mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

サロン

3つの過去世を見たEさんの潜在意識との対話(その3)

3つの過去世を見たEさんの潜在意識との対話の
最後です。

Q:   教師の役割はこれからどう変わっていくのですか?
Eさん:必要じゃないという人は増える と。
Q:   何が必要じゃないの?
Eさん:この魂も自覚していると言われるんですが。。
    義務教育制度が起こったことが歴史上特異な瞬間だったってことを
    より多くの人が思い出すようになっていくだろう と。
    ただ、日本語でいう師というのはあまり数は変わったことはない。
Q:  いつの時代も?
Eさん:というか、あらゆるところで誰かが誰かの師になるし、
     職業的にインストラクターはいっぱいいるし、プロフェッサーは
     必要だし、そいういうのをちょっと一般化した、
     Windows 90を創っちゃいましたみたいな仕事として
     ティーチャーというのをすごくがんと出した時期があったけど、
     それはまた元の姿ではなく、別の形にアップグレードされていく
     可能性が高いんじゃないか と。だから今のうちに
     自分の仕事を細分化して考えておいた方がいいって言われました。
Q:    自分の仕事を細分化?
Eさん:自分の持っている仕事のうち、このパートはこういう役割、
          このパートはこういう役割っていう風に。
          全部一緒に考えるのではなく、明確に意識してこれ、これって
          技術を使って行った方がいい。
          そうすればどういう形になっても対応できるから。
Q:   過去のQHHTのセッションで出てきたアトランティスだと思うんだけど。
          子供の時にこの子は技術者に向くとか、この子は神官に向くとか
          色々その子に向いた仕事に振り分けられていく。
          で、神官が技術者より偉いとかではなく、ただ、能力が違うから
          伸ばすやり方が違うだけっていうのがありました。
          義務教育はそれの反対だからね。みんなが同じようにしていく。
          でも持って生まれたものが違うから、それぞれのものを
          伸ばすのに変えた方がいいよね。 
Eさん:ただ、そこの移行は穏やかなものになる と。
Q:   今義務教育に向かない子たちが増えてきているよね。
          それ自体が中から変えていくよね。その子たちが変えていくというか。
Eさん:これが子供の世代が次のインストラクターになっていくっていう
          自然の新陳代謝を経てきわめてゆるやかに、おだやかに
          進んでいくのでそんなに心配しなくていい と。
          ちなみに私の学校は残るようなんですけど、次の時代では
          また結構役割が変わると。あなたもどっかのタイミングで
          まったく仕事を変えることになるのでそれも気にしなくてよい と。(笑)
          あーなんで英語でくるんでしょうね?
私:   公開チャネリングの人も英語しかしゃべれない人もいたね。
          潜在意識が。
Eさん:Be ready for a professor て言いましたね。As in your mind.て。
    (プロフェッサーになる準備をしなさい。 心の中で。)
    Mind first realization is later.
         (心が先で、認識は後。)
         しかも 英語がスムーズなのが不思議 (爆笑)
         こうやって外国語を教えてくんないかな。
私:   でも英語しかしゃべれなかった潜在意識が日本語をダウンロードして
         途中からしゃべれるようになったりしたんだよね。
         もっともその潜在意識は宇宙の存在だったけど。 面白かった。 
         私も最初は英語で質問していたんですけど
         あなたは日本語でいいよって言われた。でも答えるのは英語。(笑)
Eさん:教育パートだけすごく英語でくるのが不思議ですね。
私:    もしかしたら、そこのパートで答えている人は英語が得意な存在かも。
         潜在意識は何人もいるから。そっちの方がナチュラルなのかも。 

