mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

2014年06月

QHHTヒプノセラピー

お休みしていたドロレス・キャノンさんのQHHTヒプノセラピーを
再開することにしました。

きっかけを作ってくれたのはMさんです。
私がブログに過去のヒプノセッションを再度アップしたのを見て
再開するかもって思って問い合わせてくれました。

以前からMさんの個人的なお話しを聞いていて、
多分 ヒプノをすれば解決するのではと思っていました。
そんなわけで背中を押された形でMさんのヒプノセッションをしました。

QHHTの場合 その方がその時見る必要な過去世を見せるだけでなく、
その意味を潜在意識が答えてくれるのでとても納得しやすいです。
また 色々な疑問を潜在意識に質問できるし、
必要なら潜在意識はヒーリングもしてくれます。
潜在意識がヒーリングをしない場合はその理由も言ってくれます。

そんなわけで一回のセッションでほぼみなさんすっきりして帰られます。
Mさんのセッションもそうでした。
以下Mさんの許可があるのでセッションについて少し書かせていただきます。

Mさんは波乱万丈な人生を送ってこられた方で、
自分で理解できない様々な感情に苦しんでこられました。

一つ目の過去世は沖縄のガマの中で羽のある白い服の存在として現れ、
その後、ひめゆり部隊として兵隊さんたちを看護し、
最後に手りゅう弾を持って海へ飛び込みました。

潜在意識
現在看護師さんのMさんは沖縄での過去世がたくさんある。
Mさんが光であること。
人を助けることがMさんを輝かせる。

2番目は昔の日本の家で仲の良くない家族の話でした。

潜在意識
これが真実。相入れなかったり、わかりあえないものがある。
判断しないこと。

3番目は星の空間にいて、星空と一体になって落ち着いている。
絶対的な安心感がある。

潜在意識
存在イコールそれ。人間は借りの姿。
いろんなことが起こるけど、それはとてもちっぽけなこと。
でも必要があって辛いと思われる経験をさせられている。
ゆだねなさい。

4番目は貧しくてみすぼらしい姿の老人。
子供たちにいじめられ、叩かれて殺されてしまう。
肉体から離れた時 死んで良かったと思う。
でも人生に納得はしていない。

潜在意識
子供に対する嫌悪感、生理的に受けつけないのははそこからくる。
子供が嫌いでもよい。そのままでいい。
猫が嫌いな人、子供が嫌いな人、いろんな人があっていい。
これからそういう人が増えて行く。
子供を100%否定する意味ではなく、子供の中にも邪だの悪だのが
かえって大人よりもあったりする場合がある。
それをみんなは語らないだけ。きれいごとにしている。
それが真実だからそれを体験している。
子供を神様扱いする必要はない。
それはあなたが小さい頃から感じていたでしょう。

5番目は中世のヨーロッパで裕福な家の奥さん。
旦那さんと子供が二人。
旦那さんは口やかましくて、彼女は嫌っている。
料理もしたくない。
次の場面では70歳ぐらいで旦那さんも亡くなり一人で暮らしている。
さみしくなく、むしろ一人で清々していて、今の方がずっと幸せ。
死後人生を振り返って、2度と結婚なんかしない。
人のために何かをするのは間違いと思う。

潜在意識

現在の夫との関係を一番的確に表している。
子供がいて感謝はしているのだろうけど、心底幸せを感じてはいない。
幸せでない自分を責めてどうするの。
その中をよく生き抜いてきた。早く離れなさい。
あなたの人生はそんなものではない。

潜在意識への質問と答えです。

1 怒りでいっぱいなのはなぜ?

自分を抑えて自分を生きていない。
今は一日の90%いやなことをしているから幸せではない。
本人もわかっている。
でもこれも段階なので、一気に飛び越えず、
やれるところまでいくと、何かがころっと変わる。
だけどそれまではとても苦しくて生きた心地はしていないだろう。
だから死にたくて当り前だろう。

2 小さい子供を生理的に受けつけないのはなぜ?

