mahaviaのki

古都奈良のHealing salon Mahavia 人と人が出会い、手をつなぎ、学び合い、癒しが生まれる空間を作りたいと思います。

QHHT(退行催眠、ヒプノセッション)

QHHT (過去世からくる自己犠牲の癖)その2(病気、仕事など)

潜在意識への質疑応答

Oさんは治療家ですが、患者さんが多すぎて
働きすぎになっていらっしゃるようです。
最初にボディスキャンをしてもらったのですが、
問題の箇所がたくさんあったので、かなり長い時間をかけて、
それぞれの原因や対策などを伝えてくれ、
ヒーリングもしてくれました。

病気について

Q:4年前より発症したI型糖尿病の目的、意味は何か?
A:自分自身の肉体というものを理解して、体の構造、心の構造、
  それを自分の実体験で癒し、
   癒されていくというプロセスを自ら体験するため。
Q:それについてどのように取り組めばよいのか?
A:疲れないようにする。
  自分を犠牲にして他者を手助けするという考え方を
  根本的にブラッシュアップする必要がある。
  そして自分のことをケアするということを習慣化していくことで、
  自分を犠牲にして他者助けるという信念を変えていく必要がある。

人間関係について

Q:親族との絶縁状態の目的、意味は何か?
A:波長が違うので離れるべき。悪影響でしかない。
  自分自身の人生の使命であるとか、自分の学びを優先して
  そこに集中すればよい。 ある意味関係性は終わっている。

Q:陰口を言われているとの忠告を耳にすることがあります。
  どのような点に取り組めばよいのか? 一連の目的、意味はなにか?
A:たとえどのように正しいことをしていたとしても
  それは相手の判断なので、言う人は言うし。
  でもそのような人達とあなたはかかわりを持つことはないので、
  その関係性は終わっている。
  それで構わない。自分のやるべきことに集中しておけば良い。

Q:親族とのトラブルや病を含む一連の体調不良について特に
  どのような部分を優先的に癒していくのが良いか?
A:信念の部分。 自分の信念システムについての学びにもなるので
  自分の信念システムをブラッシュアップしていくための治療。
  今持っている技術でも、NLPであるとか、
  特に自分の無意識のレベルの信念に働きかける部分を学んで
  自分を実験材料として用いるように。

住居について

Q:今の住居についてのアドバイスをお願いします。
  他へ移るべき? もしそうなら、どこが適切か? 
  どのような条件がベストか? (Oさんは自宅で治療されています)
A:移れるのなら他に移るべき。
Q:それはなぜ移るべきなのでしょうか?
A:そこで生活するのは体にとっても、エネルギー的にも良くない。
  但し、時期があるので、まだ少し先。理想的には海の近く。
  今やるべきことが今の場所にあって、それが十分に完了に近づいたら、
  自然のそのような話が出てくるのでその時に移れば良い。

結婚について

Q:結婚についてアドバイスをお願いします。
A:やりたかったらやればいいんだけど、やるつもりがないので
  別にそう焦る必要はないかな。
  まあお付き合いする女性がいるのであればそれは構わないし、
  何もそれを一人に限定する必要はまったくない。
  自分と波長があってお付き合いするべき人があれば、何かを与え、
  学びあうことがあるので、ただそのプロセスに従うように。
  そこに結婚に限定する必要はまったくない。
  そもそも結婚しようとも思っていない。

仕事について

Q:職業について。今の接骨院でのヒーリング中心でよいのか?
A:接骨院ではなくあくまでもヒーリングが本職だと認識した方が良いので、
  人の自己成長や癒しということで直観的な部分を使った相談であるとか、
  内面的、心理的な治療をしっかりとうたった治療を展開すべき。
  接骨院としての治療として認識してもらうのは違う。
  むしろ、整骨院という認識から人が来るのはそろそろやめた方がいい。
  あくまでもヒーリングであり、心の癒しであり、自己成長のために
  手伝えることをお手伝いしますということを周囲に対しても
  今いるクライアントに対しても徹底すべし。

Q:Oさんのヒーリング方法について、今のやり方でよいのか?
  改善点があればどのようにすればよいか?
A:今の方法でいいし、今していっている学びをどんどん加速して
  色々な学びをつけていけばいい。
  今は集中的に学ぶことで治療、ヒーリング、自己成長の
  知識と体験を増やす時期。集中的に治療し、学ぶように。
  どんどん新しい分野、、治療、ヒーリングにチャレンジしていく、
  そして自分でも実際に受け、学び、実行する。

