mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2011年06月

ごちそう音楽会

2992e8cf.jpg
55b6129d.jpg1091fbd1.jpg

中崎町にあるCommon Cafeで 
木村陽子さんのライブがありました。
陽子さんは以前ゴスペルクワイヤー
Everer lasting joyのメンバーでした。
陽子さんはMAMUさんとお友達で
星☆タネさんでのサウンドヒーリングで
お会いしました。

陽子さん、MAMUさん、ちなみちゃんは
一緒にアイリッシュナイトを
時々開催しています。

今回は陽子さんのワンマンライブなので
彼女の歌を堪能できました。
アイリッシュや、沖縄、ポルトガルなどどれも哀愁を帯びたっぽい歌で
私の好きな系統。彼女の声はぴったりでした。

また 彼女は旅が好きで
旅の写真をスライドにして見せてくれました。
今回はシルクロードのウイグル自治区。
人々の顔はアジアっぽものから ヨーロッパ的、アラブ的などいろんな顔が。
特におじいさんたちはみなとっても味があるお顔。
また 子供たちはすごくかわいい!
スカーフかぶった陽子さんはおじさんたちの楽団に入って
しっかり太鼓をたいてしました。
現地になじんで楽しそうな陽子さん。

ネリさんのマクロビオティックごはんもとってもおいしかったです。
お野菜だけで充分ごちそうが作れるんですね。

ローフードのスィーツもGOOD!!
ローフォードは48度(?)以下で作る調理法だそうです。
穀物コーヒーのトリフとかチョコとバナナのムースも美味!

ほっこりする音楽とおいしいごはんといい感じの空間。
楽しいひと時でした。

陽子さんのブログhttp://hasunooto.blog109.fc2.com/


エンジェルインビテーション

8c9aeb03.jpgエンジェルインビテーションに参加しました。
これは天使を迎えて
5日間滞在してもらった後
3人の人に送るというものです。
最初友人からメールで
知らせてもらった時には
乗り気にならなかったのですが
MAMUさんのライブに行った時
MAMUさんがその話をしていて
なぜか心が動き送ってくださいって
頼みました。

手順としては白いキャンドル、
白い花を用意し、
3つの願いと次に送る人の名前と
住所を書いて封筒に入れます。
その上にリンゴを置いて夜中の3時半に窓を開けて
エンジェルをお迎えします。
キャンドルは原則5日間の間ともしておきます。
そして5日後の夜中3時半にまた送りだします。


お願いをすることに対していつもなんか抵抗があるし、
通常こういうことに不信感を持ってしまうのですが
そいういうパターンを変えたいとい思いがあったのかもしれません。

思いが現実化するというのを最近ますます確信となっているし、
守護霊やスピリット、天使など
見えないけどサポートしてくれる存在は信じています。
特にドロレス・キャノンの退行催眠の本を読んでからは
そのような存在だった前世の話がたくさん実例として出てくるので
やっぱりそうなんだって思っています。

トムさんのロータスファイアーを受けてから 
ブッダやキリストのエネルギーを呼び掛けると
それぞれのエネルギーが感じられるようにはなっていました。

でも なぜか あまり呼びかけたり、お願いしたりしなかったです。
なんか 頼るのは良くない的考えがしみついていて。。

サポートする存在としては 私たちの自由意志を尊重するので
頼まれない限り助けられないので
お願いしてほしいという話はよくきくのですが。。

実際にお願いしなくても やりたいって思うことができるとか
出会いたい人会うとか欲しいものが手に入るということは
ここ数年頻繁に起こるようになっています。
たぶん 「なんとなく思っている方が現実化する」
という思いが現実化しているのでしょう。

思いの現実化といえば 霧島のピースギャザリングに行った時
ムナイ・キの伝授に誰も来ないのでは?という恐れが現実化し、
初日はゼロでした。
やっぱり現実化。。。

ただ もう一つ良い方の現実化は
聴きたいと思っていた国府さんのジャズセッションがプログラムの遅れで
私のセッションと同じ時間になってしまいとても残念に思っていたのです。
幸い? 誰も来なかったので彼のステージを存分に堪能できました。

そしてそのおかげでへこんでいた気持ちがどんどん楽しくなり、
そのノリでジャンべグループに入れてもらい、
念願の小型ジャンべを手に入れ、ステキな先生山童さんに出会いました。

山童さんの味のある話とリズムの基礎の手ほどきを、
MDに録音することができました。
また 初心者なのに何回かジャンべのセッションにも
参加させてもらいました。
そこで即興の楽しさを味わいました。

