mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2010年09月

シャスタへの旅(つづき)

P1000812今週末からオランダ、フィンランドへ旅に出ます。
その前にシャスタでの写真の続きをアップします。
B&B Dream Inn の ガゼボ。 ここで朝食をいただきました。

P1000804
アンティックがいたるところに飾られています。
P1000824トムさんやY&Yの岡本さんたちが泊っていたShasuta mount Inn。
ジャグジーやマッサージのお部屋もあります。
庭やテラスからシャスタ山が見えるとってもすてき所。
ここで岡本ゆうこさんのレムリア神殿のワークショップや
トムさんのロータスハートをしました。P1000838

庭に出ていると空がとっても神々しくなってきて、
みんな写真を夢中で撮りました。P1010003P1010009

メディスンレイクからハートレイクへトレッキング。
日差しはきついし、急な登りにみんなへたばり気味。P1010014
P1010017

40分も歩いてようやく念願のハートレイクへ。
「選ばれた人だけがたどり着ける」という神秘的な湖。
雪渓でそりをしている人もいました。
水はとっても冷たかったけど、思い切って泳ぎました。
まさしく「みそぎ」のようで とっても気持ちよかったです。
ここで泳いでから びっくりするぐらい元気になって
帰りは軽々歩いて下りました。

P1010020

ハートレイクから見えるキャッスルレイクとブラックビュートとシャスタ山

P1010025
アフリカの楽器をかなでる青年。
ハープのようなきれいな音色でした。
P1010028

P1010040

マクラウドの滝
ここは水がとっても冷たくてとても泳げませんでした。
ガイドの晴子さんとかアメリカ人は泳いでいるだからすごい!!
滝の上からジャンプをしている人も何人か。
P1010041
P1010057
P1010070

レムリア神殿があったといわれているブラックビュート。

P1010084

さよならパーティのごちそう。
野菜が新鮮なのでとってもおいしかったです。
セミナー中もランチを作っていただきました。
Y&Yのスタッフの方々 ありがとうございました!
岡本さん三浦さんそしてトムさん 
素敵なセミナーを開催してくださってありがとうございました!

もうずいぶん前のような気がします。
シャスタのハートレイクでハイになってから
この夏ずっとそんな状態が続いて無理に無理を重ねました。
忙しさも半端じゃなかったので
さすがに先週あたりから夏の疲れ。。

このままではオランダ旅行でダウンしそうでした。
今週するはずだった平日交流会はお葬式でキャンセルしてもらったし、
セッションも延期してもらったので なんとか体調が整えられそうです。

ようやくシャスタの写真もアップ完了です。



コントラバス

e943ecae.jpg

先週夫の友人でコントラバス奏者の奥田一夫さんが
朝日カルチャーセンターでレクチャーコンサートをされました。
彼は大阪センチュリー交響楽団の首席奏者です。
一緒に写っているのは江戸時代にイタリアで造られた名器で
何億もするそうですよ。
コントラバスの中ではきっと世界一でしょう。

大阪の上野製薬の社長さんが音楽の愛好家で
いくつもの世界的名器を購入され、音楽家に無償で貸与されています。
先日新聞にその記事が載っていました。
その社長さんが最近亡くなられたそうですが
会社として貸与は続けるそうです。

コントラバスというのは地味だけど、
オーケストラになくてはならない音です。
楽器も大きし、弦も太いので体力勝負だそうです。
ベース音なのでずっと同じフレーズをフォルテが5つもついた大きな音で
引き続けていなければならないこともあるとか。

飛行機では機内持ち込みできない場合も多くて大変。
音楽家の裏話や、苦労話などいろんなエピソードをまじえながら
超絶技巧のコントラバス独奏を何曲か弾いてくれました。
目の前で見ることができてすごく面白かったです。

また 最後には音楽家でもある奥様が朗読をされて 
奥田さんがコントラバスを弾かれました。
音楽がバックミュージックではなく、
朗読と対等に合わさっていて
とてもおもしろかったです。

話はオーケストラの中の「小さい音」が
迷子になっちゃってみんなで探しに行くって話でした。

これからはもっとコントラバスの音に耳を傾けよう!
そんなことを思っていた矢先

あろうことか 今朝奥田さんが事故でお亡くなりになったという
メールが入りました。
彼はマウンテンバイクが趣味の方で
山で転倒して首の骨を折られたそうです。

つい3日前にお元気で演奏されていたのに。。
センチュリーの奥田さんの演奏を聴きに行こうと思っていたのに
とてもショックです。
ご冥福を祈りたいと思います。

タンゴ

755c7d9b.jpg

8月30日にタンゴのライブに行ってきました。
音登夢の木村夫妻がアストロリコというタンゴの楽団に入っていて
以前から生のタンゴを聴きたいと思っていました。
ひょんなことから芦屋の甘辛処「すずき」というお店で
直子さんが出演するのがわかり友人と行ってきました。

アストロリコのレディースチームタンゴ・アルコイリス。
バイオリン二人、ビオラ(直子さん)、ピアノ、バンドネオン、コントラバス。

それほど大きくない場所にこれだけの演奏者と30人以上のお客さん。
超満員でした。
ぎりぎりに行ったので楽器のすぐ横の席でした。
指使い、息遣いまでわかるぐらい。

お客さんは70歳から80歳ぐらいの年配の方が多かったです。
みなさん若い時ダンスホールでタンゴを踊っていらっしゃったかもね。

有名なリベルタンゴから始まって17曲!!
バンドネオン(アコーディオ)の音色がとっても好きです。
バイオリンやビオラも迫力があるし。

タンゴのライブを知ったのも実は偶然なんです。

夫の会社の人がすずきの娘さんと同級生で
おもしろい店があるから一緒に行きましょうと誘われたそうです。
昼は甘党の店で夜にはジャズピアノのライブとかあり、
いろんな楽器が置いてあってお客さんも演奏できるとか。

たまたますずきのホームページを見ると
直子さんの名前を見つけてびっくり!
偶然が重なり、ライブの後 直子さんといろいろお話して
夜までひっぱってしまいました。
みんなで近くの中華でお腹を満たし、いざ 夜のすずきへ。

丁度 ジャズの弾き語りの方が演奏されていて、
夫はウッドベースを一緒に弾かせてもらって上機嫌でした。

好きなジャズのスタンダードがいっぱい流れたので
私も思わず一曲歌ってしまいました。

昔はジャズがとっても好きだったのでジャズのスタンダードを聴くと
血が騒ぐ!!
ゴスペルもいいけど やっぱいジャズもいいよなぁ。
また 習いたいなぁなんて思います。

いやいや タブラッカ(ベリーダンスの太鼓)も習いたいし、
やりたいことがいっぱいです。
 
ま 歌ったり踊ったりが好きなんですね。

音登夢 ホームページ
http://ototom.com/


すずき ホームページ
 http://www.ashiya-people.com/shops/amakaradokoro/


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