Q:Oさんのヒーリング方法はどこから来たのか?
  過去生での訓練から来たように感じる時があるがもしそうなら、
  どこでのどのような過去生なのか?
A:自分自身の内側にある過去での体験、訓練から来ている。

Q:またこのヒーリングは名前をつけるべきか?
  もしそうなら、どのような名前がよいか?
A:つける必要なない

Q:整骨院の名前は?
A:何か名前がいるような感じがするが、今はまだはっきり出てこない。

Q:ホームページその他は作ったほうが良いのか?
A:HPというより、ブログであるとかそういうこと始めた方がいい。
  あまり周知されても対応がしきれない。
  むしろOさんが体を痛めてしまうので。
  今以上に負担を増やすようなことはしない方がいい。
  十二分に今やっているのでそれ以上増やさないように。
  その時間とエネルギーがあれば学びに回した方がいい。

Q:より正確な透視診断、より適切な治療のためにどのようなことを
  心がけていけば良いか?
A:治療を減らして自分の楽しみの時間を増やすこと。
  あまりにも疲れすぎていて能力が落ちてしまう。
  十分に能力を発揮しきれない。
  治療とは関係ない自分のための楽しみの時間、活動を
  もっと増やすべき。
  と意識していても治療にのめりこむ傾向がある。
Q:学んでいくべき新しい治療法はありますか?
A:あらゆる分野。 
  自分が感覚的にこれだと感じたことはすべて今吸収するように。

手放すべきもの

Q:破棄すべき契約はありますか?
A:私は人の手助けになるためには自分を犠牲にしなければならない。
Q:その契約破棄してもらえますか?
A:はい。
しばらくヒーリングのようなことが続いた後、以下のことばが続きました。
「私が周囲の人々を癒すためには私が豊かである必要がある。
私が周囲の人々を豊かにするためには私自身が豊かである必要がある。
私が自らの豊かさを楽しむなら周囲の人々も彼らの豊かさを
楽しむことになる。
私が最も人々の役に立つには私自身が豊かな生活、
豊かな日々を送ることである。
私が豊かさが受け入れただけ、
周囲の人々も豊かさを受け入れることになる。」 
OKです。

Q:今手放すべきカルマはありますか?
A:一つは人々を癒すという、見方によってはこれはこだわりでもあるので、
  一度それから自由になればいい。
  そうすれば更により高次元での癒しというこを提供できることになる。
Q:そのカルマを手放すのをサポートしてくれますか?
A:ヒーリングのあと、
「私は豊かさそのものである。私は豊かに日々を送る価値がある。
私はありあまる豊かさを自分に許す。
自分を通して、ありあまる豊かさが周囲にあふれ出す。
豊かさも癒しの大切なパートである。
豊かさこと癒しである。豊かさは人々を癒す。
自分自身も含めて」 の言葉の後、更にヒーリングが続いた。

Q:取り除くべきコードはありますか?
A:クライアントの方からいっぱいもらっている。 
  日々いろんなコードをつけられている。
Q:それは毎日コードを取り除くことはできないのですか?
A:多分あまり気にしていないのだと思う。
Q:別にあってもいいのですか?
A:ない方が楽なのだけど、いちいち気にしていたら
  やってられない。
Q:毎日コード切ることをやった方がいいですね?
A:やった方がいいですね。
(コードを切ってくれる。) OKです。

Q:体のどこかに取り除くべき記憶はありますか?
A:手術の記憶だな。
Q:取り除いてもらえますか?
A:はい。(しばらくヒーリングが続いた後) OKです。

その3に続く

QHHTのお申込み、詳細は Healing Salon Mahavia
(ヒーリングサロン マハヴィア)まで  --->>http://www.mahavia.jp



QHHT (過去生からくる自己犠牲の癖)その1

Oさんは過去生が三つ出てきました。

一つ目
最初ピラミッド、自然の景色が見え、
Oさんはナイル川の畔に住む
腰布をまいた若い男性として見えました。
次の場面ではりっぱな神殿で儀式用の椅子や
祭壇があり、Oさんは布の帽子をかぶった若い神官でした。
生贄として若い女性がくくりつけられており、
それを見ながら、「違うだろう」という気持ちがわく。
神官が殺された女性の生命エネルギーを取り出して、
神々に捧げる。