ムナイ・キの方は2日目にMAMUさんの友人で
ステキなふんどしと洋服を作るMAKOちゃんが
友達3人連れてきてくれ、もう一人の方と合計5人に伝授しました。
イベントが終わってからも5人の人に伝授し、
当初の希望10人をクリアー。

先日名古屋のまゆみさんが奈良に来てくれてマッサージ交換をした時
背中と腰の凝りがひどく、生活、考え方のパターンを
変える必要があると指摘されました。
背負いすぎだったり、心配しすぎだったり、
やりすぎだったりなのでもっと余裕を持って
天にお任せした方がいいって。

ALL or Nothing というパターンを抜けだすのが学びみたい。

やりすぎて やりたいことをやめざるをえないというパターン。

エンジェルインビテーションの話に戻すと。。。

2日の早朝3時半に起きて窓を開けました。
別になんにもないのではって思ったとたんに
風がさっと入ってきて突然喜びに満たされました。
なんかに包まれている感じで
ニタニタしながらベッドに戻りました。

翌朝 身体はいつもより軽くなっていました。
天使に意識を向けると身体がふわっとやわらかくなりますし、
楽しい気分になります。

これも思いの現実化なのでしょう。
脳内モルヒネが出ているだけかもしれないけど。。

それはどちらでもいいのです。
ハッピーになれることが重要なのだから。

丁度その日レイキのサードを受けに来てくれた人がいました。
彼女もエンジェルインビテーションを以前にしていて
5日間ずっと楽しかったそうです。
今回天使が来ているときにセミナーを受けれて
ラッキーって言っていました。

翌日のメールで
「12ポジションのヒーリングの時、
天使さんが私の肩を撫でていかれてびっくりしました(笑)」
って書いてありました。

確かに一回目のアチューメントの時 いつもより大きく、
頻繁にピシパシという音がサロンに響きました。
アチューメントが終わるとそれも静まってくるのが不思議。

写真はちっちゃなピンクのオーブが映っています。
これはセミナーが終わってから撮った写真です。
白いオーブは以前クリスマス会の時の写真に写っていましたが、
ピンクは初めてです。

このエンジェルインビテーションは無料でたくさんの人に
天使体験をしてほしいという上の働きかけだと思います。
いろんな形で見えない世界を知らせようとしているのでしょう。

レイキサードのセミナーをしていて 
テキストの「円滑現象」が増えてきますって所を読みながら
ほんとにそうだなぁってつくづく思いました。

クライアントさんにきいたら 彼女もここ数年「円滑現象」が多くなり、
特に思いの現実化が早いって言っていました。

古いパターンを手放して天にお任せしようって思った
翌日に天使がやってくることになっていたなんてホントに早すぎ!

5日間が終わっても もっと 天使やスピリットに意識を向けて
身体の緊張をとり、がんばりすぎるのをやめないとって思います。
そして なんでも楽しんでやることにしようって思います。

ついやり終えることに気をとられ、味わうとか楽しむことが御留守になります。
食べるのも早すぎるし、畑に行っても休まず3時間ぐらい働いてしまいます。
これでは身体に負担になるのは当然。

でもまあ パターンを変えるのはなかなかむずかしい。
いやいや むずかしいと思っているとそれが現実化。
変えられるって思うことにしましょう。
 
それが今生での学びだと思います。
若い時からずっとそのパターンが続いているので。
そしていつの間にかやりたいことが続けられないとか
アレルギー等で食べたいものが食べれないとか、
着たいものが着れないとか
ネガティブなパターンを
自分で呼び寄せているのかもしれません。

できないことはやってこないのだからって
まゆみさんからも言われました。

できるようにサポートしてくださいって
エンジェルに頼むことにしましょう。











 
天使を迎え送り出す手順】
天使が送られて来るまでに、3人の次に天使を送る人を見つけておく。
そして、
1)白いキャンドル
2)白い花、または白い花をつける白い植物をキャンドルの隣に置きます
3)叶えたいお願いを3つ紙に書きます
4)3)の次に、あなたの番のあとに、エンジェルに行ってもらいたい3人の友人たちの名前と住所を紙に書いて下さい。
5)インフォメーションを書いた紙を封筒にいれて、その封筒の上にリンゴを置いてください
そして、
直前の訪問者から午前3時半に送られてくるため、夜中の3時半になる前に起きてキャンドルを焚いて準備をし、3時半になったら窓を開け、天使を呼び入れます乙女座
基本的に、天使と過ごす5日間は常にキャンドルを焚いておきます。
もちろん、外出時や寝るときは危ないので消しておくこと。
戻ってきたら、また火をつけてください。
そして、再びすぐに祝福します。
もしキャンドルが終了したら、新しいものに火をつけてください。
 
 
もし 3人がみつからなかったら 天に返っていただいたらいいそうです
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