これは過去世に答えがあった。

3 料理をするくらいなら死にたいと思うのはなぜ?

5番目に見た過去世からくる。
色々口やかましくいわれると、普通に出来ることもいやになる。
そこに包丁という道具があると怒りに変わりやすい。
相手に向ける殺意でもあるし、自分に向ける殺意でもある。
でも しなくていいようになる。
だんだんと手を抜いていくだろう。
本人が食べなくてもいい、餓死してもいいと思っているぐらいの
覚悟があるから、どんどん楽になってくる。
今は段階を踏んでいるところ。

4 波乱万丈なのは?落ち着いてくるのか?

させられている。 他の人がしなくてはいけない分まで代わりにやっている。
本人はそれを望んでいるわけではないけど、
今世が最後なので解消している。
本人が望んでいないので苦痛。やらされている感がある。
これで最後の仕上げだと本人もわかっている。
本人のものから他の人の過去のものまで解消するために生まれて来ている。
目的はほとんど果たしてきている。
なのでかなり落ち着いてきている。
本人の一番の希望は死にたいということなので
それ以外がすべて苦痛に感じる人。(笑)
肉体から離れるまでもう少しある。
それが至福だとわかっている。
なんで生かされているという怒りでいっぱい。
まあ 怒りでいっぱいなのもすぐには消えない。
あちらに行かないと本当の平安が得られないのはわかっている。

こちらに来た理由の一つは理解者がいる、
こういう感覚を共有できる人がいるという体験をするため。
しなければいけないことをするために生まれて来たので
無意識のレベルで義務感がある。
でもそれだけでは自殺に走るので、所々喜びもちりばめている。

5 Kさんとの縁と突然の別れの理由

最初の沖縄の前世でKさんは兵隊だって、次の世で会いましょうと約束した。
Kさんが突然病気で亡くなったのは肉体を離れてMさんを守るため。
肉体がない方がメッセージも送りやすい、本人が気づいていなくても
大きな意味でカバーができる。
Kさんはそうしないといけないと感じた。
肉体があるがために分かり合えなかった感覚が肉体が亡くなって
Mさんにわかるようになった。
辛くて悲しいかもしれないけど、いつもそばにいるから大丈夫。
本人はまだ納得していないだろうけど、設定されていた。

6 霊感が強いのは? 
事故現場と目があってしまい、その後具合が悪くなるのは?
それをやめたい。

そういう力があるから仕方がない。
本人は無意識なんだけど、
そのさまよっている存在を上げるためにそうなっている。
その存在が頼ってくる。

私:彼女はどうしていけばいいか?
潜在意識:出会う人がいるから大丈夫。
今までもそういうチャンスがあったけど、彼女は否定してきた。
でも それも役割だし、持って生まれたものだから仕方がない。
過去、様々な場所を転々としてきたのも
そういう霊体をいっぱい上げて来たから。

私:上げるために何か彼女がする必要はない?
潜在意識:ない。その場所に行くだけでいい。

私:その後 頭痛がしたりは仕方がない?
潜在意識:それを解消する方法にも出会う。
ここに出会ったのもその一つ。
本人が真実の道、光へと向いている。
霊に翻弄されるとか、苦しい方向へは向かっていない。
受け入れられなかったら受け入れなくてもいいから
本人がこれって思うものをやっていけば絶対大丈夫。

7 何度も死にかけているのに、生かされるのは?

そこまで大きい存在だから。
上げなければいけない霊体が多すぎるから向こうに行けない。
まだまだ役目があるから。

8 沖縄との縁。

何度も何度も沖縄に生まれている。
沖縄は霊もたくさんいるけど、邪もある。神の島だし、霊の島。
何度も過去世で祈りの道に行っている。
沖縄との霊的なパイプが太い。
これからも沖縄との繋がりは濃くなっていく。
平穏とか平和、求めているものは沖縄にある。
神の声が何度も聞えているはず。
でも自分にしか聞こえないのでそれが邪なのか何なのか
自分でも疑ってしまう。
沖縄で最初いい体験もしたけど、その後とても苦しい体験したので
沖縄に来たら苦しい目にあうという恐怖心が消えない。
でも、その両方の体験が必要だった。