次の場面では中年になっており、儀式を取り仕切る神官になっている。
Oさんは右の手で心臓を掴んで天に捧げる儀式をしながら、
自分がかつて見た同じことをしていることを思い出し、
自分の時にこれを終わらせなければならないと思う。
心臓を持つ手に天空からエネルギーがふりそそぎ、
心臓を持っている必要はないと気づく。
今、心臓は手になく、ただ手を上空に上げていると
天から金色のエネルギーがふりそそいでいる。
このエネルギーを受け取るのに犠牲や儀式は必要ない。
神官だけでなく、誰しもこのエネルギーを
受け取ることができると気づく。

その後、新しい王アメンホテップ4世が新しい宗教が始める。
でも古い神官たちはそれに反対。
Oさんはやっと理想的な宗教が出来て喜ぶが、
敵の神官に娘を殺される。
敵の神官は今世のお父さんで、娘は知人。
その後新しい体制は崩壊し、Oさんは一般人になり、
人を癒したり、相談にのったりし、人の役に立ち、
65歳で病気で亡くなる。

*この人生へのOさんの印象
自分の力を人のために生かせて、とても満足した人生。

*潜在意識がこの過去生を見せた理由
彼にとって意味があるから。
重要で自分のヒーリングが過去の訓練ゆえに起こっている。
自分のヒーリングに対する評価があまりにも低い。
それが当たり前のこととして自らやっているのだけれども、
それは実は効果のあることをやっているということを
もう少し認識する必要がある。
自分にとって普通のこととしてやっているのだけど、
それが人に与える影響として非常に大きい。
その人の人生を左右するほどの影響を与えるという認識を持って
自分の価値、自分の行っていることの価値を正当に評価する必要がある。

二つ目の過去生は山間の石造りの僧院。
黄色い袈裟を着たチベットの若い男性。
地面の砂絵マンダラを集中して見る訓練をしている。
心に浮かぶ未来のことや遠くで起こっている景色が
見えてくる。
透視を使った人の体の診断もできるので、僧院の病院に
呼ばれて手伝いもしている。

次の場面では40歳ぐらいになっていて、
体の診断だけでなく、リーディングでカルマや過去生を見たり、
体質から食生活、合う宝石など多面的なアドバイスしている。
遠くからも人がたくさん来る。
その能力を維持するために生活を律している。
ある程度のことはできても任せられる後継者が育たない。

最後の日は60代で死期を悟り、聖なる山に行き、
食事を取らず、夜空を見ながら亡くなる。
亡くなるときこの人生の振り返って。
納得。満足し、役に立てた人生。
星を見ながら、あそこにも何かあると思う。
次に生まれるなら、僧院の外での生活がいいと思う。

*潜在意識が見せた理由

エジプトの時と同じで自分のクライアントにどれだけのことを
自分がやっているかということを認識する必要がある。

三つ目の過去生
ヨーロッパで白い馬に乗った貴族風で美意識をもった若い男性。
屋敷の中は豪華な家具や絵があり、侍従がいる。
食事の場面では長いテーブルにおじいさんと二人で食べている。
次の場面では演奏会を来て楽しんでいる。
自由を謳歌している。
次の場面ではおじいさんから結婚をすすめられて
女性と会っている。
でも結婚して制限されるのはいやなので断る。
生涯独身貴族。

最後の場面は70歳ぐらいで芸術や食事を楽しみ、
女性とも付き合い、この世の春を謳歌した。

*この人生へのOさんの印象
家族はいなかったけど、友人や世話をしくれるたくさんの
人達に囲まれて、自分の楽しみだけだが、
豊かで満足した人生。

*潜在意識が見せた理由
彼には自分の人生を楽しむ能力を本来持っている。
それは今必要とされる行動の一つ。
豊かさをじっくり楽しんで自分に許せばいいし、
一部はそれを本能的に発揮はしているが、
まだまだ意識的にしているとはいえない。
ほっておくと、ストイックな方向へ走りがち。
彼の本来の能力を発揮するには彼の本来の状態である
豊かな生活が必要。
それは自分のためだけでなく、ヒーリングのためであり、
クライアントのため、周囲のためになる。
周囲を豊かにしたいのなら、まず自分が豊かさを体現する必要がある。

その2 潜在意識との質疑応答に続く

QHHTのお申込み、詳細は Healing Salon Mahavia
(ヒーリングサロン マハヴィア)まで  --->>http://www.mahavia.jp


QHHT (ハイヤーセルフも宇宙人)

