mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHT(退行催眠、ヒプノセッション)

QHHT(言葉ではなく。。)

Hさんのセッションでは潜在意識は質問に答えてくれないので
残念に思っていました。
でもエネルギーはとても強く感じたのでなぜだろうと思っていたところ、
終わってからHさんがおっしゃるには
潜在意識との質疑応答の間、
圧倒的なエネルギーに包まれて、とても幸せだったそうです。
質問も一応書いたけど、それらは自分で答えがいずれわかることだと
思っていたそうです。
スピリチュアルなことをかなりなさっている方で、ガイドさんからの
メッセージももらっている感じでした。
それでいいのかなって確かめる意味もあったようです。
そして、言葉よりその体感の方がすっとHさんにとって重要だったようです。

また、Hさんが見た過去世は、色々な美しい色でした。
それは質感も様々で、タイルのようだったり、クリスタルのようだったり、
キラキラしていたり、ウールのようだったり。
色が見える方はよくあるけど、質感の違いを伴うというのは初めてです。

人間としての過去世が見えずに、色だったり、宇宙だったりするのは
宇宙からのボランティアソウルの場合が多いですが、
Hさんもご自身が感じていらっしゃるようにそうだと思います。

いつもながら その方に一番ぴったりなセッションをする潜在意識の力は
すごいなぁって思います。

************************

今 ホームページのドメインの移行をしていますので
今月のお知らせや、メールフォームが使えない状態になっています。
セッション等のお申込みやお問い合わせはmahavia.yuko@gmail.com
にお送りください。
なお、10月よりQHHTセッションの料金が変わりますので
よろしくお願いします。<m(__)m>


QHHT(宇宙連盟のメンバーは語る)

先日去年QHHTを受けられたSさんが再び受けにいらっしゃいました。
少し前から突然宇宙の存在からSさんへチャネリングが始まったそうです。
セッションを始める前にその存在MとAが
出てきてセッションの説明をしました。
彼らが英語で話してきたのもびっくりしました。
英語の方が話しやすいらしい。(-_-;)

ほとんど彼らがセッションを仕切るので私は見ているだけ
という感じでした。
Sさんはセッションを録音しましたが、私は録音やセッション内容を
外に出さないよう注意されました。
ただ、彼らとの会話などは書いてもいいとのことなので
Sさんの許可のもと書かせていただいています。

セッションの途中で突然クリスタルボールを演奏するよう指示があったのも
異例のことです。
彼らに終わるよう言われるまで続けました。

セッション終了後、Sさんと話をしている時にもMやAが出てきて
色々話してくれました。
録音も、メモもしていないので記憶に残っていることだけになります。
最初は私も英語で質問していましたが、日本語でも良いというので
私が日本語で質問し、彼らが英語で答えという形になりました。

Mは宇宙連合(宇宙評議会やユニオンとも呼ばれています)
のコマンダー?リーダーのような存在です。

人間は考えること、話すこと、行動が異なるのでとまどった。
宇宙では考えることがそのまま伝わるので、
うそをつくことはできない。

10年ぐらいでアセンションは完了する。
その前に地球の浄化が必要なので、台風や地震、噴火、津波など
天変地異が起こるのは仕方がない。

宇宙連合の仕事をしている人間は地球にたくさんいて、
自覚している人もいるけど、自覚していない人も多い。
もちろん、夢で活動している人もいる。
夢では宇宙連合とコンタクトを取りやすい。
ヒプノやクリスタルボール、シンギングボールやエネルギーワークを
している人で連合の仕事をしている人は多い。

話をしていると突然Sさんが立ち上がり、
サロンにかかっている絵の前に来ました。
Aが出てきてこれの意味をしっているかときかれました。
その絵は大きな絵で、バックがオレンジがかった赤で、上からオレンジ、
青、赤の三つの〇が描いてあります。
20年近く前にたまたま知り合ったアメリカ人の画家さんの
個展に行った時、一目で気に入り購入しました。
私は真ん中の青が地球のように思えると答えると
Aがそうだ。そして上がアンタレスで下がアルクトゥルス。
わたしはその二つの星から来たと言われいました。

