mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

サロン

QHHT(バランスが重要その3)

Q:自分に自信が持てるようになるにはどうすればいいですか?
SC:自信を持つことがエゴに繋がるのではないかと心配して
  ブロックになっています。
  それは今までの経験から人から理解されなかったことで
  本人に恐れがあります。
Q: そのブロックをはずしていただけますか?
SC:お店を持つことでMさんは変わってきました。
  どこに自信を持つべきなのかはわかるはずです。
  それでもスタッフに抵抗がでると自分に恐れが出るので
  それに関して自信を持つべきです。
  自分がお店の運命を決めるという責任、
  そこに重点を置かなければならない。
  振り回されているぶんがあります。

Q: 本業をやめられるようになりますか?
SC:今はお店の途上なのでバランスをとっていく必要があります。
  もう少しお店のことを楽に考えられれば別の道が出てきます。
  今はストレスが阻んでいるので、その問題を外した後に
  ちゃんと道は見えるはずです。
  本業を続けたくないと思っているので違う道を見つけるはずです。
  自分に自信を持って、信じて、恐怖を乗り越えていかないといけません。
 
Q:自己肯定感がないのはなぜでしょうか?
SC:常に流れに人生や価値観を振り回されてきた過去世が多い。
  自分自身を見つめるのではなく、何かを得ないと
  人生が上手くやれないと思ってきました。
  なので、自分自身の力を考えてきませんでした。
  自分は弱いので何かにすがって何かを得ようとしてきました。
  でも、自分自身を考えるように今世はなってきました。
  自分のまわりは自分から出ていることに気が付きはじめてきました。  
  自分の価値観の低さに気が付いたところです。
  
Q:プラス思考のアフォメーションは続けていっていいですか?
SC:自分の中での足りないものや変えないといけないものに気づいているので、
  アフォメーションを必要としました。
  瞑想をしなくてはと思っていますが、その時間がとれない。
  自分にはできないと思い、アフォメーションに変えています。
  それに気づいてくれば、アフォメーションは特に必要ではありません。
  気持ちを高めるということをわかったうえでは問題はありません。
  無理にその時のマイナスの思考を消すための
  アフォメーションでなければいいです。

最後のメッセージ
今世で気づいて乗り越えていかなければいけないことには
ちゃんと道ができています。
それを乗り越えていけるかどうか。
それに向かっています。
自分の中でどうしたらそれを変えていけるかについて
ちゃんと気づくようになっていますので心配はいらないと思います。

終わり

Mさんが見た過去世は力やお金にまつわる極端な例をみせてくれました。
そして、今世では力、お金をバランスよく使っていくための人生で、
その道をちゃんと進んでいると潜在意識さんは教えてくれました。
学び、気づくために色々なことを潜在意識さんは
用意してくれているのですね。
ハイヤーセルフ(潜在意識)に任せていれば、
必要な学びはちゃんとやってくるし、サポートもしてもらえますね。
体の不調や起こってくる出来事に気付けばその道を進んでいけるのですが、
ついそれを無視してしまいがちです。
つい無理をして体のバランスを崩してしまう私にとって今回のセッションは
ちょっと耳の痛い話でした。

QHHT(バランスが重要)その2

Mさんの潜在意識(SC)との対話の一部

Q:ボディスキャンをして問題の点を教えてください。
SC:体に偏りがあります。バランスをとらないといけない。
Q: その偏りはどこからきていますか?
SC:バランスが必要だと体が思い出させている。
Q: どういう意味でのバランスが必要でしょうか?
SC:心のバランス。
Q: 心のどういったバランスでしょうか?
SC:すべてがバランスで成り立っているのに気が付いてきました。
  体のバランスがくずれていることに気が付いていなかった。
  偏っていることには気づいていましたが、
  バランスをとらないといけないことには気づいていませんでした。
  考え方のバランスには気が付いてきましたが、統合しなければなりません。
Q:それはたとえばポジティブな考え方とかネガティブな考え方とか
  そういうものの統合ですか?
SC:はい。今までの過去世は極端な人生でした。 
  学ばなければならなかった過去の陰にできたトラウマがあります。
  それが強いのでそれを消していかなければなりません。強すぎて。(泣く)
Q:消していかなければいけないトラウマを潜在意識さんが
  はずして解消してもらえませんか?
       もう必要がないと思うので。やっていただけますか
SC::確かにそうです。
Q: お金のブロックもそこから来ているのですか?
  あまり儲けてはいけないとかの。
  それをなんとか消してください。お願いします。
SC:はい。
Q: 今だけでは無理なら、これからMさんが眠っている時とかに
  そのブロックを消すことをやっていってもらいたいと思います。お願いします。
  そして、ネガティブな思いが強くならないように、
  バランスがとれるようになることもお願いします。
SC:はい。