Mさんは今回が2回目の地球での転生でした。

最初の過去世
裸足で白いワンピースを着た女の子。
山の家に両親と住んでいる。
高い崖から遠くの町を見ていきたいなって思う。
14歳ぐらいで町に一人で行き、果物屋さんで働く生活は
あまり楽しくない様子。
爆弾のようなものが破裂して町が燃え、人々が走って逃げている。
Mさんは怖がりもせず見ている。 町は燃えてなくなってしまう。
次の場面では22歳で森でテント暮らし。
森の生活は気に入っている。
20人ぐらいの仲間たちと馬で移動しており、
動物も飼っている。
移動生活は満足。
最後の場面は老女になっていて、森で亡くなる。
この人生を振り返っての印象
町の人は怖かった。

2番目の過去世は白っぽい光が見える。
不思議な感じで体はない。
同じように体のない存在は他にもいそう。
次の場面では青くて暗い感じになり、心地よくない。
地球が見えてくる。
行きたくないし、めんどくさいと思う。
そこから、第一の過去世に繋がる

潜在意識(SC)とのQ&A

Q:ボディスキャンをしてください。
SC:腰が弱い。 
ヒーリングしてもらう。
Q:頭痛はどうすれば治るか?
SC:地球に合わないので頭痛が起こる。
Q:その辺の調整は何かできますか?
SC:慣れるしかない。
Q:卵巣嚢腫はなぜなっのですか? 治る?
SC:地球人が野蛮だから。(笑) 
Q:それに対してMさんができることはありますか?
SC:受け入れる。
Q:レメディは卵巣嚢腫に効く?
SC:効かない。
Q:漢方と砂浴は?
SC:両方共、良い。 青い葉っぱを生で食べるといい。
しばらく卵巣嚢腫のヒーリングをしてもらう。
Q:もっとバランスが取れるには?
SC:まっすぐ立つ。
Q:姿勢のこと?
SC:意識。
Q:もっと健康になるためには?
SC:あんまり食べない。
Q:もっと幸せになるには?
SC:上と繋がる。
Q:上と繋がる方法のアドバイスありますか?
SC:空。上を見上げる。
Q:オーラフィールドで漏れているところはありますか?
SC:一番上。
漏れを塞いでもらう。 
Q:そこが漏れないようにするには?
SC:慣れるしかない。
Q;もっと自分自身に気付くためにはどうすればいい?
SC:ちゃんと瞑想する。
Q:今自分自身にもっと何をすればいい?
SC:はっきりと頼んでくること。何かあれば。
Q:それは潜在意識さんにはっきり頼むってことですね?
SC:そう。
Q:現在の食習慣で何か変えるといいものはありますか?
SC:梅干し食べた方がいい。
Q:前進するのに阻んでいる障害はありますか?
SC;悩まないこと。
Q:潜在意識と繋がりやすくするには?
SC:水辺。海とかに行く。繋がりやすい。
Q:お風呂とかも?
SC:いいよ。
Q:今世での目的はなんでしょう?
SC:見ること。
Q:その道を進んでいますね?
SC:はい。
Q:亡くなったお父さんは今どこにいますか?
SC:元々いたところへ帰った。 
Q:元々いたところがどこか教えてもらえますか?
SC:隣の星。
Q:亡くなったRくんは今どこにいますか・
SC:働いている。 どっかで。(笑)
Q:地球外?
SC:そう。地球外。
Q:ではもうどこかに転生したのですか?
SC:転生ではない。働かされている。(笑)
Q:亡くなった時何があったのですか?
SC:体の不具合。意識と体の不具合。
Q:Rくんもやっぱり宇宙からの人でした?
SC:そう。だから、体に合わなかった。
Q:自殺した魂はその後どうなるのですか?
SC:働かされる(笑)働いている。
Q:Rくんが亡くなってかなり経ってから、
   一度枕元に現れて微笑んでいたのですが何を言いたかったのですか?
SC:もうちょっと働かないといけないって(笑)
Q:Rくんは地球に来たくいと思ってきたのではないの?
SC:あんまり。(笑)
Q:お金としての豊かさを手にするにはどうすればいい?
SC:もうちょっと次元を落とさないといけない。
   地球の波長に。 なかなかそれが難しい。
Q:次元は落としたくないよね?
SC:ない。(笑) でも地球に合わせないと。
Q:お金としての豊かさは
SC:地球のもの。 ここにしかない概念。
Q:1,2,3,4のチャクラを漏れないようにするにはどうすればいい?
SC:これも地球に合わせないといけない。難しい。
Q:グラウンディングをもっとしたらいいのですか?
SC:苦手。
Q:グラウンディングしやすい何かをした方がいい? 運動とか?
SC:うーん。。呼吸がね、しずらいからね。
Q:呼吸法を学ぶとか?
SC:うーん。
Q:あんまり関係ない?
SC:どうしても上とばかり繋がると地球とは繋がりにくい。
Q:上見なさいとか、瞑想とか言われましたよね?
SC:だから、地球とはあんまり繋がらなくていい(笑)
Q:繋がらなくていいの? 
SC:必要ない。(笑)
Q:この先何をすれば、Mさんは一番役に立てるのでしょうか?
SC:役目は見届けるだけだから。 あんまり何もしなくてもいい。
   でも、あんまり汚れない方がいい。 
   回りの人をきれいにしてあげるぐらい。
Q:出産がこわいのはなぜ?
SC:したことがないから(笑) 地球で。
   そりゃ怖い。
Q:地球での過去世はあんまりないのですか?
SC:ない。
Q:最初の過去世はなぜ見せた?
SC:今回で二回目。
Q:来たくない来たくないって言って来たのが最初の過去世なのね?
SC:そう。
Q:来たくないのになんで来たの?
SC:わかんない。 でも 見届けないといけないから。
Q:その役目があったから来たのですね?
SC:いやだったけど。
Q:二つ目に見たソースのような所から来たの?
SC:ソースではないけど、そこに近いところ。
Q:でも最初の過去世は嫌だ嫌だど言いながらも
  おばあさんになるまで生きたよね?
SC::そう(笑) でも町は合わなかった。
Q:肉体のトラブルがあるのもその辺ところからくる?
SC:適合できない。
Q:最後にメッセージはありますか?
SC:あきらめるしかない。(笑) あきらめてちょこちょこ帰る。
Q:でも 寝ている間は帰っているのでしょ?
SC:そう。だからずっと寝ている。すっごい寝ている。
Q:寝ている時はMさんのいたところに帰っているの?
SC:いいえ。近いところまでしか行けない。体があるから。
   そんなに遠くまでは行けない。
Q:体外離脱や宇宙探索とかしている人はいますが?
SC:近くまでしか行けない。
Q:Mさんがそれをするのは?
SC:どうせ近くまでしか行けないので、意味がない。
Q:あきらめてここにいるしかないのね?
SC:あきらめて(笑)
Q:今後も少しでもサポートをお願いします。