びっくりです。
宇宙から転生してきたとリーディングやQHHTでも言われていましたが、
QHHTで私の潜在意識に星の名前を聞いた時
「それは言えない」って答えてくれませんでした。

あの絵を買ったのはサロンを始める10年以上前のことなのですが
それも仕組まれていたのでしょうね。

もっと質問してもいい感じでしたが、すぐに思いつかなかったので
残念でした。
彼らには多くの人に伝えたいことがたくさんあるのだろうなと感じました。

ドロレスさんの初期の本に何人かの人が集まり、
宇宙連合を呼び出して、色々質問するというセッションが
ありましたが、それを思い出しました。
直接リーダーとお話できて光栄です。



QHHTセッション(眠っている時に宇宙の仕事をする

Hさんは人にネガティブな感情を持つとか、本音と建て前が違うなどの
感覚を持たないし、物欲や執着心がなくて、
一人になる時間と空間が必要。
みんなにやさしいけど、濃い感情は持たないなど、
地球への転生が初めての人に共通するものを
持っていらっしゃいました。

ご自分でもそれを感じていて、セッションをすることで
確信を持たれたようです。
子育てに余裕がでて、会社で仕事を始めたけど、
満員電車や人にたくさんいるオフィスで
人の感情をキャッチしてしまうのが苦痛になり、
今は自宅で仕事をされています。

過去世は体はなくて断片的な風景を色々見る
というものでした。


1 ヨーロッパの赤いレンガの建物や水路がある廃墟のような風景。
体はない状態で見ているだけ。

潜在意識(SC)が見せた理由: 失敗しても美しい。

2 ゴツゴツした岩山。 静かできれいな所。
SC:始まり。 

3 空から崖をみている。崖の上は緑。
やっとできた。 やっとこうなった。
Hさんは観察しているだけ。 思うようにいかないのを見ているのは辛い。
SC:何ができるか今から見ている。 土台ができる。

4 大きな丸矢根のようなところから、
プラスチックの屋根やレンガの家が見ている。
緑のなかに家がポツポツ立っている。
現代のよう。人が増えてきた。
大丈夫なのかな? 今度は大丈夫?
人がちゃんとやるのか信じられない。
見守ってもうまくいかないのが悲しい。
SC:いつもの過程だよ。
いつもここまではくる。そこからが問題。
ある程度できて、そこから見ていられなくなる。
絶望するけど、人はいなくなってもその後はきれい。

5 真っ暗な中に白い花が見え、それが鳥に変わり、
回っている百合になる。
SC:私

6 緑がいっぱいの植物園。ピンクや水色の布を巻いている人が、
しゃべりながら歩いている組が何組かいる。
いい雰囲気で好きな空間。
みんないいことをしている。職場のよう。 髪の毛は白っぽい。
SC:理想

7 森から星空を見ている。うちに行きたい。空に行きたい。
でも 頑張らな。 帰りたいけど帰れない。
見ているだけ。 うまくいかない。
SC:故郷を忘れない。そこが本当の場所。
Q:星の名前はある?
SC:宇宙船でしか暮らしていない。
Q:宇宙が故郷みたいなものだね?
SC:そう。

潜在意識とのQ&A

SCの答えは直観で言葉が出たり、映像で出てきてました。
映像の場合、Hさんが説明する感じでした。

Q:破棄すべきカルマや契約はあるか?
SC:ない
Q:もっと自分に気付くためにはどうすれないいか?
SC:宇宙船。宇宙船の中から宇宙を見ている。
もっと勉強しなさいってことかな。
Q:というかそれは自分がそうだってことに
気付いてくださいってことかな?
SC:そこはもっと人がいる。みんな自分の仕事をしている。
オフィスが宇宙船。
Q:あなたもその一人ですよね?
SC:はい ちゃんと外を見ている。