Q:      では9つ目の質問。 資源やエネルギーはこれからどうなるか?
Eさん:これも英語で。freely energy そこで練習するというのを
          選択しつつある。 どういうことなのかな?
Q:   わかるように説明してください。
Eさん:たとえば オフグリッドとか、太陽パネルを家につけるとか
          それぞれの個人や 一つの大学や町とかが、自分たちである程度
     自分たちの電力をまかなえるシステムを作ったり、専念させる
     という形からちょっとづつ 次の種がまかれていく。
          そこの技術者とかデザイナーとかエンジニアとかを
          育てるっていうのが実は今教育界にいる人たちの
          裏ミッションみたいですね。
私:     なるほど
Eさん:それはなかなか良くやっているって言ってますけどね。
          循環社会っていうことをダウンロードしてなにげに教えている人達が
          多いので。
私:     天下泰平さんたちがしようとしているのが循環社会を
          作ろうとしているもんね。
          たくさんそういう知恵をダウンロードしてきているんだろうね。
         今。いろんな人が。
Eさん:義務教育の先生たちがしてきたことも決してネガティブな
          側面ばかりではないって言ってますね。
          そのplatform(教壇)を作ったおかげで、そのplatformを使って
     あらゆる知識がemerge(出てくる。)しやすくなった。
          その大きな役割はあったし、そのprofession(職業、専門職)になる
          人達がもともと素養のある人たちがそこに来て訓練をしたり、
          何かしなければいけない人たちがをそこのprofessionを通して
          実現化したりということもここ100年150年いっぱいあったので
          決してそれはネガティブな側面だけではない。 
          やっぱり私もその一人でそこで伝えたことによって何かを
          実現するっということになるだろうと言っています。
          たとえばアトランティスの知識をそのまま外で話してもおかしな人扱い
          だけど(笑)アトランティスで得た知識を英知を編集して子供に
          伝えること自体は素晴らしい先生だと言われる可能性が高い と。

Q:     最後の質問です。 アトランティス時代の過去世の記憶を実生活に
          生かせますか。
Eさん:パーソナルな意味では。 
私:  変換したらってさっき言ったよね。
Eさん:個人的には個人の人生として意識をすること。
     パーソナル使用より、社会的な活用を考えること。
          それがめぐりめぐって個人へ還ってっていく。
     仲間と繋がるといい。仲間と繋がって、
     今に則したものをデザインする段階で、
           一番有効に活用できるのではないか と。
Q:   色々繋がっていきそうね。
      ではこれで質問は終わりなので、最後に
          Eさんにメッセージはありませんか?
Eさん:Be careful! (気を付けて)って言われたんですけど(笑)
Q:   いろんなことに?
Eさん:Be maindful. (マインドフルでありなさい)かな。
          なんで英語なんですかな。
          ポジティブな感じ。
私:     なんて?
Eさん:英語なんでそのまま言うと 
          You have a strong power. 
          That's enough for you to do what you want to do.
          so do it  みたいな。
         (あなたは強い力を持っている。それはあなたがしたいことを
          するのに十分です。だから やんなさい。)

とても濃い内容だったので、Eさんの許可のもと、
要約せず、久々にセッションすべてを掲載しました。

教育のことやこれからの社会のことなど
なんだか未来に少し希望が持てるような内容で
うれしいですね。
思いは現実化するので、このような前向きな考えって
勇気づけられます。

3つの過去世を見たEさんの潜在意識との対話(その2)

Eさんの潜在意識との対話の続きです。

Q:   では次、レムリア文明との繋がりはありますか?
SC:   あります。 
Q:    レムリアの時も何回も転生しているのかな?
Eさん:うん。 縁がある人がレムリアでの転生歴が長い人が多い。 
      あーなるほどね。 私自身はやっぱりアトランティスの方が強烈。 
      レムリアでの転生ももっているんですけど、
          この人生ではチャンスをあげてて、ある意味統合のチャンスなので、
          縁を感じたら、選ぶかどうかは私自身なんだけど、
         接取していくというか、学んでいく
Q:    レムリアの部分を?
Eさん:そう。で、感じている通り、大雑把にいうと環太平洋の
      ネイティブカルチャーの文明は全部レムリアだと。
      アボリジニーやハワイとの縁もゆったりときている。
      もっとそういうものもそろそろ拾っていくといい。と
      それがわかるんだ、知っているっていうことです。 
Q:    日本もそうだしね。
SC:   そう 日本に転生している点で。 
Q:    そこで、レムリアとアトランティスの統合なのね。
SC:   日本でいえば神道的なものとか、土地そのものとか。

