mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

旅行

ニュージーランド旅行

CIMG1638
ニュージーランド南島のテカポ湖です。
遠くに見えるのは最高峰のアオラキ(マウントクック)
氷河の成分のせいで水はトルコブルーです。
CIMG1649
テカポ湖で借りた貸別荘です。
テラスからはテカポ湖が見える素晴らしいロケーション。
南島ではモーテルや貸別荘などキッチン付きの所に泊りました。
CIMG1626
クライストチャーチは昔から友人が住んでいたので、
今まで何度も訪れました。
イギリス風ですばらしくきれいな町でしたが、
地震によって様変わりしていて悲しかったです。
石造りの素敵な教会は崩れたままです。
あの地震の半年前に震度7の地震があったそうで、
その時は死者も一人だったし、
建物の被害もなかったそうです。
ただ その時の揺れで建物にかなりのダメージがきていたので、
次の地震ではたくさん倒れたそうです。
CIMG1699
ミルフォードサウンドへのツアーの途中ルピナスのいっぱい咲いている
素敵な所でBBQランチを食べました。
CIMG1718
ニュージーランドはもともとこのような熱帯雨林がいっぱいあったようです。
このような熱帯雨林でアバター」の撮影が行われたそうです。
CIMG1733
ミルフォードサウンドではボートでフィヨルドを楽しみました。
ここは3日に2日は雨が降るといわれている場所ですがなんと快晴!
一緒に行った晴れ男と晴れ女さんの威力すごい!
ニュージーランドで一番大きな滝だそうです。
遠くに見えるので小さく見えますがかなりの迫力でした。
CIMG1743
フィヨルドではこのような滝が無数にありました。
ホビットに出てくるエルフの谷みたい。
CIMG1750
フィヨルドの岩ではあざらしが昼寝していました。
CIMG1782
ミルフォードサウンドからセスナでクイーンズタウンへ。
空からの眺めは最高です!
フィヨルド、氷河、山々、湖。まさに映画そのもの。
CIMG1817
ニュージーランドは夏休みでホビット村も大混雑。
予約していたので入れましたが、
通常1時間半で回れるところが待ち時間がながくて3時間!
でもその間映画撮影のエピソードなど
ガイドさんが色々話してくれて退屈しませんでした。
上に写っているパーティーツリーは左右対称の木にするために
台湾から木を運んで継ぎ足して作った人工の木です。
ぱっと見はわからないぐらい精巧にできています。
CIMG1828
映画用に作ったホビットの家なので、戸の中はがらんとしています。
家の中はウェリントンのセットで撮影したそうです。
ホビットを小さく、ガンダルフを大きく撮るために
セットでは2種類の大きさの家をつかったそうです。
広大な土地の中にあるのでホビット村へはツアーでないと行けません。
CIMG1835
映画に出て来た居酒屋もあって、そのグリーンドラゴンでは飲食ができます。
暖炉もあっていい感じでした。
CIMG1843
ワイトモケーブの近くで泊ったコテージ。
広大な農場の中にあって丘にあるので素晴らしい眺めでした。
お庭もきれいし、家のインテリアも素敵。
客は私たちだけだったのでオーナー家族と一緒に
夕食を食べました。
奥様の手料理がとってもおいしかったです。
自家製はちみつ、ジャム、コンポートなど朝食もリッチ。
この近くでホビットを撮影したのでこの家を貸し切りで
みなさん滞在されたそうです。
広い芝生なのでヘリコプターの離陸もできるのでからすごい。
CIMG1850
コテージから朝出て、車を走らせていると道いっぱいの羊。
牧羊犬が3頭とミニトラクターのようなものに乗った男性が
羊を誘導していました。
人間より羊の方が多いと言われているニュージーランドはですが、
最近ではアルパカや牛や鹿の牧場も増えているそうです。
決して大きな国ではないのですが、山、湖、フィヨルド、氷河、
平原、牧歌的風景、熱帯雨林、海岸線、白砂の入江
鍾乳洞、温泉、火山など
素晴らしい自然がいっぱいあって、しかも
治安もいいし、移動距離も近いのでとても旅行しやすいです。

