mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHT(退行催眠、ヒプノセッション)

QHHT (天使や小人としての過去世)

Yさんは天使だったり、小人だったりした過去世を見ました。

一つ目の過去世

最初白いワンピースを着た長い髪の女性という描写があったので、
てっきりレムリアとかアトランティスの時代かと思ったら、
背中に50センチぐらいの羽根がありますと言われてちょっとびっくり。
豪華な扉を開けると雲への階段があって、登っていくと白いローブを着た
グレーのお髭の王さまがいらっしゃいました。
彼は人間がどこへ生まれるかとか決める役割でした。
そこには毛布にくるまれた赤ちゃんがたくさんいました。
その子たちの出生判断が行われているのをYさんは雲の上から見ており、
そこから離れなければならな赤ちゃんたちに寂しさを感じています。

二つ目の過去世
一つ目の過去世の途中で二つ目に飛びました。
リンゴの木の前に立っている10代の男の子。
立派なお城に一人で住んでいます。
食事の場面では給仕してくれる人はいるが、
長いテーブルで一人で食べています。
お皿を落とし、割れる。両親は不在。
両親はお墓の中。
おじさんが世話をしてくれている。
おじさんは現世でのお父さんのようです。
その後、勉強をして、医者になり、町で治療をしています。
最後の日では中年になり、机にうつぶせになって死んでいる。
その人生でのYさんの印象
がんばってきたけど、寂しさがあった。

三つ目の人生
神社のしめ縄が見える。
Yさんは体はなく、見えているだけです。 
神社の中に入ってもらうと、鏡、炎のような朱色のモニュンメント的なものがある。
次の場面では顔の見えない男性っぽい姿の存在が光に包まれている。
Yさんは体はないけど、球体の光に包まれている。
回りは暗く、宇宙空間のよう。
Yさんと男性っぽい存在と生まれる時の話をしている。
Yは生まれる前の存在で、淡々としながらも、
次の世での使命は何かをか聞いている。
使命の内容はわからないが、楽しい使命ではなさそう。
次の場面は花畑で、天使が3人遊んでいる。
そのうちの一人は自分で他の一人は今世の友人。 
次の場面では最初に出てきた王様のような存在に呼ばれている。
使命があって、地球に行けと言われる。
そこを離れてしまうのは寂しいなと感じている。

廊下に立っている裸足でスボンをはいた10代の男性。
そこは排水溝のような場所。
次の場面では樹木に扉がついていて、そこに入ろうとしている。
そこは妖精の家って感じ。果物がテーブルに置いてある。
仲間と住んでいて、木の実を取りにいっていた。
次の場面では草原にいて、自然と戯れている。
彼は小人のようでした。
最後の場面では人間に追われて、けがをして、
なんとか家に連れて帰ってもらってベッドで死んだ。
その人生の印象
「楽しかった」

最初の天使の過去世はなぜ見せた?

出生のことを知りたがっていたから。


第二の過去世?

がんばってきたこと。今に繋がる。


第三の過去世?

使命を知りたいというから見せた。


第四の過去世?

自然が好きなのはこの小人の過去世からくる。


潜在意識(SC)とのQ&A

 

Q:ボディスキャンをして問題の箇所があれば教えてください

SC:のど。 喉を温める。感情を押し込めない。

SCにのどのヒーリングをしばらくしてもらいました。

Q:もっとバランスが取れるようになるには?

SC:感情を押し込めない。

Q:もっと健康になるには?

SC:根をつめすぎない。体を動かす。ヨガとか。

Q:もっと幸せになるには?

SC:今が満ちている。

Q:もっと豊かになるには?

SC:豊かです。考え方次第。

Q:破棄すべき契約やカルマは?

SC:ない。

Q:オーラフィールドで漏れているところは?

SC:足。太もも。

もれを塞いでもらう。パワーストーンとかに触れて浄化するといいそうです。

Q:もっと自分自身に気付くためには?

SC:心の声を聞く。

Q:現在の食習慣で変えるといいものは?

