b10d30dd.jpg
葦原瑞穂氏(永留さん)に初めてお会いしたのは5年前の夏でした。
八ヶ岳の友人が、スピリチュアルの本はこれ一冊でいいよと「黎明」を
紹介してくれ、最初はちょっと難しかったですがだんだん引き込まれて、
一気に読みました。
その後その友人が永留さんを紹介してくれて、一日色々なお話を
聞かせていただく機会をもちました。
その時はお話を聞くだけで精一杯で自分が日頃持っている疑問など
聞くことができなかったのですが、
後日メールで様々なことをお尋ねし、丁寧な答をいただきました。
他の方にも参考になると思ったのでブログに掲載したいと
お願いすると、「SADANANDA」という名前なら
書いてもいいと言っていただきました。
2011年9月に「SADANANDA氏とのQ&A」 その1その2その3を
書かせていただきました。
今読み返すととってもナイーブな質問も多いのですが
その頃、レイキの自宅サロンをオープンして色々と疑問に思うことが
たくさんあったのでそれらすべてを質問しました。
QHHTヒプノでたくさんの人の過去世や潜在意識(守護霊、ガイド)さんたちと
対話することでだんだん自分を疑うことや
物事を左脳的分析することが無くなり、起こることすべてが
自分にとって意味のあることだとゆだねることができるようになりました。

八ヶ岳UFOコンベンションで葦原さんは本名の永留さんのお名前で
講演されていて、私も何度か参加しました。
「黎明」の本を持参される方々には、快くサインをされていました。
その後 葦原瑞穂の名前で講演会や勉強会を始められ、
3回参加しました。
神戸であった黎明セミナーの内容は葦原さんに確認をとって
ブログに掲載させていただきました。

去年の秋に始めて八ヶ岳合宿セミナーを知った時は
八ヶ岳に家もあるのでそれほどそそられなかったのですが、
春の案内の時は行くって直観がきたので参加しました。
そこで平澤真希さんのコンサートなど素晴らしい体験をさせていただき、
その後の流れも考えると
やはり行けってことだったのだと思います。
そういった直観は私の潜在意識さんから来るので
そこは素直に聞くことにしています。
今になってみてなぜそうだったのかよくわかります。

一度萌黄の村のホテルハットウォールデンにバーパーチに
夫と行った時、途中で葦原さんが来られ、
持参されていたとても高級なウィスキーをごちそうになりました。
私たちには猫に小判だったかと思いますがいい思い出です。
葦原さんと親しかったパーチのバーテンダーさんが
「黎明」という緑色のカクテルを作られたそうです。
次回八ヶ岳に行った折にはそのカクテルを飲んでみたいですね。

ドロレスさんが亡くなった時に、あちら側に行くことで
たくさんのQHHTセッションを同時に見たり、サポートできるから
みんな嘆かないでってメッセージがあり、
実際セッションで潜在意識に代わってドロレスさんの口調のまま
出てこられたセッションがいくつもあったと
QHHTのフォーラムで読みました。

葦原さんもあちらでのお仕事に呼ばれたのかもしれません。
本を読むとエネルギー的につながるようですが、
講演会や勉強会をすることでたくさんの人と縁を作り、
これからはその人たちのサポートも含めて地球のアセンションのサポートを
していかれるのだと思います。
基本、重要なことがすべて「黎明」の本に書かれているのでそれを指針に
ぶれないように少しでも地球のアセンションのサポートになることをしていきたいと思います。