9 難病の意味。

たいしたことはないし、これをきっかけに考えたことはたくさんあるだろう。
いろんことを考えるきっかけになり、色々模索もした。
これでは死なないから。
これがあって良かったと思える方向に必ず行く。

10 これからの方向性

計画を立てられない人生にしている。
来年はどうなるんだって不安に思うだろうけど、そのように設定されている。
先に対する不安は考えなくていい。
去年ぐらいからどんどん変化しているので、目の前にきたこれっていうものに
没頭していけばぜんぜん大丈夫。
これでいい。
だから 計画性のない人生に設定したある。
あなたには計画性のある人生はできなかったはず。
これからの課題は不安を抱かないこと。
世間や他の人と比べずに私は私で突っ走って行けばぜんぜん大丈夫。

最後のメッセー時

幸せになりなさい。

日々の生活へのアドバイス

こだわらなくていい。食べるものとか色々考えすぎている。
死ぬ時は死ぬし、病気になる時はなるし 
それは何を食べたからとか、何をしたからではない。
自分の食べたいものを食べる。そうすると昔みたいに健康になるよ。
100%外食していた20代は健康だったでしょ?(爆笑)
幸せだったでしょ? そうじゃないからあなたは病気になった。
だから ぜんぜんいいんだよ。
放射能だろうがなんだろうが、いろんな人の人生はすべて設定済みな。
そこにカリカリするからどんどん病んでいく。
好きなものを食べて好きなことをする。
幸せになる第一歩は食べたいものを食べて、行きたい所へ行き、
やりたいことをする。
それが一番の幸せだって経験しているはずだよ。
そこをもう一度思い出しなさい。
その時 人のことを考えていた?
考えていないでしょ?
考えていないで仕事でやったことがすごく充実していた。
生きててよかったって 思ったでしょ?

この人は20代の頃のようにだんだん出来るようになってきて
幸せを感じ始めている。
一人で食べるランチの幸せ。
そういう幸せをもっと求めていったらいい。
その瞬間瞬間の幸せを積み上げていけばいい。(笑)


Mさんの潜在意識がMさんのいろんな疑問をスパっスパっ切って行くのは
鮮やかでした。
もちろんMさんの潜在意識なので
その意見がすべての人に当てはまるわけではないと思います。
ただ、今までたくさんのヒプノをしてきて感じるのは、どの潜在意識も
その人が幸せであることを一番望んでいるってことです。

正しい間違っているも 状況や人などによって変わることはありますが、
それぞれの人が幸せに感じる感覚を大事にして生きて行くとことが
とても大切なことだと思います。

たくさんあるネットサイトでどれを信じればいいのかという質問に
潜在意識はそのサイトの内容より、
見た時に自分の気分が明るくなるかどうかが目安だと言っていました。

幸せ感も十人十色ですし、今世に来た目的も十人十色でしょうしね。


QHHTヒプノセラピー

料金 15000円

所要時間は大体3時間から4時間

主な流れはカウンセリング、退行催眠、潜在意識との質疑応答、
セッションについてのカウンセリング。
セッションは録音してメール、USB、CDのいずれかにコピーして送ります。

詳細及びお申込みはMahaviaまで→http://www.mahavia.jp


音楽と踊り三昧

d7b856eb.jpg
昨日は昼から「音と踊りの会」の日だったのですが、
手違いで車が使えず、仕方がないので楽器はあきらめて
重いラジカセだけ持ってバスでふれあい会館に行きました。
水星逆行のせいか物事がうまく進まない日かなぁと思っていたのですが
結果的にとっても楽しい日になりました。