SC:甘いものを食べるのを少し減らす。

Q:より目的の方向へ進むのには何ができる?

SC:心が楽しいことをする。

Q:前進するのに阻んでいる障害は?

SC:思い込み。~しなければという思い。

Q:取り除くべきコードはある?

SC:自分でやっているから大丈夫。

Q:潜在意識とつながる助けになるものは?

SC:瞑想を続ける。

Q:なぜこの両親の元へうまれようと思ったのか?

SC:お母さんとの約束。

Q:使命は何か? 何を地球に学びにきたのか?

SC:助けること。助けたり、弱い人の気持ちがわかること。

Q:今の状態で学びは終えられそうか?

SC:視野がせまくなければ。

Q:今まで絵を仕事にしたいと思っていました。
  でもなんだか違うような気もしています。
  どんな仕事に就くべきでしょうか?

SC:絵。思い込みがなければ

Q:ブログとか個人でやっていくべきか? 
  それともグループでやっていくべきか?

SC:どちらでもいい。占いとかもいいかもしれない。

Q:どこの星出身か?

SC:アルシオネ。ベガ。

Q:ガイドの名前が知りたい。

SC:ラス。

Q:集団に属することが苦手です。うまく自分を出せません。
  肩の力が抜けません。どうすればいいですか?

SC:このまま。不安要素はないことはないけど、このままいけば大丈夫。

 

白いワンピースの長い髪の女性というのは過去世で頻繁に出てきます。
レムリアとかアトランティスとかが多いのですが、今回は天使でした。
久々に天使と小人の登場でした。

QHHTのお申込み、詳細は Mahaviaまで->http://www.mahavia.jp

QHHT (様々な霊的な仕事をする過去世 その6)


QHHTヒプノセッション 
Eさんの潜在意識(ハイヤーセルフ)との質疑応答の続き

Q:コロナ自体、かかったらDNAを変えるとか、
    意味があるという説もありますが。それはどうですか?
A:人による。
Q:人によってはそれがプラスになる場合もあるのかしら?
A:あります。浄化。これはプログラムなので、
  このコロナウィルス自体に意識があるし、それぞれの魂によって
  この意識体との関わり方は全然違う経験になっていく。
  そう意味でも今日の過去世を見せた。
     あのミクロ単位なのと違うけれど、今あなたたち人類の歴史というものに
  書いていない時にたくさん人のDNAに色々なものが混ざっている。
  今の人類レベルで言ったって、Eさんの今霊的な意味で
  師匠にあたる長老とかはよくわかる面を持っているけれども、
     国をいくつも超えて親戚みたいにまざっているのが本当の人類だ。
     一つの人種がなんとかと言う人はすごく少なくなってきたけれど、
     まだ一応白人と言われる集合意識には一部残っているところもある。
     逆に日本人はそこには多くない。 
  もちろん、先住民とのトラブルとか良くないあれははあるけれども、
  人種意識というのはあまり多くない。
   一部の有色人種の人達も逆の集合意識を持ってしまっている。
   これは個人とは関係ない話だけれども、そういった意識というのは
   スピリットの世界からするとおかしい。
   なのでウィルスの話に戻すと、これはウィルスとの、
   一つ一つの意識体とのDNA的な会合になるように当初の
   色々背景はさておき、スピリットが介在してそういうものになっているので、
   それぞれによって経験は異なる。

Q:ある説によるとレムリアの意識がアジアでアトランティスの意識が白人。
     レムリアの意識に変えていくためにこれが起こっているという人も
  いたのですがそれはどうでしょう?
A: それは表層のレベルでは合っているけれども、
    すごく表層的なとこを説明する時にしか合わない言葉だ。
    意識の説明であればそれは合っているのだけれど、
    今話しているこの魂とかはアトランティスやレムリアの経験もある。
    そしてヨーロッパでの経験を挟んでレムリアの文明が強く残るここを
   選んで生まれてきている。
    それ以前に東洋といわれるところでの転生も数多い。
    ではこういった魂の記憶というのを問われるときに、
    先ほどの考えでは説明できない。
    ただ、それを前提でいうなら、アトランティス文明が残したちょっとした
    負の部分。
  何かをコントロールすることで整然と何か結果を得ようとする
   そのエネルギーが悪く働くモードも。
   そのエネルギーというのがちょっと是正にかかっているというのは事実だ。
   ただ、アトランティス文明が残したすべてがどうのというのは誤りである。

