mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

健康

今年のテーマは笑い

6dc8a7a1.jpg
これは12月に大阪の枚岡神社で行われた「お笑い神事」です。
神主さんや巫女さんの先導で20分間みんなで笑います。
5分ごとに太鼓が鳴るのですが、最初の5分がいちばんしんどいですよって
神主さんがおっしゃったのですがほんとそうでした。
最初は「わっはっは」って無理に笑おうとするのでお腹に力が入って
ちょっとしんどかったのですが、最後の5分ぐらいになると
ほんとに笑えてきました。
日ごろお腹をかかえて笑うってないのでとっても気持よかったです。
笑いは免疫力を高めるし、心身ともにいいのはわかっていますが
なかなか日常生活ではそんな機会はないですね。

QHHTのヒプノセッションでは潜在意識さん(SC)が出てくる時に
爆笑しながら出てくることがあります。
なかなか笑いが止まらなくて、こっちも一緒に笑えてきます。
またSCのコメントに「笑え」というも出てきます。
笑うと免疫力が上がるだけでなく、ネガティブなものも祓えるし、
幸せな気持になるのでイコール波動も上がると思います。

私自身のSCも出てくる時に必ず爆笑しながら出てきます。
先日したQHHTセッションでクライアントさんに
気持が落ち込んだ時にはセッションの録音を聞いて
SCと一緒に笑ったらいいってアドバイスしました。
そういいながら、心の中で「自分はやっていないなぁって。。。」
私の場合録音を聞かなくても
呼び出しさえすればSCが出て来て爆笑するのに
SCに質問することはないとか、SCに頼るのはなんかいやという気持から
めったに呼び出しませんでした。
これからは毎日でも呼び出して爆笑してもらおうと思っています。

今年はテーマのSCと笑うだけでなく、奈良公園の散歩や
庭で土にふれることなど、身近にあるものを
もっと味わっていきたいと思います。
笑うこと、歌うこと、踊ること、身体を動かすこと、自然に触れること、
楽器を演奏すること、人と触れあうこと、どれも魂を喜ばせることですね。
SCも「笑え、歌え、踊れ、自然と触れあえ、五感を味わえ」
ってよく言っています。
簡単なようで後回しにされがちです。
たまちのグループや音楽の翼のグループなど
一緒に楽しんでくれる人たちに出会えてラッキーです。
そういえば長年自分がやりたかった方向に進んでいると気づき、
それもこれもSCのお導きと思って感謝しています。
「そうだろう! わっはっは。。」って爆笑が聞こえてきそう。。

ヘナとロミロミのコラボ

42a2461a.jpg


東生駒の美容院Graciasのオーナー河本和紀さんと
同じく東生駒のロミロミサロンLakuleaの岩井さんとのコラボで
とっても素敵な時間を持ちました。
ヘナをしてもらった後、タオルとターバンを巻いて近くのLakuleaさんへ。
ヘナが染まる時間を利用してロミロミをしていただきました。
もともと岩井さんにGraciasさんを紹介していただき、
そこのヘナの良さにはまりました。
先月ヘナの後にロミロミをしてもらうと河本さんに言ったところ、
ヘナをしたままでもできるよって。
で 今回両方を予約して念願のヘナ+ロミロミをしてもらいました。

河本さんはインドに行ってみてそこで普通に作られるヘナが
不純物が入っていたり、化学ものが入っていたり、
日本人が現地の工場へ行かないのをいいことに
いい加減なものが作られているという実態を知ったそうです。
通常20%不純物があるのですが、河本さんがインドから
取り寄せているものは、20%の不純物を手で選別した
より純粋なヘナです。
なので発色もいいし、なにより体にいいです。
彼は全国にヘナの良さを広めようとがんばっています。

ただ ヘナは染まるのに時間がかかるのでその間
じっと座っているのがけっこう体に負担でした。
でも ロミロミと組み合わせることで時間短縮になるし、
なによりヘナで頭が気持よくなったところに体もほぐしてもらえて
最高です。

河本さんはヘナをきっかけに知ったインドの子供たちの実態をより
よいものにしようと活動されています。
また 美容院にはパワーストーンもあちらこちらに。

今日はLakuleaさんで最初にホットストーンを置いてもらい
それもとっても気持がよかったです。
岩井さんもヒーラーさんをよんでセッションをしたり、
お話し会を開いたり、いろいろな活動をされています。

もともと岩井さんのサロンを紹介してくれたのが
ムナイキに来てくれたなりちゃんです。

冬に来た龍ちゃんが私の潜在意識に呼ばれて
縁をつけに来たと言っていましたが、
ほんとにそうですね。
春以降様々な方々とお知り合いになっています。
ありがたいことです。