Q:   伸ばすべきキャリアについてのアドバイスは?
Eさん:今日の過去世の中で一番j心地よかった瞬間は
      いつでしたかって言われました。

Q:  今の文明の方向性はどっちの方面に行っているのですか?
SC: あー。 拡散して残念ながら一部は切り捨てられる。
Q:  拡散して、流れの一部は切り捨てられる?
SC: そう。ただ、良く知っているとおり、その切り捨てられたという人が
     永遠の地獄に落ちるとかそういうことはないので。 
Q:   その人に適したところに転生するしね。
        なるほどね。 これからもっと拡散していくんですかね?
SC:  しばらくそれは続く。 そこに救いがあって。 変な話、
     誰とコミュニティを組むかっていうのも少しづつ、
     どんどんわからなくなっていく。
Q:   わからなくなっていく?
Eさん:例えば今、性別なり、年齢なり、ナショナリティだったり、
     ジェンダーだったり、違う人たちとなんらかの形でコミュニティを
     組んでいる人はすごく次の時代にフィットしやすい傾向を持つ人だ と。
Q:   なるほどね。 それが固定してすごくカチッとなっている人は
     次の時代にフィットしにくいってことなのね?
Eさん:変な話、グループAとグループEと両方属していて、
     グループAとグループEのさっき言ったような強い、ジェンダーだとか、
     ナショナリティとかレリジョンとかは強い集合的な  
     なんでここだけ英語なんだ 
     当然それは影響されるんだけど、 ああ なるほどね、 
     今それを再統合する流れになっているので、
     その時代にフィットするってことはある一人の人がグループAでは
     こういうミックス、 グループEでは こういうミックスみたいな状況を
     バランスをとって 個人の静かなスペースを保ったままで 
     楽しく生きられるとだんだんそれでもいいんだよねっていう 
     集合意識が育ってくるので、 あるその集合的無意識が
     ある一定の域を超えた時に次の時代の空気がガラッと変わる と。 
Q:    ああ。なるほど。 そうだね。
Eさん:でもあなたはそういうのをよく理解する立場でいると思うがって
      言ってます。過去世から見ても。
Q:    なるほど。
SC:   ジョセフィーヌの人生のもう一つの理由がフランス革命期に
      ガラッと変わった。あの時は身分制もあったし、
      一部の社会のことだけど、でも へんな話、
      とても宮殿の中心に入れてもらえる立場でない人が
       時代の中心に立って、ありとあらゆる風俗をあそこで見たはず。
       でもそれをよく知っていた人でもあるので、あの感覚っていうのが、
       もっと全世界レベルで違う形で起こったりとか。
Q:    なるほどね。 確かに今世界的にそうなっているよね。
      固有の文化とかもだんだん薄くなってきているし、男女そうだし。
SC:   固有の文化は表現の方に移っていく。例えばアボリジニーの文化を
      表現するためにあるミックスの人が集まるとか。
      シャスタなんかも、ちょっと不幸な歴史も抱えているけど、
      一応ま、からくもそういう方向で行っている場所だと思うと。 
      ハワイも。 もちろん まだ 傷つけられた民族とかの系譜とかも
      まだ浄化しきれていない分もあるから、
      もうちょっと待たないといけないけど。
Q:     なるほど。 そういう見方でいくと。
      まんざら悪い方向に進んでいるわけでもないんだね。
SC:   日本は。 ガイヤの法則的なあれも、
      まあそこを意識していないことについても
    強烈な理由があるんですけど。
Q:     意識していないとは?
SC:   現代イスラエルみたいに一部の。。
      庶民はかなり意識が違う部分があるけど、 
      イスラエルに残っている強固な集合的無意識のように 
      「わが民族が!」 てなってしまうと、 わが民族感と、
      次の文明のそれがマッチしないので。 
      今の日本人みたいにそこが強くない方が、
      積極的な形ではないんだけど、次の文明を作るのに
      適したりはする。
      だから、日本人の場合は気が付かないうちに
      ビジターが増えていたり、気がつかないうちに
      移民法を通したり、 これはこれで良くない部分もあるんだけど、
      しかも、日本の場合は 民族的に思う所はあるかもしれないけれど、
     唯一占領された経験が自分たちの顕在意識があるところでの
     短期間の支配だけで、 かなりの太古からその。。 
     でも太古は現実的にものすごく民族が混じっていて、
     ハワイと同じぐらい日本はレムリアの一部なので、
     その時のエネルギー的な記憶っていうのは実は残したまま
     この魚座の時代を駆け抜けたところはあるんですね。
Q:    縄文とかにしても日本人のみんなに遺伝子があるので、
     部分的に攻めたんではなく、ゆるやかに伝わっていった、みたいな。
SC:  そうそう。
Q:    そういう民族性なのかもしれないね。 
     いろんな新しいものが入ってきて、
     いつの間にかそれを受け入れる。
     それほどそれに対して強固に抵抗しないで。
SC:  この魂は気づいているみたいだけど、もちろん個人のカルマは
     あるんのでそれは尊重するし、批判する気持ちはもちろんないけど、
     この日本という空間においては、ドリーンバーチュさんが 
     この潜在意識の価値観だと。。
     ストラグルされている(もがく)ような形での
     主義主張でのカルマとかのものはスピリチュアル的に
     ほぼありえない。 
     起こったとしても それはカルトのような、ちょっとメンタルとして
     難しい集団に限られていて、かなり強烈な宗教的主張を
     持っている人でも今の日本列島の文化の中だと、
     「あこれがだめだから、これは全部捨てなきゃ」 
     そう意味での罪悪感を抱くようなストラグルの仕方はしない
          ドリーンさんのあの件自体は意義のあることで尊重はするんだけど、
    あのような形でのストラグルとはこの列島以外の所で
    結構起こりうる。 初期のレベルでの起こりうる葛藤だからそれは
    次の流れとはそんなに合わないだと。
Q:  日本人は固有の宗教を持っていなくて、宗教的でないとみんな
    思っているけど、見えないものを信じる的な宗教心は
    みんな持っているから、スピリチュアルな方へすごく入りやすいって
    アメリカ人の人が言ってた。なにかを捨てて入るのではなく、
    もともと持っている見えないものに対する感覚から
    そちらへすっといくみたいな。 
Eさん:あと、未だにロイヤルが祭祀をしている。
    ハワイが残っていればハワイがそうなったんですけど、
    これ、レムリア系統のところがある。
Q:  確かにそういう国はあんまりないよね。
Eさん:アトランティスがある意味大失敗したので、
    そこはいろんな形でまあ陰に隠れるようなところはあるんですけど。 
    レムリアの方は残っているので。

