mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2012年04月

ベルティーン祭☆鶴見緑地


 【主催(お申込み&お問い合わせ)】
 ◆ヒーリングサロンMahavia (奈良)◆
  http://www.mahavia.jp
 ◆Star-Seed ☆ 星タネ(大阪) ◆
  http://www.hoshitane.com/*

*参加される方はベルティーンの季節の色である
赤いものを何か身につけてきてください。
例えば 赤い色の入った服、アクセサリー、スカーフ、バッグ、
靴、リボンなど。

音楽ピクニック




FACEBOOK から 写真をコピーさせてもらったので
大きさがいろいろになってしまいました。

MAMUさんはバッハの曲をブズーキで演奏。
ブズーキの繊細な音とバッハとよく合います。
陽子さんは連音ちゃんとしてデビュー??
三線で素敵な沖縄の歌を歌ってくれました。

コムシノワのマダムのりこさんが初めて参加。
彼女はSMSでゴスペルを歌っています。
連音ちゃんもEVERLASTINGJOYでゴスペルを歌っていたので
私も入れて三人で' I am available to you' を歌って盛り上がりました。
のりこさんはコムシノワのおいしいクッキーを
いっぱい差し入れてくれました。

あさよちゃんはアイリッシュハープを雨なのに持参。
素敵な音にみんな癒されました。
連音ちゃんの歌とMAMUさんのブズーキ、あさよちゃんのハープによる
サリーガーデンはとっても心に響きました。

雨でしたが、平城宮跡へ行き屋根付きの壁の下で
輪になってチャクラに声を出した後、自由にメロディを歌いました。
いつもながら とっても気持ちいいハーモニーでしたね。

サロンに帰ってみんな打楽器を持って思いっきり楽しみました。
MAMUさんの絶妙な先導でとってもいい感じで盛り上がり、
ご近所さんにはちょっと迷惑になったかも。。。

そうそう 近くのパンやさんパネトーネの生タイ焼きを
あさよちゃんが差し入れてくれました。
初めて食べたのですが皮がもちもちしていて、
中のアンコもおいしいのでおすすめです。
大仏アンパンで有名ですが、タイ焼きもなかなかの美味。
ここのミニアンドーナッツや、具だくさんサンドウィッチは同じくGOODです。

演奏を聴いて、食べて、しゃべって、歌って、楽器を叩いて、
盛りだくさんで濃厚な7時間でした。

今回キャンセルが多くてこじんまりしましたが、
その分 それぞれがじっくりと交流できました。
また 雨だったので平城宮跡に人がいなくて
雨の音、鳥の声など 静かな中でワークができたのもよかったのかも。
ただ、踊ったりができなかったのは残念でしたが。

人がたくさんならたくさんなり、少なければ少ないなり、
雨でも晴れでも それぞれに良さあります。





ゼアクタール人だった過去世

Sさんの過去世は太陽からのフリーエネルギーを研究していた学者で
成功したのですがつかまってしまい、研究は日の目を見ませんでした。

別の人生ではゼアクタールという星の住人で地球などの
星をモニターする仕事をしていました。
大きなプロジェクトの一員で仕事の意味は知らせれていませんでした。
その後ゼアクタールの星は核戦争で爆発してしまったそうです。
ごく一部は逃げだせたけど、彼女も他の人たちと共に死んだそうです。

最初の過去世のメッセージ
使っていないエネルギーはまだたくさんある。
いつの時代にも世の中をコントロールしようとするものが現れる。
これからの現実は厳しくなる。
意識が目覚めていると思ってもそうでない場合がある。
ヒントは日々の出来事の中にある。
また、肉体を持って生きるということは心が目覚めているだけではだめで、
食べ物や体へのケアも大切。

2番目のメッセージはもっと現実に目を向けなければならないということ。
モニターを通して見ていてもわからないし、組織の一人でもわからない。
安住することは簡単で居心地がいい。しかしもっとリアルに。