OSYOのクンダリーニ瞑想はやっぱり気持いいですね。
15分身体を揺らし、15分自由ダンス、15分座って瞑想、15分横になる
このバランスが丁度いい感じでした。
楽器もないことだし、早目に終わって奈良公園でやっている
沖縄のコンサートに行くことにしました。

e48abf69.jpg

ムジークフェストは2週間お寺やホール、お店、など様々な場所で
クラシック、ジャズ、民族音楽など多様なジャンルの音楽が
無料か1000円で楽しめます。

週末の奈良公園はさながら野外フェスのようです。
先週は吹奏楽と民族音楽。そして今週は沖縄の歌
関西在住の沖縄の人がたくさん集まったみたいでした。
なんとか夏川りみさんの歌に間に合いました。
彼女の歌を無料で聴けるなんてラッキー!
高野陽子さんのライブで沖縄の歌をよく聞かせてもらうので
なじみのある曲もたくさんありました。

フィナーレになるとみんな総立ちで踊りだします。
後ろで座っていた私たちも思わず走って踊りの中へ。
こんな風にみんな一緒に歌って踊るというのは
奈良県民ではありえませんね。
5月の平城宮跡であったイベントで阿波踊りの人たちが
みんなで踊りましょうと客席に行って誘っても
誰も踊りませんでした。
私も踊りたかったけどとても一人では。。
今回みたいにたくさんの人が踊ってくれるとこちらも踊りやすいですね。

baeb27f8.jpg


沖縄を堪能した後、駅に近い奈良公園開催されていた
オクトーバーフェストに行きました。
おいしいドイツビールとソーセージを味わっていると
ミュンヘンからのおじさんバンドが出てきました。
みんなバイエルン地方の格好をして
最初は民族音楽っぽいのを演奏していましたが、
途中からクイーンやビートルズなどが始まり、
テントの中はさながらクラブ状態に。
のりのりの曲に私たちも大盛り上り。

c0eb49cd.jpg

日本人ののりも変わってきたものですね。
バイエルン地方のビール祭りののりと変わらないぐらい。
さすがにテーブルの上にのって踊っている人はいなかったけど。。
何回か奈良や大阪で同じようなオクトーバーフェストに行きましたが、
今回のようなのりは初めて。
バンドの人が客席を携帯で撮っていたぐらいだから、
珍しかったのかな?

夏至のなので神野山に行こうとか思っていたのですが、
思いがけない所で歌って踊ってになりました。

その瞬間瞬間の流れにまかせて行くと
とても面白い方向に流れていくようです。

来るもの、来ること拒まず、去るもの、去ること追わずで
その時その時に必要なことが起こるという人生に対する信頼があれば
なんでも楽しめるし、面白がれるって再確認させられた日でした。


クリスタルボールランチ会


先日サロンでさおりさんのお料理と私のクリスタルボールで
ランチ会をしました。
去年の夏から始めて今回で5回目です。
残念ながらさおりさんは今月末で北海道へ帰られるので
最後のランチ会となりました。

今回は初参加で、私は存じているけどお互い初対面という方が多いので
どんな会になるのか楽しみでした。

最初私の作ったフラワーエッセンスで盛り上がり、
いい雰囲気でランチが始まりました。


7a012a83.jpg

さおりさんの実家から送っていただいた見事なアスパラガスのポタージュ
サラダ、キッシュ、トマトとサーディンのカプレーゼ。
十勝産のおいしい白ワインも。

5a72ca22.jpg

今回は肉にしようということになっていました。
さおりさんが取り寄せたポークのかたまりでローストポーク。
付け合わせはりっぱなアスパラガス。
とってもおいしいお味でした。

12a3797b.jpg


食事の後はサロンで横になっていただき、
クリスタルボールやシンギングボール、チャイム、木の実
ライアーなどによるサウンドヒーリング。

今回はシンギングボールをみなさんの身体の
第二、第三、第四チャクラの上にのせて音を響かせました。
響きにくいにくい場所はややチャクラが詰まり気味のところです。
そこに対応するクリスタルボールをお腹にのせて
音を響かせてヒーリングをしました。

