。

また 恐怖からその波に抵抗してしまうと、より苦しくなるようです。
私も初めてのときは びっくりしましたが 友人ほど激しくなかったし、
気功などで自然に身体が動くことには慣れていたので 
恐怖はなく面白さと気持ちよさを感じながらその波に身体を任せました。

今から思えばクンダリーニの上昇の後ハートがオープンになり、
すべてのものへの愛を強く感じた日が一日だけありました。
一種の覚醒体験に近かったと思います。
残念ながら 続かなかったですが。。。

MUNAY-KIのパワーアニマルであるへびとクンダリーニは
密接にかかわっています。
クンダリーニの上昇とは背骨の下にとぐろを巻いているへびが
背骨にそって上に上がると言われています。

上昇があった翌朝 なんとなく試しにへびを呼び出したところ 
軽くではあったのですが上昇が起こりました。

トムにそのことを話すとにやっぱりねってにやりとしていました。
いつ頃までそれが続くのでしょうと聞くと終わるときは
へびが教えてくれるって。

確かに1週間して 突然 終わったなって直感がきたので
へびを呼び出すのはやめてハチドリとのワークをすることにしました。

トムによるとこれでへびとのワークが終わったのではなく、
また 今後 戻ってくるだろうということでした。

今回のクンダリーニ上昇の効果は前回ほど
びっくりするものではなかったですが、
今までなつかなかった猫に擦り寄られたり、
ゴスペルの練習で声がすごく響いたりぐらいはありました。
ペンジュラムで調べると第一、第二、第三チャクラが
いつもより大きく回っていましたし。

だんだん 通常の状態に戻っていっているようです。
でもまったく元通りではなく ハートをもっとオープンにしていきたいですね。
そして 各チャクラに入れてもらったスピリットのタネを
ゆっくり育てていきたいと思います。


 


八ヶ岳セミナー

223321f0.jpg
2日間の八ヶ岳セミナーが無事終わりました。

じっくり MUNAY-KIの儀式ができてよかったです。
それぞれの儀式の後 外に出て木に触れたり、土をさわったり、
エネルギーワークの後のグランディングにはぴったり。

最後のクリエーターの儀式のときには
みんなのエネルギーが最高潮に達しました。
なんでも 古代のシャーマンらしき方々がいっぱいサポートに来ていたらしく、
羽をつけた方々とかが ぎゅーぎゅーになるくらい周りに集まっていたそうです。

今回 トムさん、スタッフ、参加者、総勢13人の大所帯。
友人の山荘リスの家とマハヴィア山荘に分宿して
朝食はそれぞれの山荘で、 ランチはお弁当や、レストラン、
夜はベジタリアンメニューをみんなで作って食べました。

いったいどうなるんだろうと 心配していましたが
みんなの協力のおかげで すべてスムーズに運びました。

長年の夢だった 八ヶ岳でのトムさんのセミナーが実現したのは
ほんとに感無量です。

この日のために山荘を建てるところから 準備させられていた?
と思うくらいです。
チェルトの森はいるだけで癒しになるところです。
そんなところで しかも シャーマン系の儀式なんてあまりにぴったり!!

夜は民族音楽系をかけながら ミニジャンべと南米のボンボという太鼓や
チベタンベル、鐘を鳴らして
スカーフをつけてのベリーダンス三昧。

このボンボという太鼓はむかーし買ったもので 
ほとんど使ったことがなくて 山荘に置いてありました。
トムさんはとっても太鼓が上手!! 
このボンボもこの日のためにウン十年も待っていたのかも。
ようやく火の目を見て喜んでいると思います。

もうひとつ偶然とは思えないのがステンドグラスのハチドリ。
去年 奈良のギャラリーで見つけて買ったものです。 
MUNAY-KIの儀式では 東西南北にいるスピリットを呼び出します。
南は蛇、西はジャガー、北はハチドリ、東はイーグル。
最初から ハチドリがいるなんて。。
ハチドリは不可能なことを成し遂げることをサポートしてくれます。
きっと 今回のセミナーを成功させるためにやってきていたのでしょう。
西の窓にぶら下げていたハチドリを今日北の窓に移しました。

トムさん、スタッフのチナミッチェルさん、まゆみさんや、
りすの家のカヨコさん、そして参加者のみなさんのおかげで
セミナーが開催できたことを改めてこの場を借りて深く感謝します。

MUNAY-KI は I LOVE YOU のことだそうです。

みなさんに MUNAY!!







