mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2010年12月

クリスマス会

383fb523.jpg

25日にムナイキ練習会とクリスマス会をしました。
早いもので今年で3回目です。

ムナイキを受けたばっかりのJUNちゃんと
ムナイキ初めてのJUNちゃんの旦那様HIDEちゃんが急きょ参加。

クリスマス会の内容が盛りだくさんだったので
練習会は短めにと思っていたけど
初参加者2名だったのでいつものようにしっかりやりました。
もうずいぶん手順は慣れてきたので
最初からかなり強いエネルギーで部屋中満たされました。

JUNちゃん夫婦はムナイキだけで帰る予定でしたが、
HIDEちゃんが1コインでタロットカードをしてくれるというので
一人づつ、別室でリーディングしてもらうことになりました。

HIDEちゃんはアメリカインディアン風の髪型と風貌で
感じもいいし、イケメン占い師として人気が出そう。
とっても丁寧に時間をかけて占ってくれました。

私は来年イギリスのグラストンベリーへ
トムさんの友人たちが催すワークショップに行こうかどうか迷っていますが
「強い意志」「遠くへの旅」等
どう考えても行きますよというカードが出ました。

その他の人たちはお楽しみダンスタイム!

みんな色とりどりのベリーのヒップスカーフをつけて、
チナミッチェルさんセレクトの音楽に合わせて踊りました。
SAYURIちゃんがフレームドラムを叩いてくれて、
私は中南米のボンボという太鼓を叩いたり、
チンシャというベルを鳴らしたりして盛り上げ。

5リズムのダンスもやってみました。
(フローイング Flowing )  流れるようなゆったりとした動き、 (陰、女性性)

(スタッカート Staccato)   ビートの利いた、はっきりとした、力強い動き(陽、男性性)

(カオス Chaos) 体の滞ったエネルギー、古い余分なエネルギーを思いっきり体全体を揺さぶり体のコントロールをはずし解放する。(女性性、男性性、陰陽の統合)

(リリカル Lyrical) 体全体が軽くなり自由にまるで子どものように踊る

(スティルネスStillness) 動きが内に入り、ダンスの中で深い自分自身と結びつく。

以上の動きに合った音楽を
アキーラサンライズ君、WULANG,岡野弘幹天空オーケストラ
などなど いろんなCDからセレクト。
風邪ひき引きこもりのおかげでセレクトする時間もたっぷりありました。
 
なかなか楽しかったです。

そして チナミッチェルさんによるクリスマスリチュアル。
蝋燭をいっぱい灯して 天使のカードをいっぱい並べて誘導瞑想。
いつもながら とっても深い瞑想に入れます。
私はHealthy Lifestayle というぴったりのカードをひきました。

そして クリスマスディナーといっても
とっても和風のベジタリアンメニューを作りました。

今までは野菜カレーとサラダだったのですが
今年は時間がたっぷりあったのでゆっくり準備できました。

大根、小芋、こんにゃく、がんもの煮物、
かぼちゃほうとう、ヒジキと野菜のサラダ、
トマト、きゅうり、カッテージチーズのサラダ
玄米、五穀米。
シュトーレン、果物、アイスのデザート

今年は8名というかつてないにぎわいで
とっても楽しかったです。

少人数はまったり、のんびり、
大人数ではにぎやかにわいわいと
どちらも良さがあります。

来年も楽しいクリスマス会ができればいいですね。

THE FAITH

bc2efe5b.jpg
23日に、京橋のコムズガーデンのクリスマスイベントに出たゴスペルクワイヤーTHE FAITH を見に行きました。

THE FAITH は EverlastingJoy の 四十万さんと、片山りつこさんが
教えているマスクワイヤーです。
お二人にはゴスペル塾の時に教えてもらっていたのでおなじみ。
半年前からCSのかよっぺとくみっちと一緒に
FAITHの心斎橋教室に通っていました。

9月のライブは旅行で出られなかったし、
12月のルーテル教会であったライブは
風邪で出られませんでした。

長年歌っていて 喉がほぼアレルギー状態
すぐに炎症を起こすようになっていて、
この半年で2回もなったので
泣く泣くFAITHを続けるのを断念しました。

四十万さんたちの教え方はとっても上手だし、
心斎橋教室にはCSやグラッドリーで一緒に歌っていた
さよさんやROSYもいて 練習もとっても楽しかったです。

ほんとに残念です。

でも 23日のイベントに行けたので練習していた曲も聴けたし、
かよっぺのかっこいいソロも聴けたし、みんなにも会えたし、
四十万さんにもあいさつできたし、
よかったです。
四十万さんから「また歌いたくなったら 戻ってきたらいいよ」って
言われてうれしかったです。