ヒーリングの後はお待ちかねティータイム

1f6fe4c9.jpg

ムースにクルミのケーキ。
くるみの香ばしさと食感が絶妙。

今回の参加者と主催者7人中
長崎の四次元パーラー「あんでるせん」に行ったことがある人が
5人もいたのであんでるせん話で盛り上がりました。
UFO目撃者も多かったのでUFO話も。
こんなにレア話で盛り上がるとは思ってなかったですね。

日が暮れるのを待って東大寺へ蛍を見に。
時々雨が降っていたのですが幸い雨が上がり
そのせいか、蛍が乱舞していました。
毎年見に行きますが今回は今まで見た中で一番見事でした。

空には雲間からの満月が顔を出してくれました。

最後まで見事なサポートが入ったランチ会でしたね。

仕事が忙しい中睡眠を削っても見事な料理を作ってくれた
さおりさんと参加してくださったみなさんに感謝です。

5回のランチ会の料理はそれぞれみんな違った種類でした。

薬膳カレー、イタリアン、和食、韓国、中国薬膳、
そして今回のフレンチのコース料理
毎回工夫していろいろな料理を楽しませて下さいました。


九州旅行

15314b5c.jpg
友人たちと九州旅行に行ってきました。
初日はハウステンボス。
テーマパークだけでなく、回りにオランダ風の別荘や運河、船などもあるので
まるでオランダの町そのもの。
濃い緑の壁と赤い三角屋根の家はオランダカラー。
とっても懐かしかったです。

ad071b19.jpg
カナルクルーザーに乗ると丁度いい目線で
回りの景色が見れるので楽しいです。

93f91c72.jpg

やや盛りを過ぎていましたが、バラもまだまだ豪華でした。

fe886f83.jpg

バラ祭の終わり頃はアジサイも満喫できてラッキー。

49a17dcc.jpg
昼間はかなり暑くてちょっとしんどかったですが、
夜のイルミネーション、3Dプロジェクト、踊りや歌など
楽しませてくれるものが満載でした。
最初は2日目の昼にハウステンボスに行くつもりでしたが、
午後から夜にかけて滞在したのが正解!
fd61a89b.jpg
今回のメインイベント4次元パーラー「あんでるせん」
定員30人のところ、20人の団体さんキャンセルがあって
たった12人だったので全員いろんな体験をさせてもらいました。
私たちは一番前のカウンターだったので
じっくり見ることができました。
予知、テレポーテーション、念力、テレパシー、透視など
びっくりする超能力技ばかり。
あんでるせんに行った友人たちから色々と聞いていましたが、
それ以上でした。

ドロレスさんの本や他のスピ系の本などで読んでいた
時間は存在しないとか、この世は幻想とか、思いが現実を変えるとかを
実際に目の前で見せてもらったことで、やっぱりそうだったのかって
すごく納得しました。

ヒプノでアトランティスの時代にはサイキックで物を動かしたり、
動物の一部を人間に変えたりしていたという場面を読みましたが
きっとそういった能力は人間のDNAには入っているのではないかと思います。
それがオンになっているのがあんでるせんのマスターなのかも。
それかマスターは宇宙人かも。

昔 北京の国際気功学会で外気功の優れた人がいて、
私の手の中に握ったコインに彼が気を入れると
一瞬熱くなり、コインは白っぽくなって質が変わりました。
すごい力だと思いましたが、マスターは軽くそれを超えています。

ショーの間中、おやじギャグを連発しながらも、
今を楽しむことが大事とか、思考が現実を作るなど
いいメッセージもいっぱい。

あれほどの能力があれば、すごいヒーラーにもなれるし、
宗教の教祖にも、大金持ちにもなれると思います。
それをあえて喫茶店のマスターとして
20年以上ショーを続けているのはすごいです。
しかもチャージなしで千円ちょっとの食事代のみ。
そのぶれない姿勢がいいわ!
そしてあえて普通の人のようであるために
おやじギャグを連発しているのかも。

人が少なかったので個人的に聞きたかったことも聞けました。
自分の直感を信じること、思いが現実化することを
再度確認できてよかったです。









記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