mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2012年07月

長屋和哉さんのコンサートと音楽ワークショップ

fc69e5ab.jpg

映画「地球交響楽第七番」のオープニング曲を
演奏された長屋和哉さんの焚火コンサートが
八ヶ岳のペンションでありました。
残念ながら雷雨注意報が出ていたので
ペンションのホールの中で演奏されました。
シンギングボールや石の鐘、ドラ、ハンマーダルシマー、など色々な
楽器を使ったとても幻想的でまったりした時間でした。

演奏の後のお話しはカラマツの林の中で焚火を囲んでお聞きしました。
八ヶ岳の辺りは一時期縄文文化がとても栄えた場所です。
井戸尻考古館の学芸員の方もお招きして
縄文文化や神話について語ってくださいました。
長屋さんの深みのある声でまったりと話される語りは
焚火にぴったりでした。
縄文人が八ヶ岳で長い間暮らしていたのに
突然いなくなってそれから平安時代まで
誰も八ヶ岳周辺には住んでいなかったそうです。
森と動物たちの天国だったのでしょうね。

翌日は音楽ワークショップでした。
参加者全員シンギングボールやおりんを持って
長屋さんは大きなお寺の鐘をこすって低い音を出し、
私たちは好きに鐘を鳴らしていきます。
最初鳴らした時と、そのあと
他の人の音を聞きながらとか、外の音も聞きながらとか
言われるたびにみんなの演奏が変わっていき、
最後はとっても素敵なセッションになりました。

普段いろいろな音にさらされていて、耳はふさぐことができないので
自然に聴かないようになってきているということでした。
人の音を聴くということは心を開くということと
つながるとおっしゃいましたが、
ほんとにそうだと思いましたね。

MAMUさんとしている音楽ピクニックのハーモニーを作ったり、
太鼓やシンギングボールを演奏することと
同じものを長屋さんも目指しているって感じました。

ブロックする潜在意識

先だって書いた潜在意識が出てくるのをブロックする潜在意識と
少し似ているセッションがありました。

Mさんは導入のイメージはすぐに出たので
過去世も大丈夫だろうと思っていましたが、
雲の上に乗って過去世に行ってもらおうとすると、
雲が真綿のように締め付けて、胸がとても痛くなりました。
その後 別の方法も試しましたが、同じように胸が痛くなり、
仕方がないので過去世は諦めて
潜在意識を呼び出すことにしました。

そして潜在意識に質問をするとまたまた胸が痛くなります。
ヒプノで胸の痛みは消えますと誘導してもぜんぜん効果がなく、
もうやめましょうか?と尋ねると
大丈夫ですと言われるので続けました。
どの質問も胸が痛くなるだけで、答えが出なかったのですが
ある質問をすると初めて答えが出ました。

Mさんは過去に予定日の一週間前に女の子を死産されています。
その女の子がもうこの世に転生してきているかという質問をすると
胸を指差して、「ここにいる」って答えました。
なんとその死産した娘さんはMさんの守護霊的なものとなって
ずっと彼女と一緒だったのですね。
後でMさんがおっしゃるにはその女の子は3歳ぐらいのしゃべり方で
天使って感じだったそうです。

潜在意識として出てきてくれたので
他にもいくつ質問しましたが、答えてくれたのもあるけど、
「わかんないっ」って感じで答えてくれなかったのもあります。
そして しばらくやりとりをした後 じゃあって感じで突然帰ってしまいました。

とにかく 彼女がMさんと一緒にいるというのを知らせるのが
目的だったようです。
Mさんがうちにいらっしゃったのはいろんな偶然が重なった結果でした。
その偶然に見えることを起こしたのは潜在意識ですね。

Mさんの息子さんはとてもマイワールドを持っている人で
理解できないところがあるし、どう接すればいいのかという質問をすると
息子さんは今回地球初めてで宇宙の星からやってきたって。
彼が小さい時から宇宙や星が好きだったのも納得です。
いわゆるインディゴやクリスタルチャイルドの仲間なのでしょう。
アドバイスは彼をそのまま受け入れるという
Mさんにとって楽ではないアドバイスのようでした。

Mさんも今回初めてでないみたいですが、
別の星から来た人だそうです。

死んだ人が生きている人について守護しているという話は
昔から聞きますが、ほんとなんだなぁってつくづく思いましたね。

セッション中での肉体の痛みは単なるヒプノへの心理的抵抗ではなく
意味があるものもあるということを教えられました。
もし 娘さんの質問まで行かずに途中でやめていたら、
真相がわからなかったですね。
あまりに痛そうだったので中止しようか迷いましたが、
やめなくてよかったです。