Q:今の日本の状況でこのコロナウィルスは収まるのですかね?
A: うーん。
Q:日本のやり方でいいんですか?
    外出禁止みたいな他の国がやっているような禁止をしなくても
    なんとかやれるのでしょうかね?
A:十年先にはおそらくあなたは日本の政策の方が間違いでないと
    感じるのではないでしょうか。
    間違い、いいでいえば、各コミュニティごとに経験すべきことが違っていて、
    オールOKな瞬間ではある。
    ただ、未曽有の事態なので決断したところで、
    それ相応の理由があることであれば。
    その上で言うのであれば、コロナウィルスの本質的なことを考えると、
    日本の対応はそんなに悪くはない。
    一番悪いのは攻撃的にこの戦うエネルギーを持ち込むことです。
    完全なロックダウンだとしても、ニュージーランドや太平洋の国々や
    比較的アジアの国々の方がこれにはうまく対処していると思う。
    結構細かいエネルギーレベルの問題。
 
Q:コロナウィルスと5Gが影響しているという説を唱えている人も
    いるのですが。。 そんなことはないのかな?
A:複雑なことが絡んでいて。
    例えば、大きな潮の流れと入り江レベルの潮の流れが少しは異なるという
    あのたとえがここしばらくの世界状況に当てはまるということを
    覚えておいてほしい。
    だから、仮に5Gでそこの地域の感染者が多くなるということが
    あったからといって、じゃあ、そこの地域にいる人たちのかからない人達は
  なんなのかという話も出てくるでしょ。

Q:誰かと比べるとか、攻撃とかの要素があまりない人はかかりにくいと
     書いている人もいますが。。
A:それもさきほとのたとえと同じでわかっていてほしいのが 
    今辛い症状になるという役割を負ってくれた人全員が
    そうかというのは違う。
    但し、一つ言えるのが人の集合意識の中で何が好物かといえば、
    残念ながらちょっと増えてしまっている気がする攻撃的な、もしくは、
    攻撃でないように見せかけて、圧力的な攻撃性を秘めたものとか
    ここは残念ながら、人の言うことを丸のみしてしまって、
   ちょっと奴隷状態の思考になってしまっているとか、
   そういった個人というより集合意識のそれ自体はかなりの好物。
Q:集合意識になるとエネルギーが強くなりますよね。
A:はい。また集合意識になった時のエレメンタルというか、
    個人にも影響しますが、また、個人レベルのものより実体を
    持ったものになるのでちょっと確かに大変なあれではある。
Q:反対にシェアするとか、そういうい意味での流れもなくはないですよね。
    それも集合意識かな。
A:なくはないけど。一歩のところはそれでもいいのだけれども、
    繰り返しいうと、ちょっと揺さぶられる事態はたくさん起きるので。
    揺さぶられた時に立っているためには結構なエネルギーは
    必要かもしれない。