Q:胃の不調はどこからきますか?
SC:バランスをとらないとに気付き始めた。でも自分ではできないと思っている。
  体が抵抗している。ストレスで体を痛めるために過食に走りました。
  自分でコントロールできるようにならないといけません。
  わかっているんですが、できないという思いがあります。
Q: そのできないというMさんの思いを取ってもらえますか?
SC:はい。
Q: 体のバランスが取れてないということによって
  自分の心のバランスもとれていないことの気付きになったのですかね?
SC:はい。
Q:そのためにその不調があったのですね。
  それでMさんも気づいてきたのですね。
SC:はい。同時に起こっているはずです。
  変えないといけないという状況が起こると同時に体にもできてきました。
Q: 心のバランスがもっととれてくると体のバランスも
  もっととれてくるということですね。
SC:はい
Q:過去のトラウマは解消してもらったし、
  今後はもってバランスがとれていきますよね。
  そちらの方のサポートもお願いします。
SC:はい。
Q: ヒーリングを続けていただきながら、質問を続けてもいいですか?
SC:はい。

Q: 体のバランスをとるためにロルフィングなどに通っていますが、
  何か自分でできることはありますか?
SC:わかっていてできていなかったことが徐々にできるように
  本人が頑張らないといけない。食べること、体を休めること。 
  自分がお店を任せることに罪悪感があります。
  自分がやらないとスタッフが頑張れない。だから体を休めれない。
Q: もっと自分の体を休めてスタッフに任せることが必要なのですかね?
SC:そうです。任せることでなまけているとスタッフに思われないか、
  スタッフがそれと共になまけてしまうのではないかとそうすると
  お店が傾くのではないかと恐れています。
  それで頑張ることが仕事とお店との限界が来ています。
  折り合いをつけていくことを考えていく必要があります。
Q:それはMさんが考えて折り合いをつけていけることですよね。
SC: スタッフはわかってくれます。もっとスタッフを信じていかないといけない。
  今は研修のやり方で変えていこうとしていることもあるので、
  手放せないことにジレンマもあります。
  それは本人のストレスとなっています。
Q: そこのところをもっとMさんがやり方を変えていく必要が
  あるということですね。
  そうでないとバランスが悪くなって体の限界になっていくのですね。
SC:今でもお店に行く時間が限られているので、
  スタッフに任せているのに変わりはないはずです。
  チェックすることしかないです。無駄に体を疲れさせることはない。
  そこに気が付いていませんでした。
SC:そうですね。それには気づいていませんでしたね。
  今日気が付かせてもらいました。

Q: スタッフを採用する時に直観が働くように何か教えてもらえませんか?
SC:これまでの採用に関しては学びもあるのですべては本人が判断し、
  学べたことでわかってきたことがあります。
  これからは、自分の判断でもわかることがあります。
  直観と信じる気持ちです。
  これまで研修が終わるとやめるということに関しては、
  研修のやり方に結びついていました。
Q: だから、研修のやり方を変えていこうとしていらっしゃいます。
SC:やり方を変えれば、スタッフも自分のやり方、目標をみつけることで
  続くようになっていくはずです。
  すべてを与えてしまうと、そこでの人の学びのチャンスを失うので、
  学ぶことがなくなりやめていきます。
Q:今そこは変えようとしているので大丈夫だと思います。
SC:課題はあるとは思いますがスタッフの意識が変わっていくことで
  それが変わっていきます。