この日のFAITHの歌 よかったですよ。
イベントだと 音響が悪い時もあるけど
ここは音も良くて、ムードもあって 楽しませてもらいました。

いいクリスマスでした。

音登夢コンサート

f8508fd0.jpg

大阪のエフエーサロンであった音登夢のコンサートに行ってきました。
音登夢はヴァイオリン木村直子さんとチェロ木村政雄さんの夫婦デュオを
中心にした音楽企画集団です。
今回はイケメンの息子二人も入ったファミリーコンサート。

音登夢の名前は二人の息子 音夢くんと登夢くんにちなんで
俳優の常田富士男さんが命名されたそうです。

音夢くんは大阪音大のジャズ科を今年卒業して
今はジャズピアニストとして、またお友達のちーこちゃんと組んで
「ちーこーと」というデュオとしても活動中。
曲は二人のオリジナルでなかなかいい歌を歌っていますよ。

この日のコンサートは木村夫妻によるジャズ風アレンジの
「My Favorite Things」や「小象の行進」から始まりました。
音夢くんに刺激されたとかで 最近はジャズ風に凝っているそうです。
政雄さんはすでに500曲ぐらい編曲しているとか。
膨大な数のレパートリー!!
クラシックからタンゴ、歌謡曲、ジャズ、ポピュラーまでほんとに多彩。

坂本冬美の「また君に恋してる」
これまた 琴線に触れるバイオリン!! 
日本人だなぁと感じました。

朝の連続ドラマの主題歌「ひまわり」
これは葉加瀬太郎の曲でとってもいい曲。

おなじみのアメージンググレイス。

音登くんはジャズピアノを1曲と「ハレルヤ」というオリジナルの曲を
歌ってくれました。
ジャズもかっこいいんだけど、
いい声しているから 歌もいいんですよね。
「明日晴れるや~♪」というフレーズが耳に残っています。

そして 木村夫妻と音登くんによる「オーホーリーナイト」
この曲は何年か前CSで歌ってとっても苦労した曲。
クリスマスによく聞こえてくる曲です。

ピアソラの「ブエノスアイレスの冬」
木村夫妻はアストロリコ タンゴ オルケスタというタンゴオーケストラにも入っているので タンゴはオハコ。
タンゴらしい暗めの曲調から春を表す明るい曲調で終わる
迫力満点の曲でした。
直ちゃんの迫力のあるヴァイオリンはタンゴにぴったり。

弟の登夢くんは「菖蒲浴衣」というしぶい三味線を聴かせてくれました。

そして全員で「情熱大陸」
三味線入りの「情熱大陸」なんてなかなか聴けないよ。
それぞれのソロがとってもかっこよかったです。

最後はみんなで「きよしこの夜」を歌いました。
登夢くんはカウンターテナーばりの高音が出るので
マイクからちらっとその美声が聞こえてきました。

ここで告知を
2月11日の祝日にマハヴィアで木村夫妻のコンサートを開きます。
14時からで 飲み物お菓子付きで2500円。
定員15~20名なので早めにお申し込みを。

音登夢は山口百恵ちゃんの曲を集めたCDと
映画音楽を集めたCDを今年リリース。
聴けば聴くほど味の出るCDです。

2月に演奏してほしい曲があったらリクエストしてって言われていますが
演奏してほしい曲がいっぱいありすぎて困っています。




風邪その2

10日ほど前に薬を飲まずに風邪が治った話を書いたのですが
その後日談。

その翌日 大丈夫だと思って 星☆タネさんのところであった
「ケルティックナイト」にいったのが間違いでした。
まだ ちゃんと治っていないときに無理したので
その夜 またまた 喉が腫れて 熱が出ました。
その時の喉の痛みはまるで針に突き刺されてようでした。

案の定、翌朝起きると声がまったく出なくなりました。
熱が下がるのに2日ぐらい、
腫れが引くのに3日ぐらいかかりました。

これも毒だし浄化と思って薬は飲まずに
枇杷温灸をしたり、ストーンを貼ったり。
腫れが引くとひどい咳が出てきました。
咳が出ると一番の峠は越したって感じ。

今度は気長に治しましょうと思っていると
突然 朝目覚めると 左足首が腫れて歩くのも困難に。
内側のくるぶしの上あたりが膨れていました。
菌が入ったような腫れ方ではないので
枇杷温灸をすると、その腫れはあっという間に半分に。