質問の中でなかなか深い答えだと思ったものをピックアップします。

Q 様々なものの周波数を掴めるように
  自分の感覚を高めていくために必要なことは?
A そういう力を欲しいと思えば思うほどクリアでなくなる。
  クリアにしておかないとコントロールされる。
  クリアさは楽しさ。誰かのためではなくて、心から楽しむ時つながる。
Q 自分らしく生きているサインはあるか?
A 自分の感覚。 パズルのピースがはまっていく感覚。
Q 子供の時にオレンジ色の不思議な光を見たがなんだったか?
A 乗り物。 それを見たいと思っていたから呼ばれてきた。
  昔 地球外に生きていたエネルギーを持つものは
  他の星のものからもよくわかる。
  彼女はいつもゼアクタールに帰りたいと思っている。
Q キーンという耳鳴りのような音が時々するがなぜか?
A 音には種類がある。意識を合わせる必要がある音とそうでない音がある。
  どこにチューニングするかでつながる集合意識が違う。
Q 背中の肩甲骨あたりの重み。 わさわさした感じは何?
A はばたくことをやめさせるため。
  体を重く感じさせて目覚めさせないようにするエネルギー体が
  あちこちに飛んでいて、それがひっかかった。
  それがひっかかったからわさわさする。
  ハートが開かなくなる。気づいていないうちに隙をみて入ってくる。
  常に目覚めておく必要があるが、しかし、いつもはできない。
Q それが入ってこないようにするにはどうすればいい?
A 気づく。 
Q どうすれば追い出せる?
A 音の力を借りる。
Q この方のここでの目的はなんでしょうか? その道を進んでいますか?
A 普通の生活をしながら、その感覚を忘れないで。
  普通の感覚というのはこの世の中のしくみを知らずに生きている感覚。
  その感覚を共有しながら、目覚めた側の意識の中で生きる。
  普通の世界の中で生きる人も知らないだけ。知りたい人との接点を作る。
Q 最後のメッセージは?
A モデルを作ってそこに到達することが成功ではない。
  オリジナルはモデルを作ったとたんに崩れる。

最後のメッセージはなかなか深いなあと思います。
とかく私たちはお手本になるものを求めたり、
こうあるべきという形に囚われたします。
でも 一人一人に個性があるのでそれを十分に生かすには
自分の中から出てくるものを大切にする必要があります。
こうあるべきを作ってしまうと自分自身が自由でなくなるだけでなく、
他に対してもとかくネガティブになってしまいます。
私たちの内なるものを大切にするとき、
同じく他の人の内なるものもたとえ
自分とは違っていても大切にできるのではないかと思います。

何かを求めれば求めるほどクリアでなくなるというのも深いですね。
何かを手に入れたいと必死で求める時に限って手に入らなくて
それをあきらめてから手にするという経験を私自身何度もしています。
求めていたことすら忘れるぐらい時が経っていたり。

クリアさは楽しさというのも面白い表現です。
だから 潜在意識はいつも楽しみなさいっていうのかもしれませんね。
何かをほんとに楽しんでする時には、
いいエネルギーを出しているのでしょうね。

音楽ピクニック

49a1a5e1.jpg

明後日22日にうちで2回目の音楽ピクニックを開催します。
音楽家貴瀬修(MSMU)さんと野外で
気楽に音楽を楽しもう!とい
う企画です。
奈良市北部の広々とした「平城京跡」でお昼ご飯を食べ、
のんびりと過ごしながら、自然に出てくるメロディやリズムに
身をまかせて自由に遊んでみましょう!