ドリーン・バーチュさんのストラグルとは
突然キリスト教に目覚め、今までのスピリチュアルな考えを
全否定されたということに関してです。

3つの過去世を見たEさんの潜在意識との対話(その1)

アトランティスと中国とフランスのジョセフィーヌ
としての過去世を見たEさんの潜在意識との対話は
かなり長いので3回に分けて書きます。
SCが直接答えているところはSC、
EさんがSCの言葉を伝えているところはEさん
にしてあります。

ボディスキャンをしてどこかに問題や気になる点や
それの改善方法を聞くと、
足、右の股関節ー>靴を変えろ。 つま先。
背中ー>運動すること。 肺ー>エネルギー的な問題
と答えてくれました。

Q:    右の股関節、つま先、背中、肺のヒーリングをしてもらえますか?
Eさん: 大丈夫だそうです。しばらくヒーリングしてもらい、
            その後、ヒーリングを継続しながら質問に答えてもらいました。

Q:   霊的な能力とのつき合い方に対してのアドバイスをください。
SC::  今見せたのがその一環。目覚めるというのは目が覚めるということ。
     今見たようなことが自分の人生だったとしたら、
     自分はどういう風に他人に影響を与えられるのか。
     そこを考えてみるといいと思う。
Q:   その過去世が霊的能力との付き合い方と関係しているということ?
SC:  そう。
Q:   霊的能力を他人に対して使う場合もあるからね?
Eさん: 例えば今見せた3つの人生は全部使っているって言われます。(笑)
     一つ目は自分自身だし、二つ目と三つ目はそういう人物を見極めて、
     使うってことをやらされた人生。 自分が使われていた立場も
     結構あるので、それを的確に使えて、基本的に
     中国の時もジョセフィーヌの時もあんまりそれで
     ネガティブなカルマは量産していなかった。
     例えば呪術を使うとか、変なのを雇っちゃうというのもあるんだけど、
     ま、結構人間を見極める力もあったし、霊的にも高いので、
     はね返した分もある。
     でももし、そこからもう一段突き抜けたいと思うんだったら、
     修行しなさいらしいです。(笑)
Q:   もっとね。霊的な修行をするってことね。
Eさん: それができる環境にいるから、楽しんでやればいいじゃないか と。
Q:   それは勧めますか? 本人次第?
SC:  本人がやりたいんだったら、イエス。
     ある程度まではやらされることになる規定路線の人生なので(笑)
Q:   どこまでやるかは本人?
SC:  自由意志はそこには非常に少ない。 だけど、
     最後の少なく残された自由路線は自分で決めたらいい。
Q:   そこまではそれをするように持ってきて、今に至っているわけだね。
SC:  ただ、今見せた人生と同じで、その部分は守られる。
Q:   仕事面でのアドバイスはありますか?
SC:  率直さをキーワードにしたらいい。
Q:   外国語習得についてのアドバイスは?
SC:  時期を待つ。
Q:   海外に住むっていうのも一つの選択かなって
     考えているんですけど。。
SC:  本人が察しているとおり、調整中なので。
Q:   では、時期が来たら縁が出来たりして
     行くことになったりするって感じ?
SC:  そう。 
     できないという観念をはずせ。
Q:   あー。これは大きいね。
Eさん:最高で過去世においては30か国語まで話せたことがあるそうで
Q:   わー。すごいね。
SC:  それもある種のからくりがあるので。
Q:   そうなの?
SC:  でもそれを今言っても。。とにかく時期を待つ。
Q:   能力はあるってことだね。
SC:  そう。 コンスタントにちょっとずつ、やっとく。 それでいい。
Q:   楽譜のビジョンが最近よく出てくるのですが、何ですか?
SC:  チャネリングの一種。