Q:自分自身にもっと何をすればいいか?
SC:昼間に誰もいないお風呂屋さんみたいな所で
ゆっくり一人で入る。

Q:もっと幸せになるにはどうすればいいか?
SC:花や植物に触れる。

Q:もっと豊かになるにはどうすればいいか?
SC:白。自分も回りもきれいにしておく。
部屋に何も置かない。

Q:前進するのに阻んでいる障害は?
SC:囲われている所。会社。現実のお金の社会。

Q:潜在意識と繋がる助けになるものはありますか?
SC:空が白んでいくのを見る

Q:ここでの目的は?
SC:人間がいっぱいいるのを上から見ている。
まるで競技場のような所を上から見ているような感じ。
人の流れを見る。
Q:人に何かあなたが直接する何かする必要があるのですか?
SC:気持ちを向ける。願う。
Q:良い流れになるように願うみたいな感じ?
SC:いいように。誰かじゃなくて全体を。
光が射すように。
競技場のようなものが一塊になっていてそれが担当。

Q:その道を進んでいますか?
SC:その役目が今はちっちゃい。
やり方がよくわからない。
気持ちを向ける。
Q:夢の中でやっているのではないですか?
SC:そうかも。
こっちはそんなに気にしなくてもいい。
現実はそんなに気にしなくていい。
Q:そうだと思います。
Hさんが寝ている時にその仕事をしているので
現実の社会で何かすることはないのでは?
SC:何もできることはないみたい。
Q:それより現実の生活で疲れない方が大切?
SC:一人一人に何かを必要はない。
一人一人にしていたら大変だから、
気持ちを向けるだけでいい。
Q:夜仕事をしているから、朝起きたら疲れているのかもね?
だから、お風呂に入ったりして、いい状態に保つことが
大事なんでしょうね。

Q:別の時代で生活をしているリアルな夢をよく見る。
これは何の意味?
SC:人間味を味わうための出来事。
(どうも今回初めての人間へ転生したので、
人間のことを理解するために夢が使われているようです。)

Q:インナーチャイルドセラピーワークをしてから、心の中に
二人の女の子が現れて、会話をしているのが聞こえる。
しばらくしてそれは聞こえなくなったのですがなんだったのか?
SC:体のどこかにその子たちはいる。
自分の体は自分だけのものではない。
人間の自分も大切に。回りを大切にしすぎない。
まずは人間としての自分を大切にする。

Q:電車中で人の感情のエネルギーを感じてしまう。
どうすればエネルギーをコントロールできるか?
SC:中和する。自分の(オーラ?)が大きくなって人とあたらずに
包めるぐらいになって、中和する。
大きい愛情を持っておけばいい。人から影響されるのではなく、
こちらから人に影響するぐらいに大きくなる。
影響が当たらないぐらい大きく自分を包んでおく。
大きくなって、はみ出ている分を人にあげる。
Q:自分を大きくしていくにはどうすればいい?
SC:自分と自分の回りをきれいにしておく。
白くしておく。光を。あかりを。

Q:それがプロテクションにもなるのですね?
SC:自分から人にエネルギーをあげなくてもいい。
取りたい人が取っていくから。自分からあげなくてもいい。
困っている人を探さなくてもよい。
自分は自分の生活をしていて、欲しい人が取っていく。
回りは気にしなくていいし、何かしようとしなくてもいい。
花を咲かす。花と蜂のように花は蜜を作ることに専念。
誰がくるは花は知らない。
好きなことをする。楽しむそれが大事。
自分がやってみたいことをしたらいい。