一応菌が入っていると困るので近くの整形外科まで
足を引きずりながら行きました。
先生は菌が入っている感じの腫れ方でもないけど、
よくわからないので一応足を湿布してください。
もし、足がもっと赤く腫れてきたら もう一度来なさい
別の抗菌薬を出しますと言われました。

たぶん 朝の腫れがそのまま残っていたら 
もう少しわかりやすかったかも。
なにぶん 声がほとんど出ないのであまり説明もできず、
言われるままに山のような薬を処方されました。

10日分の湿布薬と消炎ジェル。
風邪用に5日分の抗菌剤、胃薬、総合感冒薬、
咳止めシロップ、炎症止め入りうがい薬。

一応 菌が入っていると困るので
抗菌薬と胃薬を飲みましたが、
飲んでもあまり変わらないし、
赤く腫れてもないので
1日でやめました。

喉の風邪のときに抗菌薬を飲むと
私の場合、咳が気管の方へどんどん入っていって
完治により時間がかかります。
それに咳は必要があって出ているしね。

でも1日薬を飲んだだけで、胃は重くなるし、
喉は変に渇くしで
やっぱり 薬は体に良くないと実感。

症状を枇杷温灸の安東先生にメールしたところ
血流の悪さからくる浮腫みでしょうということでした。

確かにそれなら 温灸一回でへんな腫れは引いたのがよくわかります。
ぶよっとしていて いかにも中に水が溜まっている感じでした。

その日の夜には足の色もいつもとちがって
両足とも少しどす黒くなっていました。

喉の炎症で極端に喉が渇いていたので
水分をたくさんとっていたし、
果物や、生野菜も結構食べていました。

その割に座っている時間や寝ている時間が長かったので
体の中の代謝が極端に悪くなっていたのでしょう。
いわゆる「水毒」状態?

もともと 骨折以来 足の血流が非常に悪くなっていました。

それにしても たった1週間で! 
しかも ずっと寝ていたわけでもないのに。。

すごいショックでした。

今回のことで
楽しみにしていたゴスペルライブにも出られなかったし、
その他 キャンセル続出でした。
特にイベント、仕事、盛りだくさんの時期だったので。
たくさんの人に迷惑をおかけしたし。。

体調管理のまずさで多くの人にご迷惑をおかけしたことを
この場を借りてお詫びします。

9月に夏の疲れが出て リューマチ疑惑が出たとき
反省して過密スケジュールにならないように
気をつけてきたつもりだったのですが
喉元すぎればで。
先月あたりからやばいって自覚はあったのですが。

今回は徹底的にやられたって感じ。
大浄化大会。

生活の徹底した仕分けが必要なのでしょう。

もう一つ今回発見したのは
1週間以上玄米、野菜、果物を基本に食べていて、
お菓子も食べていなかったのですが
体重は3キロ落ちて、体脂肪率は1%上がりました。
また基礎代謝はすごーく下がっていました。

果物の果糖はあるでしょうが
一日リンゴ半分、みかん2個ぐらいなのでそれほど。。

脂肪、動物性たんぱく、お菓子、ビールを減らせば
体脂肪率は落ちると思っていたのですが
そうではなかったです。

もちろん 運動量が減って筋肉が落ちたのも大きな原因でしょうが。
それにしても。

ここでまた 考えさせられました。

食べ物を減らすより 体の機能を上げる方が今の私の場合大事かも。
そういえば 以前リーディングで
「食べ物、運動に気を使っているのでそれは問題ではないですが
日々の疲労からくる老廃物の処理が追いついていません」
と言われました。

ここ2年ぐらい 冷やす食べ物を控えたり、気功や骨体操したり、
半身浴したり、枇杷温灸したり、ひまし油湿布したり、
湯たんぽ使ったりしても
低体温、血流の悪さは改善できませんでした。

結局 せっかく 上から水を入れても 下の栓がはずれていたら
水は溜まりません。

私の場合 それが 過密スケジュールによる疲労の蓄積でしょう。

何かをするのではなく、何かをしないことに
シフトを変える必要があるようです。

それこそ 断捨離?

常に交感神経過多状態になっているのでしょう。
もちろん その自覚は前々からありましたし、
長年の課題ではあります。

なんども同じ間違いをして
反省して また 繰り返す。
その度に体からの警告は大きくなってきます。

きっとこれを学ぶために今回生まれてきたのでしょう。

誰にでも学ぶべきパターンはあるのでしょうが
それをいかに気づいて 改善していくか。

来年はどこまで改善できるでしょうか?