美容院 Gracias
http://blog.goo.ne.jp/higaiko

lomilomi サロン Lakulea
http://ameblo.jp/lakulea/

46453250.jpg574c560b.jpg


放射能へのプロテクションのエネルギーワーク

先日書いたボランティアソウルの方の話の中に
放射能へのプロテクションはエネルギーワークでできる
という発言がありました。

東日本の震災の後にアメリカのレイキヒーラートムさんが
放射能へのプロテクションの情報を転送して下さいました。
去年の3月25日にブログに書いたのですが
再度掲載したいと思います。

これは「ハトホルの書」などを書いたトム・ケニオン氏が
ハトホル意識からの緊急チャネリングで得たメッセージです。
放射能汚染、ニューロトキシン(神経に害を与える毒性物質)による汚染、
バクテリア、ウィルス感染などからの防御とヒーリングについてです。

ニュージーランドの地震、日本の地震と続き、
地球は今や更なるカオティックノード(混乱期)に入りました。
そのようは時期に増えるであろう様々な有害物質から
身体を守るのが「光の薬」という方法です。

まず私たちの光の領域である「神聖なソウル」
(ハイヤーセルフともいいます)につながります。
「神聖なソウル」は私たちの頭上にあって、
両腕を上げて手を合わせた指先ぐらいの位置にあります。
その位置を意識して必要な種類の防御(たとえば放射能とか)と
ヒーリングのエネルギーがそこからくるという意図を感謝と共に伝えます。

次にハートチャクラ(胸のあたり)を意識して
防御とヒーリングのエネルギーを受け取ります。
このエネルギーを光や、幾何学模様、エネルギーが下りてくる肉体感覚、
考え、など いろいろな形で経験するかもしれません。

次にきれいな水が必要です。というもの水は情報を保つのに
最適だからです。
水の入った容器を手に持つか、かざすかしてください。
ハートチャクラのエネルギーが腕から手に伝わり、
手のひらのチャクラを通して水に入ります。
エネルギーを増幅するために同じことを3度繰り返した後 
水を飲みます。
その水は身体にある水分へ浸透して、
ヒーリングと防御力はやがてすべての細胞へと入っていきます。

この方法によって光を身につけます。
光は「神聖なソウル」から ハートチャクラ、手を通して
水の成分に送られます。
そしてそれを飲むことによって光を受け取ります。

もし 放射能を摂取したときには「神聖なソウル」から下りてきた
エネルギーが放射能汚染から守ってくれ、ヒーリングしてくれます。
また他に自身を守る方法を知っているならばそれも行ってください。
しかし、何も手段がない場合でも私たちの意識という道具によって
自身を守り、ヒーリングすることができます。
ニューロトキシンを浴びた時やバクテリア、ウィルス感染の時も使えます。
また ガンなどほかの病気の時にも使えます。

そのような場合にはこの「光の薬」(一日数回チャージした)を
直感に従って飲んでください。

また 自分で「光の薬」を作れない子供やペットのために作ってあげてください。
その場合は「神聖なソウル」に意図を送る時に自分ではなく、
その対象(子供やペット)への防御とヒーリングであると明確にしてください。

「光の薬」作る能力はすべての人間が持っています。

日本で起こった地震や津波の物質レベルでの結果に対応するのは
とても難しいですが、このような災害がもたらす影響を
物質からメンタル、感情、スピリチュアルへと意識をシフトしてください。

カオティックノードに入っていることや太陽のフレア(爆発)活動に連なった
深い宇宙のエネルギー、これらが我々に影響を与えています。
同胞たちの苦しみを感じることでハートを開けることができ、
ハートを通して高い意識に達します。
なので日本の地震はいろいろな意味で
集団のハートにとっての地震なのです。

これから来るべき時は容易ではありません。
増大する地球の変革がやってきて、根底からゆすぶられます。
そして多くの文明は比喩的にも実際的にも
もろい土台の上に立っていることを認識するでしょう。

カオティックノードへのアドバイスは自分自身のために
「光の薬」を作ることを学び、マスターすることです。
それによっていざという時に本来持っている防御力と
ヒーリングにつながることができます。
マインドだけでなく、ハートと共にしっかり歩んでください。
そしてハートをオープンにしてください。
自身の偉大さへとらせん状に上昇していくのはハートを通してなのです。

リカバリーチップと長野の桜

6c82660a.jpg
9d3351a8.jpg
リカバリーチップという鍼灸効果のある石の効果に今さらながら驚いています。
中華系カナダ人の方が鍼を使わずに
同じような効果のあるものとして作ったそうです。
枇杷温灸の安東先生に教えてもらって購入しました。
のどが炎症しそうな時とかひどい風邪の時とかかなり即効性がありました。