Q:   何をチャネリングしているの? 音楽?
SC:   ヒーリングについての宇宙からのメッセージ。
     とても有益な情報が詰まっている。
Q:   それをEさんは理解できなくてもいいの? 
     違う所で理解できているんですよね?
SC:  今の段階では、無意識にそっちのアンテナが立ち始めているので
     今の能力の中で一番高い所にピントが合って
     ピュッとダウンロードされている感じ。
     その周波数が悪いものではないので、これが色々なタイミングとか
     意識的に使えるようになるともっと有益な形でダウンロードできる。
Q:   そっかそっか。ダウンロードの練習みたいなものだ。
SC:  大きな意味でいえば。
Q:   チャネリングの練習なのね。これは宇宙の何かの存在が
     送ってきているの? どういうからくりなのでしょう?
     星? 宇宙人?
SC:  地球を守っているそういう技術、発展に関心がある具体的で
     霊的な宇宙の存在が発信しているものを受信しているケースもある。 
     いっぱい送って。
Q:   誰かがキャッチするってことね。そのやり方は聞くわね。
Eさん: このケースはそれだって言っていますね。 
Q:   だから特にEさんに送るって言って送っているのではなく、
     全体に送って、そのアンテナがしゅっと立つようになったから
     それをキャッチするようになったってことなのね。
SC:   そうそう。
Q:   で、チャネリングの練習みたいな。 将来的にはもっと違う形で
     受け取れるようになる感じなのかな? 
SC:   ま、その可能性もある。
Eさん:  その楽譜のが来たってことはその系統のグループの人と
       繋がりやすいってこと。やっぱりグループがあるみたいで。
      それを意識しておくといいみたい。 
Q:   音でヒーリングしたりってこと?
Eさん: そうみたいです。
Q:    あるみたいだもんね。
     それといまEさんが歌を習っているってことと関係しているの?
SC:  関係している。 声の影響力の強さを気付いてきているはずなので、
     そっちにエネルギーを乗せやすい人。 
     悪い意味で使っている人もいっぱいいるし。 
     ま、ポジティブに無意識で使っている人もいて、
     回りの反応をとにかく見て見ろ。 
Eさん: まあまあ思い当たる節はあるんですけど。。 
      そもそも持っているもの自体がそっちの系統ということがあるので。
Q:   なるほど。  
Q:   そいういうチャネリングとか
     結構できるようになってきているのですが、
     それに対してもっとEさんが積極的に訓練とか練習とか
     なんかしていった方がいいものとかありますか?
Eさん: ううん。公開チャネリングとかに
     参加してみなさいって言っています。
Q:    やっている人がいますね。
Eさん: はっきり言って、今日見せた人生の閉塞感、特に中国の人とかは、
     これは仕方がなかったこと。
            時代上のものを一緒にシェアしだんだってことをあとから持てば
     そう苦しいとは思わないと思う と。 
     その時のカルマの解消とかは
     ある意味ジョセフィーヌなんかにはなった。
     ジョセフィーヌは前半生で思いっきり楽しんで、
     後はある意味強烈な人助けをした。
     で、お妃としてまったく身を持ち崩してはいない人
     なので。表面上はともかく。それができたことにも
     色々繋がっているし。
     でもしかたなかったんだけど、今抱えている閉塞感は
     そこを、場を開いていく努力をしないと、
     いつまでたっても閉塞なままなので、
     それをそろそろ。 まあもうしていい時期みたいです。
つづく