セッション中に取り除くべき、契約や、コードやカルマや記憶は
潜在意識に取ってもらいました。
地球の過去世があまりない場合それらはないことが多いのですが
どうしてなんだろうとセッション後に話していると、
またMさんと繋がって、
それらはMさんの魂についていたものではなく、体についていた。
生まれる時の初期設定を間違って体のカルマ等がついてしまった。
エラーだそうです。

オーラフィールドで漏れているところを直してもらっていた時、
何かぺたぺたはって塞いでいたそうですが、塞いでもすぐに
漏れるのよねって話していたそうです。

太陽に当たっているものがいいらしく、だから、梅干しだそうです。

潜在意識は一人じゃないみたいで、みんなで始終笑っている感じでした。

Mさんの過去世に出てきた集団はジプシーだったそうです。
ジプシーたちは波動が軽いのでMさんにとって居心地が
良かったようです。
所謂この世の価値観とまったく違うようです。
代々同じところに住んでいたり、富を蓄えるようなことは
波動的には重いようです。

近くの星はシリウスとかプレアデスとかみたいで、
そこは地球の人間のネガティブな念みたいなものが
近くの星にも飛んでいて、汚染しているそうです。
宇宙にとっても迷惑なので、今回色々な星からサポートに来ているようです。

お父さんの帰った星は次元の異なる地球だそうです。
だから地球の隣の星。

Mさんの星とかは遠すぎて肉体があると帰れません。
そこの過去世とかも地球とあまりに異なるので見せられないようです。

潜在意識とのQ&Aでは彼らはずっと笑っている感じでした。
先月も宇宙人の潜在意識がいらっしゃって、クライアントさんの状況は
とても困難な状態で少しでもサポートしてほしくて色々聞くのですが、
全然頼りにならないというか、しょうがないよって感じの答えでした。
どうも人間界での困難をよく理解できないようです。


QHHT (天使や小人としての過去世)

Yさんは天使だったり、小人だったりした過去世を見ました。

一つ目の過去世

最初白いワンピースを着た長い髪の女性という描写があったので、
てっきりレムリアとかアトランティスの時代かと思ったら、
背中に50センチぐらいの羽根がありますと言われてちょっとびっくり。
豪華な扉を開けると雲への階段があって、登っていくと白いローブを着た
グレーのお髭の王さまがいらっしゃいました。
彼は人間がどこへ生まれるかとか決める役割でした。
そこには毛布にくるまれた赤ちゃんがたくさんいました。
その子たちの出生判断が行われているのをYさんは雲の上から見ており、
そこから離れなければならな赤ちゃんたちに寂しさを感じています。