九州旅行

15314b5c.jpg
友人たちと九州旅行に行ってきました。
初日はハウステンボス。
テーマパークだけでなく、回りにオランダ風の別荘や運河、船などもあるので
まるでオランダの町そのもの。
濃い緑の壁と赤い三角屋根の家はオランダカラー。
とっても懐かしかったです。

ad071b19.jpg
カナルクルーザーに乗ると丁度いい目線で
回りの景色が見れるので楽しいです。

93f91c72.jpg

やや盛りを過ぎていましたが、バラもまだまだ豪華でした。

fe886f83.jpg

バラ祭の終わり頃はアジサイも満喫できてラッキー。

49a17dcc.jpg
昼間はかなり暑くてちょっとしんどかったですが、
夜のイルミネーション、3Dプロジェクト、踊りや歌など
楽しませてくれるものが満載でした。
最初は2日目の昼にハウステンボスに行くつもりでしたが、
午後から夜にかけて滞在したのが正解!
fd61a89b.jpg
今回のメインイベント4次元パーラー「あんでるせん」
定員30人のところ、20人の団体さんキャンセルがあって
たった12人だったので全員いろんな体験をさせてもらいました。
私たちは一番前のカウンターだったので
じっくり見ることができました。
予知、テレポーテーション、念力、テレパシー、透視など
びっくりする超能力技ばかり。
あんでるせんに行った友人たちから色々と聞いていましたが、
それ以上でした。

ドロレスさんの本や他のスピ系の本などで読んでいた
時間は存在しないとか、この世は幻想とか、思いが現実を変えるとかを
実際に目の前で見せてもらったことで、やっぱりそうだったのかって
すごく納得しました。

ヒプノでアトランティスの時代にはサイキックで物を動かしたり、
動物の一部を人間に変えたりしていたという場面を読みましたが
きっとそういった能力は人間のDNAには入っているのではないかと思います。
それがオンになっているのがあんでるせんのマスターなのかも。
それかマスターは宇宙人かも。

昔 北京の国際気功学会で外気功の優れた人がいて、
私の手の中に握ったコインに彼が気を入れると
一瞬熱くなり、コインは白っぽくなって質が変わりました。
すごい力だと思いましたが、マスターは軽くそれを超えています。

ショーの間中、おやじギャグを連発しながらも、
今を楽しむことが大事とか、思考が現実を作るなど
いいメッセージもいっぱい。

あれほどの能力があれば、すごいヒーラーにもなれるし、
宗教の教祖にも、大金持ちにもなれると思います。
それをあえて喫茶店のマスターとして
20年以上ショーを続けているのはすごいです。
しかもチャージなしで千円ちょっとの食事代のみ。
そのぶれない姿勢がいいわ!
そしてあえて普通の人のようであるために
おやじギャグを連発しているのかも。

人が少なかったので個人的に聞きたかったことも聞けました。
自分の直感を信じること、思いが現実化することを
再度確認できてよかったです。









オランダ・ドイツ旅行 その6(ザルツブルグ)

CIMG0332

ミュンヘンからザルツブルグに電車で移動しました。
3泊する予定で天気予報によると移動した日が一番晴天というので
荷物を置いて湖や山がきれいなザルツカンマングート地方の
ウォルフガング湖のザンクトキルヘンへバスで行きました。
ここから船でザンクト・ウォルフガングへ渡って
サウンドオブミュージックにも出て来た登山電車に乗ろうとしましたが、
もうすでに満席であきらめました。
この地方にはたくさんの素敵な湖が見えます。
この町にもロープウエイがあったのでそちらに乗ることにしました。

CIMG0312

とっても旧式のロープウエィですが山頂から見る景色は絶景!
しかも人がパラパラ。山を歩い下る人たちも。
もっと時間があれば私たちも歩きたかったです。
でもすごい急斜面! でもそこを自転車で登って下りる人も!!

CIMG0328
CIMG0326

頂上は360度の絶景。高い山々、湖がいっぱいに広がっていました。
期待していなかったでけにびっくり!
CIMG0320

彩雲も!
CIMG0413

世界遺産になっているハルシュタット。
高い山に囲まれ、古い町並みが並びます。
CIMG0412

埋葬する土地が足りないので埋葬後10年から20年で遺骨を取り出し、
写真の白い納骨堂に納めます。
約1000個ものずらりと並んだ頭蓋骨にびっくり!
どれもが名前と共に花や葉っぱなどがきれいに描かれています。
いくらきれいなしゃれこうべでも。。
町全体もくらーい感じだったし、寒かったので早々に退散しました。

