Mさんの潜在意識との質疑応答続き

Q:運動をしていないのにふくろはぎの筋肉痛になり、
  旦那様も同じ時になったのですが、これはなぜでしょうか?
SC:他人のネガティブなエネルギーをちょっと足を借りて
  解消させてもらいました。ふくろはぎをお借りしました。(笑)
Q:そういうことがあるんだ!ちょっと貸してあげたのね。
SC:この人が頑丈なんですね。
Q:だからそういうことができるんだ!
SC:不快とか痛みとかそういうものがない範囲で
  ちょっとお借りしました。良い場所なんで。
  いいスポットです。
  緑に光って見えるんですね。この人物が。
  さっきの緑の玉と関係するのですが、
  そんなに大きな負担がない状態でできる。
  人によってはそれを苦しんでする方もいるんですが。
  それも本人の心も持ちようです。
  苦しまないといけないと思うと苦しむのですね。

Q:幽体離脱に興味を持っています。
  この能力を開発するトレーニングをしたほうがいいですか?
  それとも、現在の明晰夢の能力で十分でしょうか?
SC:いいね。明晰夢が見れる能力は過去世においてそういった修行を
  やっていたので見れる。
  幽体離脱はやってみたらいいです。
  面白いです。
  危険だと思えば危険を体験します。
  危険だと思わなければ、まあ気軽な調子でやっている人は
  危険を体験をしない。
  それを気軽な調子でやれるということはそこまで意識を軽い状態に
  持って行けていることが前提としてなければ出来るという
  スタートラインに立てません。
(Mさんの補足
※エネルギー状態が軽くなっているということは、
「恐れ」を持たない思考状態になれているので、
必然的に体験としても恐怖体験を創造することはない、
ということのようでした。)

  難しいものであるとか、大変な修行をしなければ到達できないという
  考えでいるということは、一種の権威とかそういった意識に
  基づくものですから。
  誰にでも出来て気軽な精神的な旅行であると捉えるであれば
  楽しい状態で体験できます。
  それをやってみるということはインスピレーションを受け取るという
  意味でとても有効です。
  この人物については特に今インスピレーションや色々なものを
  見るということをよくしているので、有効に活用できると思います。

Q:眠り病といわれるほどよく眠りますが、これは必要があっておきている?
SC:そうです。
Q:あまり睡眠が必要なくなる未来もあるのでしょうか?
SC:そうすればいいじゃん。そうしたかったら。
  まあ肉体的に比較的強い。
  肉体の問題はそうないので、睡眠をしないと危険だった時期は
  乗り越えられたところがあります。
  以前は寝かさないと肉体に支障が出そうでもあったので。
  寝ることはいいことです。
  寝ることによって非常に肉体、精神が回復しますので、
  寝たい時に寝られる生活をしましょう。
  それが本来的に健康に生きられる最短の道の一つでもあります。
  人間は睡眠によって回復し、多くの身体的な病気も睡眠の力を借りることで
  回復します。
  寝たい時に寝られる生活というものをこの人物が大変強く求めているので
  寝ざるをえないような状態に作った。
  そうすると仕事といったものが出来なくなる。
  そうすると手放さざるをえなくなる。
  寝たいだけ寝れる。自分で望んだんだろう。(笑)

Q:両親について、なにかアドバイスはありますか?
SC:まあ心配しなくて。彼らには彼らの人生があって。
  まあまあ幸せにやっていきますから。
(Mさん 黄色のイメージがきますね。)
SC:笑っています、両親は。幸せです。
  何をやっていてもほんとは自分ではそれが幸せだということを
  しっかり理解しておれば、その都度心配することもなく。
  親のような気持ちで見守ることですね。
  精神的には親の方が幼いことの方が多いわけです。
  まあ加えて、年を取るという事は幼くなっていきますので、
  まあかわいらしいなという思いで。子供というものは大切ですから。
  大人であっても子供で、子供のエネルギーを老人であっても
  持たせているわけです。
  その子供のエネルギーというものが大事なものですから。
  それを暖かく見守ってやるということを覚えていくでしょう。
  子供のエネルギーというものは子供だけに宿っているわけでは
  ありませんので大人の中にある子供。
  大人の中にある子供の部分をちゃんと見守ってえらそうにするんではなく、
  教えるのではなく、ポイントをついて何かいいことを言うぐらいのことが
  一番大事なことです。
  そういうことで人間というのは一番大きく変わるんですよ。
  くどくどいうよりも、ちょっとしたことを覚えていてそれが宝物のように
  どこかで使えたらするわけですよ。
  そういったことはその偉そうにしている人とかではなく、
  滑稽な人だったり、笑わせるような人だったりです。
  その部分を洗濯するということをやらしてもらっていました。

(Mさんの補足「洗濯=浄化」という意味でした。)

  ちょこちょとした人になってください。
  人からかわいがってもらっているんだけど、それは逆にかわいがってる
  ということなんです。
  あなどられてください。それぐらいでいいです。人というのは。
  道化のような人が真実を言いますから。
  その一点の真実というものが宝石になります。

(その4に続く)