QHHTヒプノセッション 
Eさんの潜在意識(ハイヤーセルフ)との質疑応答の続き

Q:コロナ自体、かかったらDNAを変えるとか、
    意味があるという説もありますが。それはどうですか?
A:人による。
Q:人によってはそれがプラスになる場合もあるのかしら?
A:あります。浄化。これはプログラムなので、
  このコロナウィルス自体に意識があるし、それぞれの魂によって
  この意識体との関わり方は全然違う経験になっていく。
  そう意味でも今日の過去世を見せた。
     あのミクロ単位なのと違うけれど、今あなたたち人類の歴史というものに
  書いていない時にたくさん人のDNAに色々なものが混ざっている。
  今の人類レベルで言ったって、Eさんの今霊的な意味で
  師匠にあたる長老とかはよくわかる面を持っているけれども、
     国をいくつも超えて親戚みたいにまざっているのが本当の人類だ。
     一つの人種がなんとかと言う人はすごく少なくなってきたけれど、
     まだ一応白人と言われる集合意識には一部残っているところもある。
     逆に日本人はそこには多くない。 
  もちろん、先住民とのトラブルとか良くないあれははあるけれども、
  人種意識というのはあまり多くない。
   一部の有色人種の人達も逆の集合意識を持ってしまっている。
   これは個人とは関係ない話だけれども、そういった意識というのは
   スピリットの世界からするとおかしい。
   なのでウィルスの話に戻すと、これはウィルスとの、
   一つ一つの意識体とのDNA的な会合になるように当初の
   色々背景はさておき、スピリットが介在してそういうものになっているので、
   それぞれによって経験は異なる。

Q:ある説によるとレムリアの意識がアジアでアトランティスの意識が白人。
     レムリアの意識に変えていくためにこれが起こっているという人も
  いたのですがそれはどうでしょう?
A: それは表層のレベルでは合っているけれども、
    すごく表層的なとこを説明する時にしか合わない言葉だ。
    意識の説明であればそれは合っているのだけれど、
    今話しているこの魂とかはアトランティスやレムリアの経験もある。
    そしてヨーロッパでの経験を挟んでレムリアの文明が強く残るここを
   選んで生まれてきている。
    それ以前に東洋といわれるところでの転生も数多い。
    ではこういった魂の記憶というのを問われるときに、
    先ほどの考えでは説明できない。
    ただ、それを前提でいうなら、アトランティス文明が残したちょっとした
    負の部分。
  何かをコントロールすることで整然と何か結果を得ようとする
   そのエネルギーが悪く働くモードも。
   そのエネルギーというのがちょっと是正にかかっているというのは事実だ。
   ただ、アトランティス文明が残したすべてがどうのというのは誤りである。

Q:今の日本の状況でこのコロナウィルスは収まるのですかね?
A: うーん。
Q:日本のやり方でいいんですか?
    外出禁止みたいな他の国がやっているような禁止をしなくても
    なんとかやれるのでしょうかね?
A:十年先にはおそらくあなたは日本の政策の方が間違いでないと
    感じるのではないでしょうか。
    間違い、いいでいえば、各コミュニティごとに経験すべきことが違っていて、
    オールOKな瞬間ではある。
    ただ、未曽有の事態なので決断したところで、
    それ相応の理由があることであれば。
    その上で言うのであれば、コロナウィルスの本質的なことを考えると、
    日本の対応はそんなに悪くはない。
    一番悪いのは攻撃的にこの戦うエネルギーを持ち込むことです。
    完全なロックダウンだとしても、ニュージーランドや太平洋の国々や
    比較的アジアの国々の方がこれにはうまく対処していると思う。
    結構細かいエネルギーレベルの問題。
 
Q:コロナウィルスと5Gが影響しているという説を唱えている人も
    いるのですが。。 そんなことはないのかな?
A:複雑なことが絡んでいて。
    例えば、大きな潮の流れと入り江レベルの潮の流れが少しは異なるという
    あのたとえがここしばらくの世界状況に当てはまるということを
    覚えておいてほしい。
    だから、仮に5Gでそこの地域の感染者が多くなるということが
    あったからといって、じゃあ、そこの地域にいる人たちのかからない人達は
  なんなのかという話も出てくるでしょ。