Q:ドロレスさんのQHHTセッションの中でスピリットか宇宙人が
    予知的なことを言っていて。
  将来自然災害とか戦争とか疫病とかがはやる。
    その時に、社会が転覆しそうな時に
    崩壊しそうな時のためにそういうことが起こっても立っていられる人達が
    重要だみたいなことが出ていました。
    そういう時にヒーラーとかそういう人達が必要になってくる
    というようなことでした。
A:それは事実なんだけれど、今の集合意識の中であまりに物事を
  集合的にとらえようとする意識が入ってしまっているので、その話の解釈も
   個人レベルで考えた方がいい。
   たとえばクラスというのを見た時と、一人の子供って見た時と
   ほぼ同じぐらいにエネルギーをかけていかないと方向性を誤る時がある。
   まず一人一人がそこにいて学ぶ権利があったり、
   かけがえのない人生なんだってことがまず基本に持って
   そこにエネルギーをかける。
   但し、集団レベルの見方も絶対に必要で、
  集団にかけるエネルギーもある。
   集団にかけるエネルギーのために個人にかける時間を減らすこともある。
   そのバランスなんだ。そのバランスがとれているコミュニティから
   ある程度の規模の組織までないわけではないのだけれど、
   どちらかというと集合意識のバランスがとれていない方に傾いている。
   そのヒーラーの話も正直言うとそれで立っていられる魂に
    ヒーラーの助けになる人もいれば少々難しい人もいると思う。
   かといってヒーリングが集合的なところに働きかけなくていいかというと
   そうでもないと思う。
   だけれども、そこはちょっとさじ加減みたいなのが
   必要かもしれない。

今回はEさんのプライベートな質問は記事から省いていますが、
それでもかなりの量の情報になりました。
コロナによる未曽有の事態でもあったので
友人のEさんのご厚意により、通常はしない私個人の質問も
させていただきました。
どれもとても深い答えをいただきました。
つい陥りやすい表層的な見方、判断にも注意をいただきました。

いつも思うのですが、潜在意識(ハイヤーセルフ)はネガティブな存在や
事柄を表現する時にとても慎重に言葉を選びます。
攻撃的な発言はまずありません。
スピリットの世界からは物事の事情を多面的にわかるからな。
なので私も色々な情報を決めつけるのではなく、多面的かつ、
冷静に受け止め、奴隷状態の思考にならによう気を付けたいと思います。

しばらくお休みしていました、サロンを再開しました。

*QHHTヒプノセッション 
*枇杷温灸+シンギングボール+クリスタルボールセッション

伝承枇杷温灸、クリスタルボールヒーリング、
シンギングボールヒーリングなど
単独、または独自の組み合わせによるメニューもお作りします。

お申込み、詳細は Mahaviaまで->http://www.mahavia.jp

QHHT (様々な霊的な仕事をする過去世 その5)

Q:その他の世界的な社会の変化について教えてほしい。
A:海の潮の流れのように、大きな潮の流れと小さな潮の流れが
  全然違うということは結構ある。
  その前提でいうと、これからは小さな潮の流れである。
    これからどんどん人々が分断していくような流れというのが
    一時的に生まれてくる。
    その時にグローバルとかユニバーサルというのを
    批判したりすることで恐怖をあおる現象というのがちょっと現れてくる。
    その一時的な流れは出てくる。
    
    他はとにかく、宗教的な権威は解体される。 
    伝統的な宗教の中でも色んなものと融和を図っているような宗教は
    逆に形を変えて残る。


Q:この瞬間のEさんの使命、役割はなんでしょうか?
A:ヒーリング能力を磨いて。やりたいことをやって。
    愛を畏れずに伝えて。
  あとは意識レベルの話でいうと、すでにスピリットと交流出来る人で、
  エネルギーの流れも読んでいるので、それに従っていけばいい。
  目の前に岩があれば車のハンドルを切って避ければいいし、
   あっちが晴れていれば、そっちに行けばいいだけの話。
   そこを信頼して生きていけるといのを示す。
   そして、エネルギーを交換していくというのが
   あえて言えば今の役割かもしれない。


Q:エネルギーの交換とは誰かと交換?
A:そうやって動いていくと、行く先々でエネルギーを交換していくので。
    それによってふっと力が抜けたり、逆に勇気をもらったりする人が
    たくさんいるはず。
    それはがんばってやることではない。
    頑張ってやることはあまりうまくいかない。(笑)
    そうじゃなくって今言った感じののりでホイホイってやっていくのがいい。

Q:そうね。その方が人に影響を与えるね。
    頑張ってやってもその人が頑張っているだけだって思うだけだから。
A:楽しいと思うことやエネルギーレベルでそれは一般的な
    今の浅い次元でがんばってもいい。
    魂のあれがとおってすっといい感じになっていればいい。
    今経済のことを勉強しようとしていることは決して悪い流れではない。
    その時に、中の感覚の違いに気付くというのが役割といえば役割。
   