最近あまり使っていなかったのですが先日アメリカから来た友人が
歯の治療が原因とかで首がまったく回らなくなり、
頭痛、首の痛みに困っていました。
ほぼ3ヶ月そのような状態で、医者やカイロ、マッサージなど
いろいろ試したけどいっこうに改善されなかったそうです。

枇杷温灸、レイキ、リカバリーチップと
毎日のようにいろんな手当てをしたところ、
頭痛などの痛みはなくなり、首も右はほとんど、左は少し回るようになりました。
いずれも経絡に刺激を与える方法です。
改めて東洋医学はすごいと思いました。

また 花粉症で鼻水が止まらなかった人が足の太衝というつぼに
毎日枇杷温灸をしたところ、だんだん良くなり、
最後には鼻水が止まったと安東先生からきいてへーって思っていました。

私は過去一度花粉症で目をやられて半年ぐらい涙が止まりませんでした。
その後大丈夫だったのですが
今年の3月ぐらいから目が痒くなって涙が出るようになりました。

以前ほどひどくなかったのでタカをくくり、
あまり真剣に枇杷温灸とかしなかったら、
ひどくなってしまい、目の周りの皮膚がガザガサになったので
眼科へ走りました。
2日間、目薬と塗り薬使っただけでかなり良くなったので
後はたまにひどくなったら使うぐらいでした。

ちょうどそんな時にアメリカの友人がきて経絡治療の効果を目の当たりにみて
やはりまじめにやってみようと始めました。

枇杷温灸効果はありますがなかなか毎日できないので
チップとつぼにレイキをながす方法をしてみました。

両方目のかゆみが緩和されていき、涙が止まっていきました。
チップの方がより効果があります。
ただ これはかなり皮膚がひりひりと痛くなります。
痛みがうすらぐとはずすのですがお風呂に入るとまたかなり痛いです。

その点レイキ(エネルギー)を流すのは痛みがなく気持ちがいいのでいいです。
ただ 効果は少し落ちます。
でも 指でそのつぼを押さえるだけなのでいつでも簡単にできます。

枇杷温灸を習うことで東洋医学をかなり勉強させてもらったので
ほんとによかったと思います。

ムナイキの説明にも経絡が出てきます。
人間の身体は場所が変わっても時代が変わっても同じなので
治療というのも基本は同じなのでしょう。

以前にもチップを貼ったことはありますが症状が
これほど痛くなかったので今の方が身体の状態が悪いのだと思います。
年齢もあるけど、それに加えて多忙すぎて 
かなり肝、腎が弱っているなぁと実感します。
ゴスペルの練習が減った分 畑仕事が増えたのでトータルでは活動しすぎ。。

人間なかなか変われません。

今 久しぶりに山荘に来ていますが今回はバタバタせずに
休養するつもりです。

こちらは桜が満開です。
杉ぐらい背の高い桜の並木があってびっくり。
桜の木の下に立っていますがわかります?
こちらの桜はちょっと種類がちがうみたいです。
山桜のように上へのびているのですが花がソメイヨシノみたいとか。

今年は寒いのでチューリップもまだです。
水仙、ヒヤシンス、木蓮、こぶしが満開で
芝桜が咲き出しています。

農学舎

63774e00.jpg伊賀にある「もくもくファーム」がやっている
農学舎という貸し農園に行ってきました。
以前から貸し農園で野菜を作りたいって
思っていたところ、整体師の藤田さんから
農学舎の話を聞いて早速行ってみました。

奈良の山添村のとなりぐらいにあって
広々とした平野があるところです。
見晴らしがいいのは
北海道か八ヶ岳みたいです。
高い山はないけど。。
写真に見えているのは風車です。
単に貸し農園だけをしているのではなく、
農作業の指導もしてくれるし、
畑には散水機があるので
水やりに来る必要はありません。
もくもくファームの堆肥は無料で提供してもらえるし、
農作業に必要な道具はすべて貸してもらえます。
長靴とか作業に必要なものを入れておく棚もあるし、
どっしりとした建物には大きなキッチン、食堂、薪ストーブのある談話室、
お風呂があります。
ウッドデッキには木製の椅子が並んでいるし、
木にはハンモックが吊るされています。
ピザやパンも焼ける石窯もあって 至れりつくせりです。

月2回くればなんとか収穫までできますとおっしゃるので
借りることにしました。
家から車で1時間。

ここ最近 土いじりがしたいなぁって思っていたので
この貸し農園を引きよせたのかなって思います。

またしても 忙しくなるタネをふやしたわけですが
休みがなくならないように気をつけなければ。。。

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