QHHT (バランスが重要)その1

Mさんは一年ぶりに体と仕事のことを潜在意識に聞きたくて来られました。
Mさんは仕事を持ちながら、お店の経営というダブルワークをされています。

最初の過去世は金属の甲冑を着、髭を生やした屈強な兵士で、
たくさんの兵士たちと戦いにいくところです。
彼らは徒歩ですが敵方は馬に乗っていて強そうです。
戦いの末、味方はほとんど死に、彼も腕を怪我し、
出血がひどくて亡くなります。

その人生への印象
強さと力、戦うこと、恐れないことが全て。後悔はない。
自分の信念、人生を全うし、
納得しているので疑問はない。

潜在意識が見せた意味
その時代は力が全てでした。
体を鍛え、健康であり、力を持つことで世の中をわたっていた。
生き残っていくことが人生。

二番目の過去世では海のそばの白い街並みが見える。
Mさんは男の子の赤ん坊として生まれる。
次の場面では5,6歳になっていて、お父さんは海で死んだ。
お母さんも貧しく、健康そうではない。
その後お母さんは亡くなり、誰にも助けてもらえなく、
幼くて仕事もできないので彼も飢えて亡くなる。

その人生への印象
生きるには小さすぎた。力がなく、生きるすべがなかった。
強くならなければならない。自分は力がないと思った人生。

潜在意識が見せた理由
弱い存在でした。守るものがなくて生きるすべがなかった。
その時に思ったのが、力がないものは生き残れない。
お金がないと生き残るすべがない。
力がほしい。お金が欲しい。
弱い存在は生きる価値がないという人生でした。
一度それを知る必要があった。

三番目の過去世はアラブの男性。
40代後半で、恰幅が良く、お金儲けに長けた裕福な商人。
仲間たちと豪華な食事、お酒を楽しんでいる。
奥さんは30代で存在感がない。4歳ぐらいの息子がいる。
愛情よりお金という人生を送り、80歳ぐらいで一線を退き、
体はあまり動かない状態で家にいる。
奥さんとは気持ちが離れているし、仲間もいなくなる。お金はあるけど孤独。
儲けることがすべての幸せだと思って、色々なものを犠牲にして
強引に商売してきて、今は反省している。
お金が幸せに繋がると思っていて、仲間もできたし、
家族もわかってくれていると思っていた。
でも稼げなくなると人も離れて行き、家族との絆もなくなっていたことに気づく。
お金が全てではなかった。

その人生への印象
バランスをとることが大事。
お金が力にもなるけど、心の絆を考えたことがなかった。

潜在意識が見せた理由
お金が力になる。稼ぐことが人生。家族を養うにもお金がいる。
お金はパワーにもなるし、色々なものを得ることができる。
そちらに偏りすぎて人としては絆を失った。
偏ったことで幸せを失ってしまった。そのことを知る必要があった。
極端に振れることが不幸せになる。バランスが必要。


QHHT (思いの重要性 その4)


Q: 昔、霊能者の方に、「あなたは遊んでればいい」と言われましたが、
  どうとらえればいいのでしょうって質問があります。
SC:ということを言うでしょ。どうとらえたらいいでしょとか。
  だから、その通りだっていうの。その通りなのね。
Q:今回はそういう人生を選んできたんだものね。
SC:そう。自分を愛してやって、豊かだと思う瞬間をたくさん経験して。
  それはね、人が見て豊かそうに見えなくてもいいのよ。
Q::自分がどうかってことよね。
SC:そうそう。そうです。人目を気にする人生だったから。前半は。
  かなりね。でも、後半はそっからとらわれなくなっているからね。
Q: それは大きいことだよね。そこまでできたのが。
SC:もっとリラックスしていけるんじゃない。これからは。
Q: いいね。
SC:そう。自分で作らなければね。(笑)大丈夫だと思うよ。
  まあ回りの人もそうだし、こういうセッションに来ること自体、
  まあね考えられなかったの。20代、30代のこの人って。
  そんなことありえないから。セミナーとかありえないからね。
  なんだけど、知らないことに対する許容。
  自分に必要だったら継続、必要なかったら、中止というメリハリを
  できるようになっているよね。だから、今回はよかったと思う。
Q: すごい納得されると思う。 楽しい人生を送れると思います。
SC: まずそれを信じることですよね。