二つ目の過去世
一つ目の過去世の途中で二つ目に飛びました。
リンゴの木の前に立っている10代の男の子。
立派なお城に一人で住んでいます。
食事の場面では給仕してくれる人はいるが、
長いテーブルで一人で食べています。
お皿を落とし、割れる。両親は不在。
両親はお墓の中。
おじさんが世話をしてくれている。
おじさんは現世でのお父さんのようです。
その後、勉強をして、医者になり、町で治療をしています。
最後の日では中年になり、机にうつぶせになって死んでいる。
その人生でのYさんの印象
がんばってきたけど、寂しさがあった。

三つ目の人生
神社のしめ縄が見える。
Yさんは体はなく、見えているだけです。 
神社の中に入ってもらうと、鏡、炎のような朱色のモニュンメント的なものがある。
次の場面では顔の見えない男性っぽい姿の存在が光に包まれている。
Yさんは体はないけど、球体の光に包まれている。
回りは暗く、宇宙空間のよう。
Yさんと男性っぽい存在と生まれる時の話をしている。
Yは生まれる前の存在で、淡々としながらも、
次の世での使命は何かをか聞いている。
使命の内容はわからないが、楽しい使命ではなさそう。
次の場面は花畑で、天使が3人遊んでいる。
そのうちの一人は自分で他の一人は今世の友人。 
次の場面では最初に出てきた王様のような存在に呼ばれている。
使命があって、地球に行けと言われる。
そこを離れてしまうのは寂しいなと感じている。

廊下に立っている裸足でスボンをはいた10代の男性。
そこは排水溝のような場所。
次の場面では樹木に扉がついていて、そこに入ろうとしている。
そこは妖精の家って感じ。果物がテーブルに置いてある。
仲間と住んでいて、木の実を取りにいっていた。
次の場面では草原にいて、自然と戯れている。
彼は小人のようでした。
最後の場面では人間に追われて、けがをして、
なんとか家に連れて帰ってもらってベッドで死んだ。
その人生の印象
「楽しかった」

最初の天使の過去世はなぜ見せた?

出生のことを知りたがっていたから。


第二の過去世?

がんばってきたこと。今に繋がる。


第三の過去世?

使命を知りたいというから見せた。


第四の過去世?

自然が好きなのはこの小人の過去世からくる。


潜在意識(SC)とのQ&A

 

Q:ボディスキャンをして問題の箇所があれば教えてください

SC:のど。 喉を温める。感情を押し込めない。

SCにのどのヒーリングをしばらくしてもらいました。

Q:もっとバランスが取れるようになるには?

SC:感情を押し込めない。

Q:もっと健康になるには?

SC:根をつめすぎない。体を動かす。ヨガとか。

Q:もっと幸せになるには?

SC:今が満ちている。

Q:もっと豊かになるには?

SC:豊かです。考え方次第。

Q:破棄すべき契約やカルマは?

SC:ない。

Q:オーラフィールドで漏れているところは?

SC:足。太もも。

もれを塞いでもらう。パワーストーンとかに触れて浄化するといいそうです。

Q:もっと自分自身に気付くためには?

SC:心の声を聞く。

Q:現在の食習慣で変えるといいものは?

SC:甘いものを食べるのを少し減らす。

Q:より目的の方向へ進むのには何ができる?

SC:心が楽しいことをする。

Q:前進するのに阻んでいる障害は?

SC:思い込み。~しなければという思い。

Q:取り除くべきコードはある?

SC:自分でやっているから大丈夫。

Q:潜在意識とつながる助けになるものは?

SC:瞑想を続ける。

Q:なぜこの両親の元へうまれようと思ったのか?

SC:お母さんとの約束。

Q:使命は何か? 何を地球に学びにきたのか?

SC:助けること。助けたり、弱い人の気持ちがわかること。

Q:今の状態で学びは終えられそうか?

SC:視野がせまくなければ。

Q:今まで絵を仕事にしたいと思っていました。
  でもなんだか違うような気もしています。
  どんな仕事に就くべきでしょうか?

SC:絵。思い込みがなければ

Q:ブログとか個人でやっていくべきか? 
  それともグループでやっていくべきか?

SC:どちらでもいい。占いとかもいいかもしれない。

Q:どこの星出身か?