【日時】4月22日(日)11:00~17:00
【参加費】2000円
【演奏協力】木村陽子(歌、バウロン etc.)
【定員】10名

【集合】11時に「ヒーリングサロン MAHAVIA」
    近鉄奈良駅から徒歩5分。
    参加希望者に詳しい場所をお伝え致します。

【補足】
・ご自分のお弁当持参でお願いします。
・平城宮跡までは車で送迎します。
・雨天の場合は共催の「ヒーリングサロン MAHAVIA」さんで行います。

なんですが どうも日曜は雨みたいで。。。
実は前回秋にした時も雨でうちでシャッターを閉めて楽器を鳴らしたり、
MAMUさんと陽子さんに演奏していただいたりしました。
そして 夕方に雨が上がったので平城宮跡に行って
みんなで輪になってハーモニーを作ったり、楽器を鳴らしたり、
踊ったりしました。
今回ももしかしたら 雨が上がって平城宮跡に行けるのではないかと
期待しています。
雨上がりは空気が澄んでいるし、人もあまりいないのでいい感じでした。
写真にあるようにいろんな鳴りものの入ったトランクを
MAMUさんは持ってきてくれます。
ホースみたいなものでぐるぐる回して音を鳴らしているMAMUさんです。

若干席が残っているのでご希望の方は
MAHAVIA までーー>http://www.mahavia.jp/

プロテクション

プロテクションに関する面白い話を聞きました。

Uさんは最近サイキックアタックを受けたそうです。
首の後ろ、左側の首、耳、肩、腰、足の指など
いろんな部分に痛みがきたそうです。
その時によって来る部分もちがうし、鋭い痛みではなく、
全体に重いって感じもあったそうです。

家にいる時にはセージを燻したり、オーラソーマのスプレーをかけたり、
音叉を使ったり、クリスタルを使ったりしたそうですが、
ずっと持続はしません。それに外出先では道具が使えませんでした。
そこで電車の中とかでは ソースに繋がるイメージをして光が中に入ってくるようにし、
ブッダのエネルギーを呼んでエネルギーを体全体にかけてもらい、
ハートに意識を持っていきました。
するとだんだん 喜びがわいてきて痛みが消えていったそうです。 
ずっと続くわけではないので新たに来たらまたするといった具合。
でも そうするとそれほど気にならなくなったそうです。

以前 同じようなアタックがあった時には 
鏡を立てるイメージをして守ったそうです。
でも それだと、反射して相手を攻撃している感じで
相手を意識してしまいます。
光に繋がり愛の状態になると、
相手に反撃するのではなく、光を送ることになります。

Uさんにはアタックを受ける心あたりがあったそうです。
自分の不用意なことばによって相手を傷つけてその結果受けているようで、
カルマが帰って来たってことのようです。
でも 今回のアタックのおかげで 自分が光に繋がることや
愛とか喜びの状態になることこそプロテクションなのだとわかったので 
とてもいい勉強になったと言っていました。
そして これからは これに懲りてどんな理由があっても
人を傷つけることは言わないことにしようって思ったそうです。

アタックというのは意図的にするというより、
怒りがエネルギーになって相手に届くというか
いわゆる念を飛ばすっていうことなのでしょう。
それは無意識の場合が多いかと思います。
エネルギーの強い人やサイキックの人は
それが相手に届きやすいのでしょう。

もちろんアタック自体 Uさんの心が作りだした幻かもしれませんが。。

攻撃は最大の防御なりではなく、愛と光が最大の防御だということを
教えてもらいました。

愛のエネルギーを遠隔で送れるということは
憎しみのエネルギーも送れて当然だと思います。

そんなことを考えると感情が豊かな人に遠隔を教えるのは
危険かもしれないって思ってしまいます。

そういえば 20年以上前にマレーシアの人と友達になった時、
マレーシアでは仏教のお坊さんは黒魔術を使うけど、
日本のお坊さんはそんなことをしないからいいって聞いて
びっくりしたのを覚えています。

マレーシアはイスラム教ですがだれかを呪ってほしい時には
黒魔術を使うお坊さんの所へ写真を持っていくそうです。
時に政治家や有名人でそういう変死があるって言っていました。
ほんとにそうかどうかわからないけど、
人々はそれを信じているのは事実みたいでした。
もちろん20年近く前の話なので
今ではそういうことはないのかもしれません。





記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