SCの最後のメッセージ

演奏会とかをするきれいな音楽堂の舞台が見える客席が見える。
SCはそのお客さんの席にいて舞台を見ている。
どこも行かず、見ている。

Hさんは人間としては初めての転生ですが、
体験ゲームのような形で体験をし、
人間に関する知識はあるようです。

やはり最初に感じたようにHさんは今回初めて人間として転生した
宇宙人でした。

寝ているときに宇宙の仕事をするという話は時々出てきす。
そういった方は現実の世界で何かする必要はなく、
現実の世界で心身共に良い状態にしておくことが
本来の仕事のために一番必要なことのようです。

SCのメッセージで幸せであること、楽しむことの重要性が
よく言われるのはそういった意味もあるのかもしれません。
現実の生活で疲れすぎると確かに本来の仕事ができないですね。
波動を保つために何か特別なことをする必要はなく、
心地よいとか、安らかな状態であることが大切なのでしょう。

QHHTのお申込み、詳細は Mahaviaまで→
http://www.mahavia.jp/

潜在意識が邪魔をする(-_-;)(QHHT)

時々意図的に潜在意識(ガイドさん)は私たちの邪魔をするというのが
セッションでわかることがあります。
もちろん行くべき方向に進むための介入ですが。。
先日セッションにいらっしゃったKさんもそうでした。

Kさんはご自分でも何人かのガイドさんたちとチャネリングできる方です。
だからなのか、ほとんど導入部をすっ飛ばして過去世に入りました。

一つ目はクリスタルで出来たお城。体はない状態で
そのお城の中には白い影が20人ぐらいいて、談笑しています。
お城の中を見た後、扉をあけると宇宙に繋がっていました。

*見せた理由:そこがルーツだから。

二つ目は惑星が爆発しているのを見ている個体。
失敗だなと思いながら観察しています。

*見せた理由:これは今に繋がる経験。
          失敗することも一つの経験である。

三つ目は白い馬に乗った中世の王子さま。
両親とお城に住んでいて、その後 父が戦いを始め、
勝つ。彼はお城で留守番をしている。
平民の女性を好きになって、彼女を自分の侍女にする。
50歳ぐらいになって、父が死んだので王様になり
戦いのない国にする決意をみんなに表明。
最後の場面では老人になって、ベッドに横たわっている。
好きだった侍女に手を握られながら死ぬ。
彼のお妃は後ろの方にいる。

*見せた理由: 改革。古いものを打ち破って新しいことを始める。

四ツ目はグレー型の宇宙人でUFOに乗っていて
月をモニュメントとして見ている。
地球を観察し、遺伝子操作をしている。
次の場面では地球に降り立って、動植物の遺伝子を採取している。
日本ではない国の田園風景で近代。
動物と聞いたので思わずキャトルミューティレーション
(アメリカで起こった動物の一部が切り取られ、血が抜かれた状態の事件)
を私がイメージしたからか、キャトルミューティーションのような
野蛮なことはしない。
もっと科学は発達しているのでそんなことをしなくても
動物から遺伝子を採取できるって言ってますって。

このあたりからKさんと過去世の宇宙人と別に話している感じになります。

私:   ではあれはあなたたちがしたことではないのですね?
Kさん: 違うって言ってます。
私:   なんのために遺伝子採取をしているのですか?
Kさん: 来るべき時のために。(なんやそれ? Kさん)
私:   地球が突然なくなったりする時のため?
Kさん: 情報を残すため。
私:   それって。地球のようなものを他に作るため?
Kさん: 地球がだめになった時のため。
私:   では 第二の地球をどこかに作るために?
Kさん: そこは私の管轄ではない。
私:   あなたはどこの星から来たかわかりますか?
Kさん: 個体には名前はなくて、集合意識のようなもの。
     名前はないのかな?
私:   宇宙連合とかに関係している?
Kさん: ではないと思う。
私:   昔から地球に関係しているのですか?
Kさん: この今のグレイの体は違う経験をつむために生まれている。
私:   これはだれかの命令でやっているのですか?
Kさん: このグレイの星や宇宙連合とか分かれているように見えて
     もとは一つにつながっている。
     地球のように一度入ってしまうと
     捕らわれてしまうわけではないので自由。