SC:アルシオネ。ベガ。

Q:ガイドの名前が知りたい。

SC:ラス。

Q:集団に属することが苦手です。うまく自分を出せません。
  肩の力が抜けません。どうすればいいですか?

SC:このまま。不安要素はないことはないけど、このままいけば大丈夫。

 

白いワンピースの長い髪の女性というのは過去世で頻繁に出てきます。
レムリアとかアトランティスとかが多いのですが、今回は天使でした。
久々に天使と小人の登場でした。

QHHTのお申込み、詳細は Mahaviaまで->http://www.mahavia.jp

QHHT (様々な霊的な仕事をする過去世 その6)


QHHTヒプノセッション 
Eさんの潜在意識(ハイヤーセルフ)との質疑応答の続き

Q:コロナ自体、かかったらDNAを変えるとか、
    意味があるという説もありますが。それはどうですか?
A:人による。
Q:人によってはそれがプラスになる場合もあるのかしら?
A:あります。浄化。これはプログラムなので、
  このコロナウィルス自体に意識があるし、それぞれの魂によって
  この意識体との関わり方は全然違う経験になっていく。
  そう意味でも今日の過去世を見せた。
     あのミクロ単位なのと違うけれど、今あなたたち人類の歴史というものに
  書いていない時にたくさん人のDNAに色々なものが混ざっている。
  今の人類レベルで言ったって、Eさんの今霊的な意味で
  師匠にあたる長老とかはよくわかる面を持っているけれども、
     国をいくつも超えて親戚みたいにまざっているのが本当の人類だ。
     一つの人種がなんとかと言う人はすごく少なくなってきたけれど、
     まだ一応白人と言われる集合意識には一部残っているところもある。
     逆に日本人はそこには多くない。 
  もちろん、先住民とのトラブルとか良くないあれははあるけれども、
  人種意識というのはあまり多くない。
   一部の有色人種の人達も逆の集合意識を持ってしまっている。
   これは個人とは関係ない話だけれども、そういった意識というのは
   スピリットの世界からするとおかしい。
   なのでウィルスの話に戻すと、これはウィルスとの、
   一つ一つの意識体とのDNA的な会合になるように当初の
   色々背景はさておき、スピリットが介在してそういうものになっているので、
   それぞれによって経験は異なる。

Q:ある説によるとレムリアの意識がアジアでアトランティスの意識が白人。
     レムリアの意識に変えていくためにこれが起こっているという人も
  いたのですがそれはどうでしょう?
A: それは表層のレベルでは合っているけれども、
    すごく表層的なとこを説明する時にしか合わない言葉だ。
    意識の説明であればそれは合っているのだけれど、
    今話しているこの魂とかはアトランティスやレムリアの経験もある。
    そしてヨーロッパでの経験を挟んでレムリアの文明が強く残るここを
   選んで生まれてきている。
    それ以前に東洋といわれるところでの転生も数多い。
    ではこういった魂の記憶というのを問われるときに、
    先ほどの考えでは説明できない。
    ただ、それを前提でいうなら、アトランティス文明が残したちょっとした
    負の部分。
  何かをコントロールすることで整然と何か結果を得ようとする
   そのエネルギーが悪く働くモードも。
   そのエネルギーというのがちょっと是正にかかっているというのは事実だ。
   ただ、アトランティス文明が残したすべてがどうのというのは誤りである。

Q:今の日本の状況でこのコロナウィルスは収まるのですかね?
A: うーん。
Q:日本のやり方でいいんですか?
    外出禁止みたいな他の国がやっているような禁止をしなくても
    なんとかやれるのでしょうかね?
A:十年先にはおそらくあなたは日本の政策の方が間違いでないと
    感じるのではないでしょうか。
    間違い、いいでいえば、各コミュニティごとに経験すべきことが違っていて、
    オールOKな瞬間ではある。
    ただ、未曽有の事態なので決断したところで、
    それ相応の理由があることであれば。
    その上で言うのであれば、コロナウィルスの本質的なことを考えると、
    日本の対応はそんなに悪くはない。
    一番悪いのは攻撃的にこの戦うエネルギーを持ち込むことです。
    完全なロックダウンだとしても、ニュージーランドや太平洋の国々や
    比較的アジアの国々の方がこれにはうまく対処していると思う。
    結構細かいエネルギーレベルの問題。
 
