A  弱いものが捕まっている闇に。
  ○○も。 弱いから捕まっているんだ。
  ○○も闇だなあ。(うなりつづける)
Q なるべく自然のあるところや鞍馬や三輪山とかに
  行った方がいいのですか?
  神のエネルギーのあるところへいくと少しはましかしら?
A そうそう。行った方がいい。できるだけそういう場でずっといるのがいい。
  行ったとしても、そこの時だけだから。
Q 家に帰ったらまた。。
A そう。(また しばらく、うなり続ける)
  少しの期間はブロックできると思うから。
Q 今も闇が中に入っているのですか?
A 大分抜いたが、まだ 少し残っている。
  もっと光を広げていって闇を消す。
  そうしないと。 そうしないと。
Q 彼女がもっと光に繋がるイメージをもっとするといいのかな?
A そうそう。 
Q 朝早く公園でも行って、光を取り入れる瞑想をするとか?
A それも有効。
Q 有効でよね。毎日のことだから。
A 闇も完全になくすわけにはいかない。
Q でも今以上に強くなってもだめだよね?
A そう。光と闇。 もともと光と闇が統合された世界にいたのだから。
  もっと波動が高くなれば闇は闇ではなかったと気付くし、
Q  どうやったら波動が高くなるのですか? 今の彼女ができることは?
  イメージで自分の回りを光で覆うとか?
A そう。 意識してハートを閉じる、閉じる。
Q ハートを閉じる?
A そう。エネルギーが入ってくるから。
Q 闇のエネルギーが入ってこないように閉じるのね?
A そう。閉じる。閉じて。光で幕を張る。意識して意識の中で。
  イメージして。 ハートが今ちょっと受けやすい。
  開いてしまっている。 閉じる閉じる。
  後は焦らない。ここにいてはいけない。いつもいつも追われている
  焦って焦って。 今ここ。 今ここで繋がれる。 今 今
  今に隙間を作る。 
  他にもネガティブな波動のものがいるから近づかないこと。
  そんな場所には近づかない。 近づいたらいけない。
Q  でも外へ仕事に出たら、そんな場所にも行ってしまいませんか?
A  そう。そうじゃないところにいかなければ。 
   そういう場所でないところに行かなければ。
   安心できて居心地のいい場所に行かなければ。
   そういう職場で
Q そういう職場が見つかりますか?
A 大丈夫。 自分を信じて。 もっとゆだねて。ゆだねて!
  自分でどうにかしようと思考の中でしても、不安と恐怖に支配されるだけ。
  もっとゆだねて。ゆったりして。そうすればサポートできる。
Q 不安と恐怖になると、サポートできにくくなるんだ?
A  そうそう。 そこそこ。ソースと繋がるイメージをして。
  そこには無限の力がある。 あるある。
  何もないけど、すべてを生み出せる場所。
  そこそこ。 そこと繋がって。
Q もともとそこから来たんだもんね。
A そうそう。
Q 今彼女は分岐点に来ていますか?
A そうそう。今。今が大事。 今。今。今。
  今 変わらないと。 変わる時。変わる時。
Q  彼女にはヒーリングしてもらいたい体の問題があるのですが、 
   今ヒーリングしてもらえますか?  
   呑気症。 げっぷが良く出る。 それも邪気を出すためですよね?
A そういっぱい飲み込んでいるから。
Q 吐き気とか喉のつまりとか頭痛もそうですよね?
A そう。(笑)
Q だから 血流が悪くなって、生理痛やアレルギー性鼻炎になるのね?
A そうそう。
Q とにかく、潜在意識さんと繋がって、光のイメージやソースと繋がると
  体の症状もよくなるよね?
A そうそう。 
Q これで質問は終わりなのですが。
A ちょっと。 もうちょっと。
Q ヒーリングをもう少しするのですね?
  続けてください。
(しばらくヒーリングが続く)

その後、「うれしい。 大丈夫。繋がれた」
と別の潜在意識が出てきてしゃべりだす。
そしてそれまでのうなり声はなくなる。
声のトーンがちがって女性的。

Q これからも彼女と繋がってサポートしてください。
A 光。 光そのもの。もともと。
Q 元々彼女は光だもんね。
A そう。もともと。 軽い軽い。
  すべて、自由にできる。
  存在そのもの。そうそう。うんうん。うんうんうん。
  光になって。 なれる。 人の光になれる。
Q そうだよね。そのために生まれてきたんだからね。
A そうそうそう。もっともっと。もっと高次の存在がいる。
  サポートしてくれる。 大丈夫。いる。大丈夫。
  信じなさい。 高次から見守っている。
  
  ちょっと出たね。(また最初の潜在意識の声)
  うんうん。高次から見守っている。 大丈夫。
  はい。 終わり。
といって動かなくなって、しゃべらなくなったので
潜在意識は帰っていったようです。
普通はお帰りくださいと私が言って帰られるのですが、
今回は最初から最後まで潜在意識が仕切ってくれました。

闇が入ってしまったら、潜在意識(ガイドさんたち)が
サポートできなくなるということが今回のセッションでよくわかりました。
すべての人にガイドさんたちはついているはずだけど、
凶悪な犯罪を起こす人たちはどうなっているのだろう?
って思っていましたが、それはまさに
闇に支配されてしまっているということなんですね。
でも そこまで極端でなくても、表面ごく普通に見える人でも
闇に支配されていることもあるのですね。
そして それに対してできることは自分のガイドさんたちと
つながる隙間を作ること。
だから、よく、QHHTの潜在意識は自然のところへ行きなさいって
言いますが、そういうところへ行くと隙間ができやすく、
潜在意識と繋がりやすくなるということなんですね。
光のイメージや瞑想も重要なツール。
霊能者さんとかにヒーリングしてもらったり、
波動を上げるワークとかしても
その時は闇が取れたり、波動が上がっても
日々の生活に生かされていないと
すぐ元に戻ってしまいます。
やはり、毎日の生活が大切。
これもQHHTで潜在意識が毎度言っていることです。
外に癒しを求めるより、自分についているガイドさんたちに
サポートしてもらうことが一番です。
なぜなら、ガイドさんたちはみなさん高次の存在と繋がっているから。
人はそれぞれ自分が居心地がいいという場所を見つけ、
気持ちがいいことをするのも大事。
これがベストというのはなく、それぞれの人によってみんな異なります。
思考に捕らわれすぎず、自分の感覚を信じて、ゆだねられると
潜在意識のサポートが得られると思います。