先日「Thrive」 の映画の日本語吹き替え版があると
友人から教えてもらって観ました。
クロップサークルについてやイルミナティ、
世界の人口を減らす計画などについては
すでにきいたことがありましたが、知らないことも結構ありました。
その膨大な量の情報はそれがどういう意図でとこから来たものであろうと
知る価値はあるものだど思います。

確かにグローバル化とともに金融、エネルギー、食糧、医療など
あらゆることが支配されていきつつあるのは事実だと思います。

たとえば具体例では生命を特許化し、タネは私有財産であると宣言し、
農家によるタネの保存を知的財産の窃盗として犯罪扱いするとか。
また、タネを作らない種類を作り、
毎年タネを買わなければいけない状態にしているとか。

つい最近読んだ話では韓国のキムチを作る白菜のタネの特許を
アメリカが買い、今では韓国の農家は必ずそこから
タネを購入しなければいけなくなっているとか。

そう思って野菜のタネの原産国を見ると日本である種類は
ほんとに少ないです。
うちの近くの自然食の店では時々農家からのタネを売っています。
そういう貴重なタネは大事にしないといけないですね。
最近日本では昔からの固有の野菜の種類が増えてきたことは
とても良いことだと思います。
今だ小規模農家が存在する日本は貴重なのかも。
でも それも危うくなっていますが。。

タネを自分の所で作っているような自然農法などの農家を
応援するとか、薬やワクチンを避けるとか。
遺伝子組み換えの食料は避けるとか。
できることから やっていこうかなと思っています。

先日ヒプノに来た友人Mさんが、この映画の運動と
自分がどのように関わって行くかと潜在意識に質問しました。
答えは魂のお友達。 だから すぐに反応した。 
同じ敵を持ってる。 でした。
Mさんはとても大いなる愛を持った方です。
彼の過去世で最初に出てきたのは
白い円盤型UFOの上にのっかっている場面でした。
その中に入ってもらうと白い半透明の宇宙人がいて
壁全体も白っぽかったです。
そして彼自身も白い宇宙人でした。
潜在意識にその宇宙人は何なのか聞くと、
やはり彼の魂のお友達、仲間ということでした。

以前にシリウスの神官だった方の過去世でも白い宇宙人がでてきました。
後で潜在意識にきくとシリウスからの宇宙人だということでした。
もしかしたら、その宇宙人も同じ魂の仲間なのかもしれません。

私自身この映画の作者がどういう側の人がよくわからないので
私の潜在意識に聞いたところ、良い方だという答えでした。
それでもまだ疑り深い私としてはホントはどうなんだろうって
気持ちがないわけではありませんが。。