********************

マハヴィアのホームページ
http://www.mahavia.jp/

新しくヒプノ、ムナイキ、枇杷温灸のページを作りました。

お申し込み
info@mahavia.jp



潜在意識が出てくるのをブロックする存在

先日来られたOさんは宇宙の過去世は見えましたが
潜在意識はブロックされて答えてもらえませんでした。
そのブロックの仕方が独特です。

過去世

最初、湖の下の方にいて水を通して山とか見えるけど、
動けない感じ。
(後で封印されているような感じだったとおっしゃっていました)
光が見えたり、暗くなったり。

別のシーンに移動してもらう。
夜の雲が見えて、自分は空に浮いている。
足が長く、手が熱いが、身体は見えない。 
空気のような玉が手足にたくさんついている。
その玉によって宙に浮いている。
熱い玉で重くはないし、軽くもない。
回りが暗いので玉に色もわからない。
(Oさんが無意識でする手の動作があって、
それが玉を持った時にしていた動作だと
後日思い出されました。)

暗い中に赤い色が放射状に混ざってきた。
ヒプノに入った時から第三の目や、こめかみを
エネルギーで押されている感じがする。
金色の放射状の光がやってくる。
その金色の光でおでこをやさしく触られている感じがする。
手についていた玉はなくなり。青白い光に包まれる。
青白い光の中から、黄色の星雲がみえたり、
マゼラン星雲のようなものが見えたり。
身体がある状態で宇宙に浮かんでいる。
宇宙はとてもきれい。星雲が見えたり、
ブラックホールが見えて、その中に星が吸い込まれていったり、
出て行ったり。
(Oさんが見た宇宙は後日映画「ハヤブサ」を観たとき
そっくりの光景が出て来たそうです。)

オレンジの光が出てくる。
オレンジの光に押されてまっすぐ飛べない。
渦巻きがあったり、大きなグリーンの星が出てきたり。。

足が熱くなり、足と首が後ろから押されている感じになったり。
足から火が出て、まるでロケットのように早く飛んでいたり。
星がどんどん流れていき、早く飛んでいくのが気持がいい。
回りが黄色と白で中に黒い点が見える。

突然飛んでいるのが止まった。
自分のおでこから何かが出ていて何かをさがしている。
赤い半円のものが彼の上に下りてくる。
自分はその中に入った。
足と手とこめかみがぴりぴりしてきた。

白いモヤが見えてきた。それは白い雪の結晶のような白い花が
全体に広がっていっている。
自分が平たくなりそう。その白いものは壁のようになってきた。
自分が花の中にいる感じ。大きなすずらんの花の中に入っているような感じ。
入っているけど透けているので回り見える。
夕焼けのような空で、いろいろな花が見える。
花の中で寝ている。心地いい。
足と手と頭は感じられる。

尻尾のある生物のような宇宙船が二つ飛んで行った。
その尻尾はエネルギーかもしれない。
更に大きなくじらのお腹みたいな物体の下にいるみたい。
大きくて全貌は見えない。
宇宙船かもしれないそれはOさんの上を通り過ぎて行った。

白い雲みたいなものが浮かんでいる。
いくつものタワーが白い雲に立っている。タワーは丸くて先は細くなっている。

そろそろ過去世は終わりにして潜在意識を呼び出すことにしました。

いろいろ質問しましたが、答えはなく、Oさんはお腹が痛みがひどくなって
トイレに行かれました。

Oさんによると潜在意識を呼びだした時、第六チャクラである第三の目に
二本の指を突っ込まれてぐいっと上に吊りあげられたような感じがし、
別の指で第七チャクラである百会をふたされたような感じがしたそうです。
そして質問が続くと、お腹の両脇をぐいっと押されて
その痛みが耐えられなくなってトイレに行かれました。
でも、トイレに行った時にはその痛みは治まったそうです。

どうも潜在意識が出てくるのを意図的にブロックしているようでした。
第六、第七チャクラは超感覚が働くチャクラで、
それによって映像が見えたり、声が聞こえたりします。
潜在意識は丹田辺りにいるので、それが上に上がってこないように
ブロックしているような感じでした。

Oさんはご自分でやらなければならないと思うことがあるのですが、
その道を行くのは簡単ではないので迷っておられました。
潜在意識に背中を押してほしいって感じでしたが、
結局決めるのは自分なので、あえて潜在意識は答えを出さなかったのかな?
と私もOさんも思いました。

後日、Oさんは私の友人でもある別の方にリーディングを受けました。
その時やるべきことに関して少し回答をもらえたそうです。
でも 最終回答は次にということでした。
突然色々なことがOさんに明かされると消化しきれないので
少しづつ、いろんな形でくるようです。
そしてOさんが何者で、何をすべきかということが
明らかにされていっているようです。
そのリーディングではOさんは韓国ドラマ「大王四神記」に出てくる
地球に降り立った白い神様の姿で出てきたそうです。
Oさんも地球創世に関わった存在なのかもしれませんね。




ヒプノを受けられたクライアントさんの感想 その5

最近の受けた方から感想をいただいたので掲載します。
最初の方は長年スピリチュアルのワークや勉強をされてきた方です。

〈感想〉
私もいろいろな前世療法、催眠療法を勉強してきましたので
ドロレス式催眠療法はどのようなものか、
とても興味があり楽しみでした。

始まりは何故か今世の7歳の私が出て来て、宇宙空間にいて
次はどこの星に転世しようか…と考えているヴィジョンでした。
そこから未来世に行き、謎?の部分もいくつかありましたが、
調和のとれた平和な美しいその星の映像は今でも鮮明に覚えています。