Q:最後の質問は出来る範囲での肉体と精神のヒーリングを
  お願いしますだけど、これも必要ないということで、
  これから先、また必要になったら。
SC:この人、自分で出来んのよ。小さいことなら自分でできる。
Q:もっとそれをやっていった方がいいのかしら。自分で。
SC:自分のためにはね。 でも人を癒さなくてもいい。
Q: 人を癒さなくてもいいのね。
SC:そう。やりたきゃやったらいいけど、多分向いていない。
  自分のメンテナンスぐらいならできるよね。
Q: ありがとうございました。たくさん答えていただきましたけど、
  最後にメッセージはありますか。
SC:(笑)まあ よく来たよね。ここに(笑)ほんとほんと。
  連絡をとったり、自分から動いたりとかはありえなかったから。
  よくやったし。むちゃくちゃ彼女のためになるからね。
  でもさ、自分のためになるってわかっていても
  やりたくないことってあるでしょ?
Q: あるある。
SC:そういうのってみんな経験していると思うけど、だけど、
  やったらいいことと、やりたいことが合致するってまあめったにないから。
  今回はめったにないことが起こってよかった。だからまあよかったと思うよ。
Q: よかったと思います。これからも彼女のお世話をお願いします。
SC:うん。自分だからね。
Q: そうね。そこはお互いウインウイン関係だからね。
SC::うん。やるやる。この人扱いやすくなったよ。扱いにくかったあ。
  難しいというか、なんでそっちいくんだよってところに発想がいっちゃう。
  最近はそうそうというところに来れている。だからこっちも楽。
Q:そうね。どうもありがとうございました。
SC:はい。
終わり。

自分を信じ、大事にすることがハイヤーセルフを信じ、大事にすることですね。
嫌われるとやる気がでないのはハイヤーセルフも同じのようです。
幸せでいて欲しいというのが彼らの一番の願いなのかもって
今までの数々のセッションを通して思いますね。
色々負荷を持って生まれて、それをクリアしていくっていうのが
地球に生まれた意味だとすると、ゲームみたいなものなのかもしれません。
そして、本当はすべての答えを持っているのに、それを忘れて生まれて、
それを思い出すのも。
地球でしかできないゲームをやりに来ているのかもしれませんね。

後日メールで二つ目の過去世と、自分の今世とが年代的に
重なっているが、それはパラレルワールドなのか?
それともインプリントなのかという質問をMさんからいただきました。
私の潜在意識に聞いたところ、それはパラレルワールドでの
過去世だということです。
今もパラレルワールドというか、別次元に私がいるそうなのです。
私たちは今世の私、過去世、未来世、パラレルワールド、
そして潜在意識(ハイヤーセルフ)そして、次元の上の私
それらみなが、ちょうどミラーボールの一つ一つの部分で
全体で私ということだと言われる方もあります。
そして、すべては繋がっていると。
不思議な世界ですね。

QHHTヒプノセッション
お申込み、詳細は Mahaviaまで->http://www.mahavia.jp

QHHT(思いの重要性 その1)

Mさんはヒプノセッションなど初めての方だったので
催眠に入れるかご心配されていましたが、
しっかり過去世も見えたし、潜在意識も出てきて
色々な質問に答えてくれました。
特に大きな問題があるわけではないのですが、
ご自分が今の方向で良いのか確認したいということで来られました。
潜在意識が大丈夫よって
背中を押してくれたようなセッションだったので
Mさんはとても喜ばれてお帰りになりました。

第一の過去世。
かなり古い時代で石造りの家に奥さんと子供と住んでいました。
奥さんと子供は今の人生の友人たち。
魚を取って生活をしていましたが、突然地震が起こり、
家が倒れ、奥さんと子供は石の下敷きになって亡くなりました。
次の場面では白髪の老人になっていて、石はもうこりごりと思い、
木のほらのような家に一人で住んでいる。
村人たちに大事にされている。
最後の日では死ぬことに怖さはなく、来るべきときがきたと
寿命を受け入れて亡くなる。
彼を看取った若者は現在のMさんのご主人のようでした。