QHHT (ジョセフィーヌとしての過去世)

Eさんの3つ目の過去世はナポレオンの妻
ジョセフィーヌとしての過去世でした。
今までかなりたくさんのQHHTをしてきましたが、
歴史上の人物が出てきたのは初めてです。

最初の場面は木靴を履いて黒いスカートの30歳ぐらいの女性で
豪華で大きな修道院にいる。
この修道院は政治的な力も持っていたようで、修道士や修道女たちも
高度な教養と繋がりをもっている。
修道院自体が諜報活動などもしており、ローマかバチカンという感じで、
普通の人達という感じではない。
フランス革命の後ぐらい。

次の場面では時代が戻って、彼女は20歳ぐらいで華やかな
ドレスを着ている。
豪華なドレスを着た女性たちやモーツアルトみたいなかつらを
かぶった男性たちと話をしている。
ヨーロッパのサロンでロココ調。
結婚はしていますが、刺激的で、享楽的な生活をしている。

そこからどうして修道院に入ったのかわかる場面に行ってください
というと、ナポレオンの戴冠式の場面になる。
Eさん: (笑いながら) 正直微妙なんですが、目線が
     受けているんですね。
私:   あなた ナポレオン?
Eさん: (爆笑しながら)違うんです。あの。。
私:   もしかしたら 奥さん? ジョセフィーヌ?
Eさん: そういう目線なんですね。

冠を受けているジョセフィーヌでした。
彼女の感情は誇らしげでもあり、よかったな。
ほっとしたって感じです。

次の場面では人のいない所でナポレオンの話をがちで
聞いてあげている感じ。
ナポレオンは暗い顔。
彼女はここの金をどこへ移せとか具体的にアドバイスをしている。
きれいどころの女性にだれそれを誘惑してもらったり、
色々権謀術を使っていた。
でも不安はあったけど、肝が据わっており、器は大きく、
少々のことでは動じない。
ナポレオンの絶対的な味方。

次の場面はナポレオンが出陣していくところ。
運勢的にはこれが最後だった。
ここが分かれ目で不吉な予感がしている。
多分ロシア遠征の前?

次の場面ではナポレオンが別の女性に産ませた子供を見ている。
あまり、嫌な感情はなくて、ちょっと疲れている。
立場としてこの子供がうまくいくようにと思っている。
うまくいくなら自分の感情がどうとかは二の次。
ナポレオンの方は回りが墨染みたいな感じに見えている。

次の場面では50歳ぐらいで重要な客を迎えて話をしている。
毒をもられた感じ。 おかしいって思っている。
それで死んだわけではない。

最後の場面ではずっと仕えてくれた女官を呼んで遺言を伝えている。
内容は隠し財産や隠し金庫やいくつかの人間関係の処理。
子供たちはしっかりしているし、前もって用意はしていた。
最後はあまり気力はなかった。
もういいかって感じ。

私:その人生を振り返ってどう思いますか?
Eさん:死んでからあの時こうだったんだとか、自分に繋がる人が
こうなったんだ、ああなったんだと理解して、はーみたいな。
ナポレオンが死ぬまで3次元に近い所で見守っていた。
死んでからもしばらくこの世に留まった。
成仏していなとかではなく、サポートまではできないけど、
ナポレオンとかが気になって。
このことがこうだったんだって
死んでからわかったこともあるので、
子孫が運が開くようにちょこちょこサポートはしていたよう。
実際子孫は平和に暮らしたようです。
死因は毒殺だったが最後防ぐ努力もしなくて、もういいわって感じだった。

潜在意識になぜ見せたか聞く
SC:有名人になるということがどういうことが
   もう一度思い出してほしかった。
Q: 最後は毒殺されたんですね?
SC: うん。毒殺の相手はよくお茶に招いていたロシアの皇帝
    だったみたいですけどね。
    あらゆる人生のエッセンスがジョセフィーヌの時に流れ込んでいた。
Q:  だから波乱万丈の人生を送ったのかな?
SC: お妃としての彼女は全然波乱万丈でなないので。
   そうなるべくしてなったというか。
   中国での人生なんかもジョセフィーヌの人生に役立っているし、
   役回りというか。
Q: 色んな人生を送ることによって魂としては
   学んでいるっていうことなんですかね?
SC: もうちょっと人に与えた影響というのをしっかり自覚しなさい。
   自分がどう感じたかではなく。