毎年年賀状に今年こそゆったりとした日々を送りますって
書いているような。
大体 12月に病気になるパターンが多いのですが
来年はキャンセルするする必要のない生活を
送ります!!

ま 今年はトムさんのセミナーをするという
大イベントがあったので
それが無事成功したのでよしとしましょう。
それも中ごろ一度喉の炎症を起こし、
かなり 綱渡り状態でした。

これで5月、9月、12月と3回喉の炎症を起こしました。
これはゴスペルクワイヤーを2つ掛け持ちしていた
時以来の記録です。

ほんとやぱいです。


風邪

久しぶりに風邪を引きました。
これってデトックスの結果かも??

先週末 星☆タネさんのところでムナイキ交流会があって
その時 ローフードについての話で盛り上がりました。
ローフードとは生のものを食べる食事をすることです。
先生の指導のもとに3週間ローフードをした人いわく、
体力が低下して、階段を登るのもしんどかったのに、
ローフードにしてから元気になるし、お肌はきれいになるし
しみは薄くなるはでとってもとってもいいって。
確かに彼女は以前より元気且つきれいになっていたので
みんな納得でした。

なぜローフードがいいかというと、
生の野菜、果物には酵素があるからだそうです。
あとはビタミンや、その他よい栄養素が摂取できるとか。

私はあまり、肉食、お菓子を食べないのに、
コレステロール値が上がって困っていたので
この際 すこし取り入れてみることにしました。

本格的なローフードはむずかしいので
デトックスとして朝食を果物のジュースにすることと、
ごはんの最初に生野菜のサラダを食べること、
食事の後に果物や甘いものを取らないこと、
なるべく野菜中心の食事にすることから始めました。
すると4日目に発熱とのどの炎症がおきました。

ちょっと過密スケジュールだったのでいつもの警告と
ローフード寄りの食事による好転反応?

薬は飲まず、夕飯も抜きにして水だけ飲んで寝ました。
のどの痛みと乾きで水を飲んではトイレに行くを
2時間おきぐらいに一晩中していました。
朝になるとのどの痛みは少しやわらぎ、熱は下がっていました。

翌日は昼まで何も食べず、
果物のジュースだけ飲んで夕方に野菜と玄米を少し食べました。
薬のかわりにストーンを貼ったり、枇杷温灸をしたり、レイキをしたり。

ストーンをつぼに貼るとさすがにぴりぴり痛い!
ストーンはエネルギー過剰になったものを流す効果があるので
炎症とかにぴったりです。
枇杷温灸は治癒力を高めて、痛みや炎症にも効果があります。
また つぼにレイキを流すと鍼灸と似たような効果があります。

今朝はのどの炎症もほぼなくなりました。
結局治るのに2日もかかりませんでしたね。

疲れたり、風邪をひくと喉が炎症して寝込むというのが
パターンです。
ただ、20代の頃は熱が出ていましたが、
風邪薬や抗生物質を飲んでいたせいか
だんだん熱が出なくなり、
一旦なると痛みは2日ぐらいではとれますが
その後咳がひどくなり、
その咳もどんどん気管支や奥に入っていく感じでした。
ひどい時は治るのに2週間ぐらいかかりました。

昔、子供に英語を教えていたりして、
声を出さないといけないのでなるべく早く治すために
少し痛くなるとすぐに医者に走りました。

その後 ゴスペルをやりだして、またまた喉の酷使が始まり、
年2回ぐらいは耳鼻科通いをしていましたね。

2年前に枇杷温灸はじめて2か月ぐらいしてのどが腫れ、
その時はめずらしく熱が出てあわてて薬を飲んだのですが
1週間ぐらい寝込み、完治に2週間近くかかりました。
その後 半月もたたないうちにまたなったので、
もう薬は飲みたくなかったので飲まずに寝ていました。
痛みがとれるのに若干時間がかかりましたが、
咳はひどくなく結局1週間もたたずに治りました。
薬を飲まない方が治りが早いことにびっくり!

今回は薬を飲まず、2日で治りました。

熱を出すのも、炎症も、邪気を出そうとするデトックス。
がんばってウイルスと戦ってくれてありがとうって感じ。

熱が出るようになったのもありがたいですね。
より早く治るので。

東洋医学でいうと風邪で熱が出るのは
邪が表に表れている段階だそうで、
それが裏に回ると熱が出なくなるそうです。

今ちょうど枇杷温灸の安東先生に東洋医学を習っているので
舌、脈、顔、頭痛などなど 
いろんな症状を本で確かめられたので
そういう意味でも面白かったです。

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