その人生へのMさんの印象
無力感を感じていた。
屋根はつるを編んだものとか、木のほらとか、
石で死なないようすることを人に伝えてきた。
後半は人々に教える人生。
人に教えることで、人から食事などの世話をしてもらっており、
知恵を持った長老という感じでした。

第二の過去世
1920年~30年代のアメリカ、ニューヨークのよう。
赤いヒールにツイードのスーツを着たブロンドの女性新聞記者
野球選手の取材をしようとしているが、女はひっこめとうい感じで、
背の高い男性記者たちに遮られて前にいけない。
仕事に疲れていたところ、記者を止めて結婚し、郊外に住む。
最初は幸せだったけど、その後離婚。
次の場面では60代で古い事務所で本の編集に携わっていて、
人を雇って仕事をしている。生活には満足している。
最後の場面では80歳ぐらいで病院にいる。
死ぬのは怖がっていない。本当は離婚せずに頑張りたかったけれども、
当時の価値観では無理だった。
自分がやりたいことを取ったので、彼を傷つけてしまったけど、
仕方がなかったと思っている。

その人生へのMさんの印象
代償を払っても仕方がなかった。
そのまま仕事をあきらめていたら、後悔していただろう。

潜在意識(SC)とのQ&A

Q: ボディスキャンをしてどこか気になる点があれば教えてください。
SC:特にはないかな。
Q: 第一の過去世はなぜ見せたのですか?
SC:今の人間関係の始まりを見せた。
Q: 第二の過去世はなぜ見せたのですか?
SC:もう過去に仕事一辺倒の人生も送っていますよ。
  だから極端な仕事だけとか、何にもしないのはダメとか、
  極端に考えないでやってきたから、仕事もいいし、
  仕事をしていないからといってそれを負い目に思うこともないという事を
  教えておかないと。まあ本人もわかっているみたいだけど。
Q:もっとバランスがとれるにはどうしたらいいですか?
SC:とれている。
Q: もっと健康になるには?
SC:もう健康だから大丈夫。
Q: もっと幸せになるには?
SC:何が幸せかこの人はわかったから。
  わからなかった時はだめだったけど、わかったから。
  後は飾り。飾りがすきならまあその飾りを楽しんだらいい。
Q:もっと豊かになるには?
SC:(笑い)豊かだと思えば豊か。思いよう。
  不足していると思えば不足だし、満ちていると思えば満ちている。
  じゃあどっちが楽しいか考えて。
  不足を思って飢えるような気持ちになるのか。
  満ちているし、更に満ちたいと思ってうれしくなるか、
  どっちがいいかですね。

Q: 破棄すべき契約はありますか?
SC:もう終わったね。

Q: 手放すべきカルマはありますか?
SC:これも終わったね。そうだね。清算はもう終わっているんじゃない。

Q:オーラフィールドでどこか漏れているところはありますか?
SC:大丈夫だと思う。

Q: もっと自分自身に気付くためにはどうすればいいですか?
SC:まあ人の言っていることをよく聞くことかな。
  聞くけど、ジャッジしたがる癖があるから、
  でもまあ、聞いて、手放す。

Q:自分自身にもっと何かすればいいことがありますか?
SC:瞑想苦手なんだよね。
Q:瞑想に代わるものは何かありますか?
SC:まあふっと見上げる看板とか、あと、パッと見た時の時間とか、
  空の雲とか。空を見るのがいいね。下を向いちゃだめだから。
  上を見て、空を見て。
Q: そういうのをパッと見た時に潜在意識さんが何かメッセージを
  与えているのですよね?
SC:そう。あのね。一回本人がしるしをくれとかサインをくれとか言うから、
  やったのに違うなって思って。そうなんだけどね。
  何回もやっているんだけどね。
  この人、自分から言っといて、出したら、そんなわけないって言うから。
Q: でももう大丈夫じゃない。もう繋がったから。
SC:そうね。(笑) 
Q: これからは数字とか看板とか空とかでサインを出してあげられるよね。
SC:そうそう。ゾロ目で出してあげたんだよ。それなのに。。
  信じたいと思ったんだけど、まだ自信がなかったんだよね。多分。
Q: これでもう大丈夫ね。もう自信ができたから。ちゃんと受け取ると思います。
SC:そうしてください。

続く

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