*見せた理由:宇宙的な規模の活動があることを知るため。

5つ目はイスラム風の建築がある国。
神殿で巫女をしている若い女性。
占いのようにご神託を受けて人に伝えている。
次の場面では政治的な勢力によって彼女も含めて
神殿に仕える人たちが殺される。

*見せた理由:こころざし半ばで終わる虚しさを知る。
         今回は最後までやる。

潜在意識(SC)への質問

私:  フルタイム勤務への就職活動がうまくいかないのはなぜなのか?
    高次側からの理由か、邪魔されているのか? 
    それとも単にKさんの力不足からか?
SC: 我々が止めている。でないと設定した方向へいかないから。
私:  その設定した方向というのはクリエイティブな方向なのか
    それともスピリチュアルな方向なのか?
SC: 手段はなんだっていい。
    我々がサポートしているということを人々に知ってほしい。
    そのために活動してほしい。
私:  我々とは何人かいらっしゃるのですか?
SC: 決めてきた。 元老。 (だれや? Kさん)
私:  それって宇宙連合とか関係しているのですか?
SC: たぶん。
私:  Kさんがサポートされているというのが
    もっとわかる仕事をしてほしいのですか?
SC: だれでもサポートされている。
私:  フルタイムの仕事ではそれがわからないのですか?
SC: Kさんがしんどくなる。
私:  では就活はうまくいかないですね?
SC: うむ。
私:  クリエイティブなことかスピリチュアルなことか
    自分で決めなければいけないのですね?
SC: 好きなものを選べばいい。
私:  アルバイトぐらいの感じでそちらもする感じでいいのですか?
SC: いずれそちらの方が主になってくる。

私:  ガイドとのチャネリング等で高次とのエネルギー交換が
    セクシャルな感覚を伴うことがあるがそれはなぜ?
    (QHHTを申し込んでからそれがピタッとなくなった)
SC: てへ。。 好きだからしょうがないじゃん。
私:  最近ピタッとなくなったそうですが?
SC: ちょっと反省した。 一番効率がいい。
私:  効率?
SC: エネルギーの受け渡しの。
私:  なるほど。 Kさんが嫌でなければそれでいいのですかね?
SC: はい。
私:  ではKさんが嫌ならそう言ったらいいのですね。
    Kさんのフィルターが原因ではないのですね?
SC: Kさんではない。

私:  魂のルーツ。シリウスと関係している?
SC: 一時経由した。
私:  宇宙連合との関わりは? 元老?
SC: 元老と約束した。
私:  レムリアとの関わりは?
SC: 生きていた。それらすべてを超えたところにルーツがある。
    それが最初に見せた過去世。

私:  今世設定してきた課題、目的、使命はなんでしょうか?
SC: 生きてやりとげる。 
私:  何を?
SC: 自分たちのことを知らしめる。

私:  最近、月というワードが頻繁に見られるが、ただの偶然?
SC: モニュメント。 この人の存在にとって。
    直接関わっているわけではないが、
    月にいる者たちとのつながりがある。

私:  チャネリングに関して、高次側がこの話題やテーマに関して、
    私の受け取り方や解釈がゆがみがちであるとか、
    全体的に上手く受け取れていないと思うことはなぜか?
SC: この人はすべてを疑いすぎ。 
私:  自分のフィルターが入ってしまっているかなと思うのですが?
SC: フィルターがあっても180度変わるわけではない。
私:  もっと信じなさいってことですね?
SC: はい。

私:  知覚をアップさせるのに有効なことは何でしょうか?
SC: 月をみる。 イメージを膨らませる。
    できないという思い込みを止める。

Kさんへの最後のメッセージ
私たちがいつも見守っているし、導きを与えている。
それをもっと信じて行動する。

潜在意識(ガイドさん)が時には私たちを方向転換させようと
何かしてくることがあるのですが、今回はまさにそれでした。
Kさんはフルタイムの就職が絶対決まるという感じになって
突然だめになることが続いたそうです。
就職の邪魔だけでなく、時には病気やケガさせたりあうることもあります。