歴史上の話というより、その人物の心情とかがよくわかるので
とても興味深いです。
遠い有名人というより、一個の人間として身近に感じられます。

Eさんは潜在意識の時でも、潜在意識のことばを
そのまま話すこともあるし、自分の言葉で解説したりも
してくれるので非常にわかりやすいです。

次の記事では潜在意識とEさんの質疑応答を書きます。

QHHT (中国王朝に仕える過去世)

Eさんの2つ目の過去世は中国。

回りに纏足の人がいる。 茶色の服を着た宮殿に仕える辮髪の美青年。
宦官のようだけど、男性機能はある。
色々なことを警戒しないといけない立場の人。
エネルギー的には全方位に意識を配り、
仮面的なバリアを張らないといけない感じ。
宮殿の一部の官舎のような所に住んでいる。

次の場面では馬がたくさんいて、
華やかな姿の女性たちが回りにいっぱいいる。
宦官のような男性もいるが、刑罰的に男性機能を失った人はいるが
多くは形だけで、実際に機能は失っていない。
納品された馬のチェックをしている。
事務の仕事をよくしていた。

次の場面では華やかな妃のような人が見える。
全体的にゆるい感じ。
間違いが起こってもそれほどひどく処罰されない。
同じことが起こっても場合によっては処罰される。
表の規則と裏の規則があるよう。
Eさんは引き気味の処世術を身に着けている。
お妃さんから可愛がられているようです。

次の場面ではそのお妃さんが一段と華やかになり、
更に地位が上がった。
仕えているEさんも同じく地位が上がった感じ。
Eさんは本当はしたかったことがあったんだけど、
それはできなかったので人生的にはやや不満足。
もっと表に立って政治的なことに関わりたかったようです。

次の場面ではお妃さんが赤ちゃんを抱っこしている。
Eさんはその赤ちゃんをあらゆるものから守るのに能力を総動員した。
Eさんは高い身分の家の人だったようで、お妃さんの親戚。
若い時は下っ端の仕事もしていたが、それは修行だった。
色々なことの後始末をしたり、お妃さんや女官とも万全の態勢で
関係をもったりもしていた。
だんだん一族の方を重きに置くようになり、影響力を持てる立場にもなった。
でもやらなければならない雑多なことが色々あって楽ではない。

最後の場面は天寿は全うできた。隠居して次の代に仕事は譲った。

その人生を振り返ってどう?

私 キャリア的には成功した人なのね?
Eさん でもある意味息をひそめて回りをくまなく観察してやってきた。
私   その見返りはあったのかな?
Eさん でもこの人も個人の人生というものがあまりなかった人みたい。
     なかったわけではないけど、薄い。
     役割としての人生。
Eさん あまりこういう人生は好きじゃなかった。
     この人生で良縁はつないだよう。
私    人からみたらいい人生だったでしょうが、
     自分のしたいことができなかったから良いとはいえないかな。
Eさん  これも閉塞感ですね。 でもまあこの時は一応妻と子供もいたし、
     若い時は女官やお妃さんとも関係があったようだけど、
     基本的には妻を泣かすようなこともなかった。
     回りの人は幸せだったのかも。 結構な文化人でもあったし、
     人に好かれる人だった。
     身は持ち崩さなかったし、家を栄えさせた人。
     ただ、閉塞感はあった。

潜在意識になぜ見せたか聞く
Q  どうしてこの中国での過去世を見せた?
SC 家を守ることの重要性を知ってほしかった。
Q  それは今のEさんの家と関係しているのですか?
SC 自分が回りの人にどのように影響を与えるかということ。
   一つの人生が次の人生に繋がっている。
   中間世で幸せなことが最初からというか、途中から決まっていた人生。
   現世でできなかった分、中間世でこの中国の時はしばらく色々できて。
   そこでの生き方を学んで、楽しかったはず。

中間世のことを後日Eさんに質問しましたところ、
以下のメールをいただきました。

中国の過去世ですが、ここでの中間生は、魂の転生と転生の間に、
どうやら結構長めに時間を過ごしたようなのです。
そこで、霊として、肉体を持たない存在として、
主に家系の人とか国の人とかに色々自由に影響を及ぼしたようです
そういう存在としての楽しさと生き方を学んだ時間だったようです

この世だけでなく、中間世でも学んだり、仕事をしたりするのですね。
今の人生も過去からの影響があり、次の人生へと繋がっていくので
大事に生きる必要がありますね。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