CIMG0465

ザルツブルグの町です。
CIMG0446

ミュンヘンのオクトーバーフェストは私たちの帰る日から始まりましたが、
ザルツブルグでは滞在中にやっていました。とっても小規模ですが。。
この時期いろんな町で行われるみたい。ちょうど日本の秋のお祭りです。
いろんなイベントがあって、これはおじさんの合唱。
とっても深い声の素敵な合唱でした。
CIMG0481

いろんな屋台が。
CIMG0359

ドイツでもあった巨大なプリッツェル。ちょっと塩辛い。
CIMG0488

ミュンヘンでもこの時期民族衣装の人がたくさん。
ミュンヘンのデパートやお店のショウウインドウはチロルの衣装ばっかり。
ちょうど日本人がお祭りで浴衣を着るようなものなのでしょう。
全部そろえると結構なお値段だそうです。
でもかわいい!
CIMG0485
屋台だけでなく大道芸の人も
この人ぱっと見ると宙に浮いているみたいに見えました。
CIMG0450

CIMG0384

ビヤホールでは楽団の演奏。
そろそろ終わりなのでみんな椅子に立って乾杯!
大盛り上がりです。
CIMG0438

骨付き鶏のグリル。皮がぱりっとしていてとってもおいしかったです。
ポテトを入れて700円ぐらい。
1リットルのビールも500円ぐらいです。
定番のソーセージ、ザワークウト、パンもGOOD!

30年前に行った時よりずっとご飯がおいしくなっていました。
英語も通じるし、日本語の音声ガイドもあるし、
ホテルや電車もネットで調べて、予約もできるし。
ほんとに海外旅行がしやすくなりましたね。

ドイツ・オランダの旅 その5(バイエルン地方)

CIMG0155
ミュンヘンから夫と合流しました。
30年前に新婚旅行で行ったリンダーホーフ城へ現地ツアーで行きました。
30年前はドイツ人ばっかりのツアーに乗って行ったので
説明は何もわかりませんでした。
バスガイドさんはいないし、運転手さんは英語を話さないので
集合時間だけ数字で書いて教えてくれました。
今回はバスの中も日本語音声ガイド付きでしたし、
お城は日本人だけのグループで各部屋でガイドの音声が流れました。
ここは有名なルードウィッヒ2世の造った最初のお城です。
中は白金の超ゴテゴテのロココ調。 
こんな金きらした部屋では休めるのかな?
CIMG0162
途中に寄ったオーバーアマガウというキリストの受難劇で有名な町。
10年に一度の受難劇の年にはオーディションに向けて
長髪の警察官とか、長いひげの銀行員とか増えるそうです。
壁にフラスコ画のような絵が描かれている家がいっぱい。
この家にはあかずきんちゃんのお話の絵でした。
木彫りでも有名な町です。
CIMG0178

CIMG0187
ディズニーのお城のモデルになったノイシュバンシュタイン城は
ただいま外壁工事中で残念な姿に。
ルードウィッヒ2世が二つめに造ったお城で完成する前に
お金の使い過ぎと政治への無関心で狂っていると判断され
政府高官に幽閉されてしまいました。
だからこの城の中は未完成。
でもエジプト風とかエキゾチックな部屋とか、
ワーグナーのオペラに出てくる場面が描かれた部屋とか
なかなか面白かったです。
CIMG0268
ロココ調の教会。ここはビール醸造で有名な修道院です。
CIMG0284
1リットルのビールジョッキ。これが600円ぐらいでした。
CIMG0277
有名な骨付き豚の焼いたものにポテトサラダ。
皮がカリッとして中はジューシーでおいしかったです。

ドイツ・オランダ旅行その4

CIMG0135
泊らせてもらった友人の家。
天気のいい日は外でお食事。お日様の好きなオランダ人です。
CIMG0122
マーケットに出ていたお菓子屋さん
CIMG0120
マーケットのチーズ屋さん。さすがオランダ大きなチーズです。

CIMG0089
友人ちのディナー。お魚の蒸し焼きクリーム添え。
ポテト、野菜の炒め物。緑のは一種の海藻。
CIMG0088
例のあじのお刺身が売っている。移動魚屋さん。
唐揚げとかシーフードサラダとかも売っています。
うなぎはオランダでは燻製で食べます。
海のある国なので結構新鮮。
CIMG0062
デンボッシュの町をはずれると自然がいっぱい。
道が平らなのでサイクリングが楽です。
CIMG0050
友人は後ろにマイカちゃんを乗せて。
今日はどうしてスピードが遅いの?とマイカちゃん
私のスピードに合わせてくれたみたいです。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