  踊ったり、歌ったりはもっとして! 
    今の情報発信の仕方はミニマムだけど、非常に良い。
    世情なことに関わりすぎるのでもなく、反対するのでもなく、
    その中でこれがいいな、あれがいいなとか、
    これを言うと相当反発くらうからやめておこうぐらいの
    ゆるいというより、芯が通っていて、抜けた感じが多分この瞬間ではいい。
    その状態で紡いでいった言葉とか、ヒーリングセッションとか、
    すべてが5年後ぐらいに多分すごく生きてくる。
    人との出会いがあるのでそれを掴んで。


Q:体調面で気をつけることはありますか?
A: コロナにはかからないんだけれど、
    コロナをうつされないように気をつけて!
Q:え! コロナにはかからないのでしょ?
A:感染するのと発病するのは別なので。
Q:ああ。発病はしないけど、感染はするかもってこと?
A:そう。なぜかというと、感染すると、この人の霊的な免疫システムが弱まる。
   発病しないんだけど、そこにエネルギーを使い続ける状態になるので。 
    超霊媒体質であるということを忘れないように。
Q:霊媒体質だと、感染しやすい?
A:ある意味では。 でも霊的免疫力が強固なので、
    ほとんど気付かないレベルかもしれないけど、
Q:人に感染させてしまうかもしれないってことだよね。
A:たちが悪いのが、霊的な免疫力が強い人には感染しないで、
    霊的免疫力が弱い人に感染しやすい。
   
    免疫力で色々なものを作りかえているのだけど、
    こうやって創造的なセッションの場をもって創造力を使っていこうとする
    エネルギーがそのコロナウィルスの浄化だけに使われてしまう。
    それを望みますか? 
    望まないのなら、感染しないようになるべく気をつけた方がいい。

つづく

QHHT (様々な霊的な仕事をする過去世 その4)

Eさんの潜在意識さんとの対話の続きです。

Q:エネルギー問題はどのような方向性に進みますか?
A:心ある人に、誰に発表させるか神界の人達が真剣に
  選別をしているところです。
Q:発表とは何の発表ですか?
A:フリーエネルギーのことですね。
  ただ、いきなり新しい技術がというよりも、
  「あ、出来るじゃん」みたいな感じになるはずだ。
  今、フリーエネルギーというのを担ってきてくれた人たちは
  先鞭を切る必要があって、いささか、あの、なんていえばいいのかな。。
  uniqueness(風変わりな)な感じでそれをとらえる必要があった人達。
  どの人も間違いじゃなんだけれども、癖のあるやり方で、
     ある種アーティスティックなやり方だったり、魔術的なやり方で
     それをとらえている。
     それは間違いじゃないんだけど、それをもっと commodity(必需品)
     に近い、目の前に現れたら、逆に一般庶民と言われる人達の方が
     すっと受け入れやすいような青い鳥的な形でおとずれる。

Q:それはそんなに遠い将来ではないのですか?
A: うーん。一応避けようのない未来としては、今のところ、
     なかなかの混乱の中には人間同士の争い的エネルギーとか、
     自然災害は入っているのだけども、
  その嵐の途中から後にはなってきそうだ。中東で起こる。
Q:混乱が中東から始まるということですかね?
A::両方。
Q: 両方? 自然災害も?
A: 自然災害はちょっと置いとくとして。
     フリーエネルギーの流れは中東といわれる地域から来る。
    その種とか、知識自体は多くの人が持っていて、
    それはちょっとあなともよく知っている地球上にある少々ダークな役割を
    負っているエネルギーを宇宙の神界がどうしようかというのとの
    兼ね合いでそれが出てくる場所を高い次元から調整している。
    なぜかというとこの技術は本当に次は支配に使ってほしくないから。 
    日本はその流れにはちょっと後進で入るのだけれど、その流れの前に
    地熱とか自然電力を活用していく方向が出来るので、
    そこまではそれで生き延びる感じになる。