Q:誰かと比べるとか、攻撃とかの要素があまりない人はかかりにくいと
     書いている人もいますが。。
A:それもさきほとのたとえと同じでわかっていてほしいのが 
    今辛い症状になるという役割を負ってくれた人全員が
    そうかというのは違う。
    但し、一つ言えるのが人の集合意識の中で何が好物かといえば、
    残念ながらちょっと増えてしまっている気がする攻撃的な、もしくは、
    攻撃でないように見せかけて、圧力的な攻撃性を秘めたものとか
    ここは残念ながら、人の言うことを丸のみしてしまって、
   ちょっと奴隷状態の思考になってしまっているとか、
   そういった個人というより集合意識のそれ自体はかなりの好物。
Q:集合意識になるとエネルギーが強くなりますよね。
A:はい。また集合意識になった時のエレメンタルというか、
    個人にも影響しますが、また、個人レベルのものより実体を
    持ったものになるのでちょっと確かに大変なあれではある。
Q:反対にシェアするとか、そういうい意味での流れもなくはないですよね。
    それも集合意識かな。
A:なくはないけど。一歩のところはそれでもいいのだけれども、
    繰り返しいうと、ちょっと揺さぶられる事態はたくさん起きるので。
    揺さぶられた時に立っているためには結構なエネルギーは
    必要かもしれない。

Q:ドロレスさんのQHHTセッションの中でスピリットか宇宙人が
    予知的なことを言っていて。
  将来自然災害とか戦争とか疫病とかがはやる。
    その時に、社会が転覆しそうな時に
    崩壊しそうな時のためにそういうことが起こっても立っていられる人達が
    重要だみたいなことが出ていました。
    そういう時にヒーラーとかそういう人達が必要になってくる
    というようなことでした。
A:それは事実なんだけれど、今の集合意識の中であまりに物事を
  集合的にとらえようとする意識が入ってしまっているので、その話の解釈も
   個人レベルで考えた方がいい。
   たとえばクラスというのを見た時と、一人の子供って見た時と
   ほぼ同じぐらいにエネルギーをかけていかないと方向性を誤る時がある。
   まず一人一人がそこにいて学ぶ権利があったり、
   かけがえのない人生なんだってことがまず基本に持って
   そこにエネルギーをかける。
   但し、集団レベルの見方も絶対に必要で、
  集団にかけるエネルギーもある。
   集団にかけるエネルギーのために個人にかける時間を減らすこともある。
   そのバランスなんだ。そのバランスがとれているコミュニティから
   ある程度の規模の組織までないわけではないのだけれど、
   どちらかというと集合意識のバランスがとれていない方に傾いている。
   そのヒーラーの話も正直言うとそれで立っていられる魂に
    ヒーラーの助けになる人もいれば少々難しい人もいると思う。
   かといってヒーリングが集合的なところに働きかけなくていいかというと
   そうでもないと思う。
   だけれども、そこはちょっとさじ加減みたいなのが
   必要かもしれない。

今回はEさんのプライベートな質問は記事から省いていますが、
それでもかなりの量の情報になりました。
コロナによる未曽有の事態でもあったので
友人のEさんのご厚意により、通常はしない私個人の質問も
させていただきました。
どれもとても深い答えをいただきました。
つい陥りやすい表層的な見方、判断にも注意をいただきました。

いつも思うのですが、潜在意識(ハイヤーセルフ)はネガティブな存在や
事柄を表現する時にとても慎重に言葉を選びます。
攻撃的な発言はまずありません。
スピリットの世界からは物事の事情を多面的にわかるからな。
なので私も色々な情報を決めつけるのではなく、多面的かつ、
冷静に受け止め、奴隷状態の思考にならによう気を付けたいと思います。

しばらくお休みしていました、サロンを再開しました。

*QHHTヒプノセッション 
*枇杷温灸+シンギングボール+クリスタルボールセッション

伝承枇杷温灸、クリスタルボールヒーリング、
シンギングボールヒーリングなど
単独、または独自の組み合わせによるメニューもお作りします。

お申込み、詳細は Mahaviaまで->http://www.mahavia.jp