Q:コロナウィルスと5Gが影響しているという説を唱えている人も
    いるのですが。。 そんなことはないのかな?
A:複雑なことが絡んでいて。
    例えば、大きな潮の流れと入り江レベルの潮の流れが少しは異なるという
    あのたとえがここしばらくの世界状況に当てはまるということを
    覚えておいてほしい。
    だから、仮に5Gでそこの地域の感染者が多くなるということが
    あったからといって、じゃあ、そこの地域にいる人たちのかからない人達は
  なんなのかという話も出てくるでしょ。

Q:誰かと比べるとか、攻撃とかの要素があまりない人はかかりにくいと
     書いている人もいますが。。
A:それもさきほとのたとえと同じでわかっていてほしいのが 
    今辛い症状になるという役割を負ってくれた人全員が
    そうかというのは違う。
    但し、一つ言えるのが人の集合意識の中で何が好物かといえば、
    残念ながらちょっと増えてしまっている気がする攻撃的な、もしくは、
    攻撃でないように見せかけて、圧力的な攻撃性を秘めたものとか
    ここは残念ながら、人の言うことを丸のみしてしまって、
   ちょっと奴隷状態の思考になってしまっているとか、
   そういった個人というより集合意識のそれ自体はかなりの好物。
Q:集合意識になるとエネルギーが強くなりますよね。
A:はい。また集合意識になった時のエレメンタルというか、
    個人にも影響しますが、また、個人レベルのものより実体を
    持ったものになるのでちょっと確かに大変なあれではある。
Q:反対にシェアするとか、そういうい意味での流れもなくはないですよね。
    それも集合意識かな。
A:なくはないけど。一歩のところはそれでもいいのだけれども、
    繰り返しいうと、ちょっと揺さぶられる事態はたくさん起きるので。
    揺さぶられた時に立っているためには結構なエネルギーは
    必要かもしれない。

Q:ドロレスさんのQHHTセッションの中でスピリットか宇宙人が
    予知的なことを言っていて。
  将来自然災害とか戦争とか疫病とかがはやる。
    その時に、社会が転覆しそうな時に
    崩壊しそうな時のためにそういうことが起こっても立っていられる人達が
    重要だみたいなことが出ていました。
    そういう時にヒーラーとかそういう人達が必要になってくる
    というようなことでした。
A:それは事実なんだけれど、今の集合意識の中であまりに物事を
  集合的にとらえようとする意識が入ってしまっているので、その話の解釈も
   個人レベルで考えた方がいい。
   たとえばクラスというのを見た時と、一人の子供って見た時と
   ほぼ同じぐらいにエネルギーをかけていかないと方向性を誤る時がある。
   まず一人一人がそこにいて学ぶ権利があったり、
   かけがえのない人生なんだってことがまず基本に持って
   そこにエネルギーをかける。
   但し、集団レベルの見方も絶対に必要で、
  集団にかけるエネルギーもある。
   集団にかけるエネルギーのために個人にかける時間を減らすこともある。
   そのバランスなんだ。そのバランスがとれているコミュニティから
   ある程度の規模の組織までないわけではないのだけれど、
   どちらかというと集合意識のバランスがとれていない方に傾いている。
   そのヒーラーの話も正直言うとそれで立っていられる魂に
    ヒーラーの助けになる人もいれば少々難しい人もいると思う。
   かといってヒーリングが集合的なところに働きかけなくていいかというと
   そうでもないと思う。
   だけれども、そこはちょっとさじ加減みたいなのが
   必要かもしれない。

今回はEさんのプライベートな質問は記事から省いていますが、
それでもかなりの量の情報になりました。
コロナによる未曽有の事態でもあったので
友人のEさんのご厚意により、通常はしない私個人の質問も
させていただきました。
どれもとても深い答えをいただきました。
つい陥りやすい表層的な見方、判断にも注意をいただきました。

いつも思うのですが、潜在意識(ハイヤーセルフ)はネガティブな存在や
事柄を表現する時にとても慎重に言葉を選びます。
攻撃的な発言はまずありません。
スピリットの世界からは物事の事情を多面的にわかるからな。
なので私も色々な情報を決めつけるのではなく、多面的かつ、
冷静に受け止め、奴隷状態の思考にならによう気を付けたいと思います。

しばらくお休みしていました、サロンを再開しました。

*QHHTヒプノセッション 
*枇杷温灸+シンギングボール+クリスタルボールセッション

伝承枇杷温灸、クリスタルボールヒーリング、
シンギングボールヒーリングなど
単独、または独自の組み合わせによるメニューもお作りします。

お申込み、詳細は Mahaviaまで->http://www.mahavia.jp
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

mahavia

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