Q:原発はどうなるのでしょう? 制御できるのでしょうか?
A:原発でspan(全範囲)が滅びるということはない。
Q:このまま続くってことですか?
A:ある時期を過ぎると一気になくなる。
  原発を作っている企業が解体されていく。
  そのことによって気が付いたら、作らなくなっている。
Q:福島の後処理がちゃんとできるのかなって。そっちの方が心配なんですが
A:そこまで自然は弱くなくて、地球レベルの話でいうと、
  福島の処理がまったくうまくいかなくても、まあ大丈夫。
  但し、細かいレベルの、人の生活環境ということになると、
  それぞれの努力にかかってくる。
  天災はエネルギーのあれなので、大きな宇宙レベルのエネルギーの
  流れと人のでどうにかなるという中間に位置している。
  なので人々が健全な方向で問題に対処するという意識が強くなれば
  その問題はスルー。

Q:最初の二つの質問について、Eさんが何かできることはありますか?
A:最近行ったあるパワースポットで感じた感情を思い出してほしい。
 
(潜在意識さんの言葉をEさんは伝えるという感じで話されるので、
以下のようにEさん自身の言葉も入ってきます。)

Eさん:そこで感じたこと自体はシェアできることなので言うと、
    ただこうやってやすらいでリラックスしてその場にいなさいということ。
    それがなんなんですかって聞いた時に見せられたのが、
    鳥とかがわーっと飛び立っていくのを見せられた。
    だれかがそうやってゆったりといてくれることによって、
    じゃあこれやってみよう、あれやってみようと勢いづく生命がたくさんいる。
    そう役割を果たしなさいって言われたんだけど、
  それを思い出してって言われました。
  
A:ただ、それはこまかいタイムスパンでいうと、表面上はやりたいと思うことを
   がんがんやっていったらいい。ただ、だかれこそ、過去世を見せたり、
   エネルギーワークを学んでもらったりしているのだけど、
   ホリスティックにみると、一見、表面上は同じように見えるものでも、
   中に存在しているもの、存在のあり方は違っている。
   あなたのホリスティックな意味ではさっき言ったような側面が
   結果的には強くなるだろう。
   でもそこに意識の焦点を合わせていかなくてもいい。
   それは別の言い方でいうと、魂の統合とか
   男性性と女性性の統合ともいえる。
   もう少し具体的にいうと、チャネリングを使って下りてきたイメージとか
   メッセージとか宇宙存在とかからものすごく色々メッセージは
   もらっている人なので、それを具体的にわかりやすい形で
  人に指し示したり、自分で探究の羅針盤にしてみたり、
   行って見たり、どんどんやっていってください。
   そのうち目の前に道が開けてくるはずだ。

つづく


QHHT (様々な霊的な仕事をする過去世その3)

潜在意識とのQ&A

Q:ボディスキャンをしてください。
A:頭って出ます。
Q:Eさんがどうすればいいのでしょうか?
A:頭蓋骨矯正をした方がいい。
Q:他にありますか?
A:足。
Q:足はどのように問題があるのですか?
A:骨格がゆがんでいるので、治した方がいい。
Q:潜在意識さんは骨格をゆがみを戻すことはできないですか?
A:戻しやすいようにヒーリングすることはできるけれど、
  物理的な技能を持った人にかからないと完全には治らない。
Q:他にありますか?
A:目を使いすぎるのをやめると心が安定する。
  最近の胃の痛みは目の疲れからきています。
Q:他にもありますか?
A:誰かに抱きしめてもらって。
Q:このセッションの間に頭、足、目、胃の
  ある程度のヒーリングを続けていただけますか?
A:はい。
  (Eさん)ただ、どっちかというと、治療出来る人と
  縁をつないでくれるようです。