かげで操っている?って感じがしないわけではないけど、
元々その青写真を作ったのは自分で、それを私たちが
忘れており、ガイドさんは知っているのでその方向へと
サポートしてくれているだけなんですね。
ガイドさんも私の一部だから。

それを信頼することが一番大切だと心から思います。
KさんのSCが言っていたように、自分のフィルターを通っても、
メッセージが180度変わることはないのだしね。

なかなか面白い潜在意識さんでした。

QHHTのお申込み、詳細は Mahaviaまで→
http://www.mahavia.jp/



ビジョンで見るパートナー(QHHT)

先日いらっしゃったYさんは時々夢とかで見るパートナーがあって、
その人と今世で会っているかを知りたくてらっしゃいました。
Yさんはお友達に誘われてある国に旅行に行かれ、
その国の様々な遺跡に行った時、そこで過去世のビジョンを見、
そこにいたという確信を持ちました。
そしていつもビジョンに出てくる人との過去世も見えました。

過去世は3つ出てきました。
一つ目は砂漠の国で神殿に仕えている感じの若い女性。
たくさんの荷物を積んだ木造の船にYさんとビジョンで見た
パートナーが一緒に乗っていて、大きな川を進み、船着き場について
それらの荷物は降ろされ、Yさんとパートナーも下ります。
ローマ時代に出てくるような戦闘用の馬車に乗った人たちが戦いをしており、
パートナーもその中にいて、Yさんは離れてそれを見ています。
パートナーは王様でYさんはお妃。戦いは勝利してみんなで喜んでいます。
最後の場面ではまだ若いYさんが立派な部屋の寝台に寝ていて
病気で死んでいきました。その横にはパートナーが付き添っています。
その人生を振り返ったYさんの印象ーー幸せだった
潜在意識が見せた理由ーー守られて死んだということを知ること。

そしてそこに出てきた王様はYさんが今世でこの人かな?という方でした。
いくつか一緒の前世があるそうです。

二つ目は光の中にフワフワして浮かんでいて体のない存在。
回りは星が見えています。
Yさんの印象ーー楽ちん!
見せた理由ーーそこにいたということ。

三つ目の過去世は平安時代の若い女性でお寺にいます。
そこには男性がたくさんいます。
戦いに行こうとする男性に「おじさま待って。行かないでほしい」
と言いますが、戦いに行ってしまい、その戦は敗れて、
彼女も含めて一族は滅亡しました。
Yさんの印象ーー残念!
見せた理由ーーそれも知っておくべき。

潜在意識さんとの対話。

Q 逢いたいパートナーにすでに逢っているのに気が付いていないのか?
A そう。
他はお仕事の内容などプライベートなことなので割愛。

Yさんはもともと直観的にメッセージが下りてくる方です。
たとえば新しい会社を立ち上げようと思ったときに名前が下りて、
その事業内容には合わない名前だなと思ったのですが
その後色々出会いなどがあり、結果的に
名前とぴったりの内容になってきました。
今回QHHTを受けたことで、今まで出ていた直観が
潜在意識(ガイド)さんからのものであることがわかったので
今後もそれに従って色々なことをしていけばよいという
なんとなく答え合わせのようなセッションでした。

運命の人にビジョンとは別の過去世でも出会い、
今世でも逢っているし、色々なことが
とても偶然とは思えない出会いなどで進んできています。
ガイドさんのサポートってやっぱりすごいなってあらためて感心。
Yさんは今までもその直観を信頼してきたので、
よりサポートが強いのでしょうね。
Yさんは今まで苦労されてきたことも多かったのですが、
ようやく自分の人生を歩めるようになり、
その道がまっすぐに続いているのが見えたそうです。



記事検索
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