シャスタのクリスタル女神

cdca0c35.jpg
先日Mahaviaでトムさんの個人セッションがありました。

クリスタルヒーリングは身体にいっぱいクリスタルをのせて
するヒーリングセッションです。

カウンセリングのような時間もあったり、それぞれの人に合わせた
ヒーリングでした。
受けた方の話では なかなか パワフルだったそうです。

最後にクリスタルの女神のグループアチューメントをしました。

トムさんある時 アメリカのシャスタ山に行ってクリスタルの女神のエネルギーと繋がったそうです。
そして たまたま お土産やさんで 地元のアーティストが書いた
シャスタ山のクリスタルの女神という絵を見たときびっくりしたそうです。
なんと トムが見たビジョンの姿と同じだったんだって!

ある時 遠隔で そのエネルギーを送ったところ 
受けた人が椅子から転げ落ちたとか。。

今回は最初に ブリージングという身体がよりオープンになる
呼吸法をしばらくしてから アチューメントをしてもらいました。

エネルギーに包まれて至福の体験をした人や、
雷に打たれたような感じがした人や
それぞれ いろんな体験をしました。

私は通訳をしながらだったのですが 最初 背のない椅子に座っていて、
あんまり エネルギーに押されるもんで 後ろに倒れそうになりました。
それで 思わず隣の背のある椅子に移動しました。

また アチューメントをしてもらってから 頭がぼーとして、
一瞬 通訳するのを忘れてしまいました。

女神なのに すごい パワフルだねって話していたら
トムさんが 女神だから パワフルなんだって。

今回のmunay-ki も 女性性のエネルギーを取り戻すというのが
大きな目的の一つでした。
女性性のエネルギーはもともと パワフルなものなんだって。
地球全体が 男性性のエネルギーの方に傾いているから
バランスをとる必要があるそうです。

7月にY&Yヒーリングセンターの岡本さん
(今回一緒にトムさんの来日を企画した)
が主催するシャスタ山へのツアーに行く予定です。
そこで トムさんと岡本さんのセッションもあるそうで
すごく楽しみです。

この写真は今回のセッションの参加者で
以前にシャスタに行ったことがあるFumieさんからいただきました。

宮島

0cf6cff6.jpg
遅ればせながらながら 先週トムさんと行った宮島です。

お天気が良くて海もとってもきれいでした。
偶然 結婚式をやっていて 最初から最後まで見ることができました。
すごーいラッキー。
普通の神社では儀式までは見れないけど、
ここでは 三三九度や 祝詞や 雅楽など 貴重な体験。
そして なんといっても 宮島の鳥居を背に踊ってくれる蘭陵王の素晴らしさ!!
よく 広島のポスターに出ているそのままでした。

お寺の境内でランチを食べたり、鳥居まで歩いて行ったり、
帰りはトムさんが行きたいと思っていた平和公園でゆっくりできたし、
日帰りでしたが有意義な一日でした。



 

奈良のトムさん

f2da85a5.jpg
昨日奈良でMUNAY-KIムナイキがあってトムさんが来ました。

私の個人的なお友達やレイキ関係の友人など
いろんな方面の方が集まり、大阪とは違ったユニークさがありました。
奈良は1,2儀式だけで お試しムナイキ的でした。
でも 実際体験してみると みんな 
是非全部やってみたいって気になったみたいです。

人数が少ない分 時間的余裕もあって
通常のMUNAY-KIの話だけでなく
チャクラやクリスタルの説明も入れてくれたので
みんなにとって より 面白かったと思います。

トムさんが それぞれのセミナーで集まった人たちは
偶然集まったのではなくちゃんと意味があるって
なので 今回 なぜこのメンバーだったのか
メンバーの一人のタロットのAKIさんにあとで占ってくれる?
って頼みました。
すると タロットのAKIさんが実はビジョンを見たんだって教えてくれました!!

なんでも MUNAY-KIをする部屋に入った時に
男の人と狼が見えたそうです。
彼らがその空間を守り、また 今回のメンバーを集めたように感じるって。

そして いろんな色の種のようなものが見えて、
それがそれぞれの場所に散るのが見えたそうです。

つまり、今回のメンバーがいろんなところに種として散って 
それぞれの分野でMUNAY-KIの花を咲かすということみたいです。

おもしろいですね。

今日はトムさんの休日でした。

茶道が見たいって言ってたので 奈良にある友明堂さんという
骨董屋さんでお手前を見せていただきました。

昔 観光センターで案内をしていた時 
よく 外国の方におすすめしていました。

お店の横に正座しなくてもいいお茶室を作っていて
そこに ちゃんと 茶釜があって お茶を立てながら
説明もしてくださいます。

1000円でこれを体験できるのは とってもリーズナブルです。
おいしいお菓子もついていたし、 抹茶のお味もGOOD!
ご主人のお手前はさすがに とてもきれいなしぐさでした。

大仏さん、興福寺の塔、四月堂、二月堂と
奈良を堪能してもらいました。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