Q:今後世界経済の大きな仕組みはどのような方向に進むのでしょうか?
A:一歩飛んだ話をすると、シェアリングエコノミーと今呼んでいるものの
 大きな集合体のようなものが見えてくる。
 その後に、もう少し確固たるそれこそ、ニュージーランドとか、
 発展途上国も含めて、コミュニティーレベルで生まれてきている
 経済、政治のスキームがあって、敏感に感じ取っていると思うが、
 そのスキームが集合して大きなパラダイムになったとき、
 本当に且つて奴隷制が廃止された時のような、
 大きなムーブメントになっていく。
 それまでは正直、混乱の時代。混乱だからこそ、家族のビジョンを見せた。
 家族のビジョン、部族のポイントは戦っていないってことです。
 戦っていないということについて、あなたの知り合いの長老のような
 力を持ったシャーマンが活躍していた時期もあった。
 妙な接し方をしないように。
 それは隔離断絶とは違って、例えば大きな争いが生じようとする前に、
 お互いに儀式をするとか、子供を交換するとか。
 お互いのコミュニティに溶け込めそうな人を選別して嫁に出したり、
 婿にもらったりとかする。見た過去世の旦那様もそう。
 あなたのような、あなただけでなく、霊的な感覚を持った人が
 誰の理解も求めず、地球と深く繋がって仕事をしていくことによって、
 そういうような緩衝材のような、ある意味植物的な役割は果たすことが
 できるであろう。
 
 芸術はすごく進歩する。
 今子供と言われている世代から偉大な芸術家が出てくる。
 それによって、人類の意識の進化が進むはず。
 その芸術というのは人種とか性別とかLGB的な性のあり方を
 体現している人達を含めて、従来の枠組みを本気でとっぱらうような芸術が
 生まれてくる。みんなでやるような。
 あなたが今いる場所で感じている良い感じのエネルギー、
 自然の混ざったエネルギーというのは先取りの形で
 現実に下りてきているエネルギー。

Q:そこに至るまでの間の混乱はしばらくあって、独裁的なとか、世界政府や、
  みんなが奴隷になるようなそういう考えもあるけど、
  そちらにいくわけではないのですか?
A:ある程度の幅があるから断言は避けるが、
  シャーマニックな力を使ってあえて言うと、
  世界大戦的なムーブメントは今後おきていくし、
  そういったネガティブな支配、服従などのエネルギーを持っている人達は
  宇宙も一気にクレンジングにかかってくる。
  アセンションは個人の選択なので、その流れと個人が
  今下りてきている時代のエネルギーを使ってどのように高めっていって、
  繋がっていって、創造していってというのはまた、別のエネルギーの動き。
  ただ、この三次元という世界では、同じ惑星、同じ地、同じ運命を
  共有しているので、三次元の肉体レベルに焦点を合わせすぎると
  やっぱり恐怖にからめとられる人もいるだろう。

Q: 一つの地球の中で、どこに焦点を合わせるかによって
  すごく変わるわけですよね?
A: ただ、警鐘を鳴らすと、今言われているような
  違う電車に乗るっていう表現は 私からすれば、
  少しミスアンダースタンディング(誤解)な気がする。
  なぜかというと、肉体がここにいる時点で同じシェイキング 
  揺れは経験するからだ。
  揺れは経験する中でそれ以上のところが変わってくるという話。

Q:その揺れをどうとらえるかにもよるよね?
A:今ちょっと心配しているエネルギーは選民思想というもので、
  地球創生紀とか、一つ目と三つ目の過去世は
  そういうのに通じるエネルギーはなかった。話が通じないぐらいなかった。
Q:そうだね。
A:そもそもその感覚がないから、
  役割とか個性とかフォロアーシップがあった。
  フォロアーシップと奴隷や服従とは全然違う。
  今リーダーシップが不在みたいに言われているけど、
  私からすると、フォロアーシップの方が不在だ。
  フォロアーシップがしっかりしていれば、
  良いリーダーシップはすぐ育つ。

(注)フォロアーシップ followership とは
組織・集団の目的達成に向けてリーダーを補佐する機能・能力

潜在意識との対話はその4へ続く
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