c010fe1e.jpg

昨日音楽を楽しむ会をマハヴィアで開催しました。
タイトルをやっぱり音楽ピクニックにしようとMAMUさん。
今回で3回目ですね。
毎回メンバーが異なるのでそれにつれて
会の雰囲気や内容も変わっていき面白いです。
今回はオペラ歌手の友人や、合唱の伴奏をしている方の参加があって
倍音や民族音楽についての濃い話をMAMUさんがしてくれました。
音が一定の高さで同時に鳴るってことが倍音が聞こえるといいます。
シンギングボールを鳴らすと主な音である高い音と
小さいけど確かに低い音も同時に鳴っています。
倍音の出る歌唱法ホーミーをMAMUさんみずから歌ってくれました。

シンギングボールに水を入れてふちをこすって音を鳴らすと
中にとてもきれいな水の波紋ができます。
それがピタっと合った時には静止状態になります。
これが波動なのかって目で見てわかりましたね。
身体の中のかなりのパーセンテージが水で出来ているので
音が入ると身体の水が同じように波紋が出来ているのかも?
細胞の中の水にその美しい波動がくると
活性化されるはずだなぁって思いますね。

今回はみんなの声のハーモニーがとってもきれいでした。
合わせようという意図がなくても、
身体は自然に合わせていき、ピタっと合うととても気持ち良くなる
ということも体感してもらって
西洋音楽にずっと携わってきた方が
「目からウロコ」ですっておっしゃいました。

今回3歳の坊やを連れて来た方がいらっしゃって
それもなかなか新鮮な体験でした。
みんな久々に母性を刺激されたみたいで、
楽しかったですね。
ハーモニーを作る時は下のチャクラから音を出していって
だんだん高音になるのですが、
高音になるとその子がうたたね状態になりました。
子供の眠りを誘う音っていうのがあるのかも。

MAMUさんを始め、今回集まってくれた参加者の方に感謝です。
みなさんのおかげで楽しい時間が持てました。