サブコンシャスが出て来てからは口調が変わり早口になり
ちょっと偉そうで「私になんでも聞いてよ!」
という雰囲気でしたが顕在の私は難しいこと聞かれても
分からないな〜と思っているそのギャップが面白かったです。
 
質問にたいして「えっ、それは…」と考えている顕在意識など
ほっといて、即答していくサブコンシャスに驚いてしましました。
 
このヒプノセラピーを受けて3日間はサブコンシャスと繋がりやすく
なっていると伺ったので、次の日瞑想のときに呼び出してみました。
同じサブコンシャスが出て来ていろいろ質問に答えてくれましたよ。

サブコンシャスが出て来て喋るというとても面白い体験ができました。
誘導も短くクライアントさんに負担の少ないヒプノセラピーですね。
また機会があれば受けてみたいと思います。
ありがとうございました。

次はスピリチュル的なことが初めての方の感想です。
 

今日は有難うございましたぴかぴか

裕子さんの声はとても安心できました

少し緊張から抜けていないところがあったり、
日頃考えてることが浮かんできたりで
ヒプノの世界に浸り切れなかったかもしれません
 また家で瞑想など続けながら
再度チャレンジしてみるのもいいかもしれません。 

裕子さんが仰ったように自分のことをもっと可愛がって、
幸せだと感じる時間を与えてやる
それが大事だと本当にそう思います
何か変わってくるような気が今、とてもしています!
 今日、お会いできてお話ができて良かったです。

本当に有難うございましたぴかぴかぴかぴか

(以下翌日の感想)
“ちっちゃいH子ちゃん”…そうですね口を開けて笑っている顔
これからはもっと思いやっていけたらと思います
 裕子さんのおかげで大切なことに気が付きました太い黒ハート
 昨夜、エネルギーに包まれていました
クリスタルボールヒーリングのときを思い出しましたぴかぴかぴかぴか
今も何となくいつもと違う感じです
(時々ですが)お腹がぐるぐる言ってます
潜在意識を意識しながら生活するのも
楽しいですね口を開けて笑っている顔

ご自身もヒプノをされるし、様々なエネルギーワークを受けて
こられた方と、まったくそういった世界は初めてという方と
たまたま感想をいただいたので
ブログに載せさせていただきました。

その方によってほんとに様々な過去世、
潜在意識の表現の仕方、内容なので正直言って
どんな内容になるのかわかりません。
でも 必ずその方に一番ぴったりしたセッションに
クライアントさんの潜在意識が導いてくれるので、
こちらはいつも完全にお任せ状態で
期待も不安もあまり持たずに臨めるのが
ありがたいです。



ドロレス式ヒプノが
どういったものか少しでも参考になればと思います。


クリスタルボールを習う。

伊豆にある牧野持侑さんのクリスタリ庵に
クリスタルボールを習いに友人と行ってきました。
シャスタで初めてクリスタルボールに出会い、
滞在中毎日のようにお店に通ってその音を聴いていました。
買って帰りたかったのですが、荷物も多いし、
もし壊れたら困るので泣く泣くあきらめました。

春頃からなぜかクリスタルボールに縁があって、
アシャーナのクリスタルボールヒーリングセッションや、
みどりさんの阿蘇での演奏会、サロンでしていただいたセッションが
とってもよかったので、すごく自分でも鳴らしたくなりました。
同じく以前からクリスタルボールのCDを何枚も持っていた友人と
牧野さんの所へ行くことに。

6時間のコースだったので存分に練習できました。
基本的な鳴らし方を教えてもらって
あとはひたすら鳴らしていました。
二人で鳴らすのもなかなか面白かったし、
とにかく飽きなかったです。
かなり長い間立っていたし、腕や手も使っていたのに
ぜんぜん疲れを感じませんでした。
もっとも日帰りで行ったこともあって、
翌日どっと疲れがでましたが。。

基本的なトーニングや、倍音の唱法である、
ホーメイもやりかたを教えていただきました。
ホーメイは会得するのはなかなかむずかしそうでしたね。

アシャーナの時にしたようなトーニングがとても気持ち良かったです。
牧野さんがクリスタルボールを鳴らしてくれて、
私と友人が自由に声を出しました。
ちょうど音楽ピクニックや女神ギャザリングの時のような
自由なハーモニーになりました。

なかなか一人で買い揃えることは大変ですが、
友人と二人でいくつか購入しました。
月に一度はその友人の家へ枇杷温灸の施術に行っているので
クリスタルボールを持参して二人で楽しむつもりです。
ある程度できるようになれば、演奏会や、
セッションもしていきたいと思っています。

9月の音楽ピクニックには音をお聞かせできると思います。
楽しみですね。

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